通常配送無料 詳細
通常1~4週間以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

警察署長〈下〉 (ハヤカワ文庫NV) 文庫 – 1987/3

5つ星のうち 4.4 7件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫, 1987/3
"もう一度試してください。"
¥ 886
¥ 886 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 警察署長〈下〉 (ハヤカワ文庫NV)
  • +
  • 警察署長〈上〉 (ハヤカワ文庫NV)
  • +
  • 刑事マルティン・ベック  笑う警官 (角川文庫)
総額: ¥2,657
ポイントの合計: 65pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

第2次大戦後、復員してデラノ警察に職を得たサニー・バッツ。やがて署長に抜擢された彼は、ウィル・ヘンリーの遺したメモから殺人事件のことを知るが、犯人の逮捕をあせるあまり、思わぬ陥穽に落ちてしまう。それから十余年が過ぎ、タッカー・ワッツが初の黒人署長として華々しく就任した。州副知事でウィル・ヘンリーの息子ビリーの支持を受ける彼は、前任者二人が解きえなかった事件に挑む。だが、ビリーの知事選出馬、黒人差別を続ける反動勢力の策謀が絡み、捜査は複雑な様相を呈してきた!全米に称賛の渦を巻き起こした感動の力作巨篇。


登録情報

  • 文庫: 356ページ
  • 出版社: 早川書房 (1987/03)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4150404380
  • ISBN-13: 978-4150404383
  • 発売日: 1987/03
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 174,373位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
アメリカ南部の人口約千人の架空の町デラノを舞台にして、1919年に初代警察署長として選出された元農場主ウィルから三代に渡る歴代の警察署長がある事件に係わる姿を核として、町及びそこに暮らす人々を映し出した定評ある作品。上巻はウィルの息子ビリーが第二次大戦から大佐として帰還し、政治の道を歩み始めた所で終った。この段階では、本作はミステリと言うよりは、人種問題・戦争が兵士に与えるトラウマと言ったものを主題とした社会派小説に映った。下巻でそのテーマ性がより鮮烈となったが、バランスを意識してかエンターテインメント性を加味しているようである。

全体的にハードボイルド風味が強くなっているが、特に、ビリーの妻パトリシアの武勇伝には驚いた。着想外のエピソードであると共に、全編を覆う鬱々としたムードを一時吹き飛ばす巧みな演出である。上巻でF.ルーズヴェルトを、下巻でJ.F.ケネディをサプライズ的に登場させた事と言い、単なる硬派ではなく、読み手を惹き付けるツボを心得た作家との印象を受けた。しかし、第二次大戦後もアメリカ南部ではこうした社会状況だったのだろうか。暗然たる思いがする。人種問題や戦争が人々を狂気に陥れる姿が鮮明に映し出されている。これは当時のアメリカ南部だけの問題ではあるまい。その問題がデラノの町に仮託され、活写されている。

第三部の冒頭では、ビリー
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
アメリカにおけるミステリーの最高峰、「MWA(アメリカ探偵作家クラブ)賞」・通称エドガー賞の’82年度ベスト・ファースト・ノヴェル(最優秀新人賞)受賞作である。

また、「週刊文春ミステリーベスト10」の「20世紀海外部門」で第7位にも輝いている。

ミステリーファンなら一度は耳にしたことのある、足掛け44年にも及ぶ三代の警察署長にまたがる大河警察小説の名作である。今回やっと読む機会を得た。

43人もの若者を殺害したサイコパスの犯人は、ストーリーの前半で判明してしまうので、純然たるミステリーというよりは、これはジャンルを超えた歴史的な傑作ともいえる作品だろう。

いったん巻を開けば、ページを繰る手ももどかしくストーリーの流れの中に没入して、しばし時を忘れさせてくれる。

単なるエンタテイメントとしてだけではなく、「アメリカ」というものをこれほど象徴的に描いた作品はそう多くはないはずだ。アメリカ南部の縮図のようなデラノという田舎町。その三代の警察署長が織り成す様々な葛藤、そして奮闘。アメリカンドリームの頂点ともいえる大統領への道を歩む男と、アメリカの悪夢ともいえる大量殺人犯のサイコパス。世界中どこでもない、まさにアメリカの現実そのものが見事にドラマとして描き出されている。
...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
これをはじめて知ったのは、アメリカ製のテレビドラマでした。
面白くてわくわくしてみました。
原作が出ていることを知ったのは、ずいぶんあとです。
期待を裏切らない面白さでした。
1 コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
約10年ぶりに読んでみましたが、やはり感動してしまいます。

面白い作品というのは、数多くありますが、読んでいて心が震える作品というのは、そうそうお目にかかれるものではありません。

本作は、その中の希少な一作です。

人種差別の場面では、読んでいて辛いものがありましたが、実際にこのようなことはあったと考えられるので、作品世界に重みがあります。

この下巻の第三部では、殺人事件以外にも、デラノの初代警察署長ウィル ・ ヘンリー ・ リーの息子でジョージア州副知事のビリーの選挙問題も絡み、とても読みがいがあります。

大統領候補の道も控えているビリーが、黒人の署長タッカー ・ ワッツを支持することで起きる波紋と、選挙の行方など、とにかく先が気になる作品であり、第32代アメリカ大統領 ( 作中では就任以前 ) フランクリン ・ D ・ ルーズヴェルトの登場なども興味深いものでした。

ちなみにデラノとは、ルーズヴェルトのミドルネームだそうです。

読んでいてアメリカの歴史に触れたような気になれた、推理小説というよりは、殺人事件を含めた重厚な人間ドラマが鮮やかな印象を与えてくれました。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告