通常配送無料 詳細
残り4点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
謹訳 源氏物語 一 がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 良い状態の本です。中古品のため、検品には万全を期していますが、状態説明に錯誤・瑕疵等がある場合は、ご連絡いただければ対応させていただきます。又迅速に対応し、ゆうめーるにて発送いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

謹訳 源氏物語 一 単行本(ソフトカバー) – 2010/3/16

5つ星のうち 4.8 19件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,543
¥ 1,543 ¥ 143

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 謹訳 源氏物語 一
  • +
  • 謹訳 源氏物語 ニ
  • +
  • 謹訳 源氏物語 三
総額: ¥5,215
ポイントの合計: 159pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

■古典学者であり、作家である林望氏の畢生の大作、ついに刊行開始!

原作の『源氏物語』を正確に味わいながら、現代小説を読むようにすらすら読める。
「名訳」を超えた完全現代語訳が、ここに誕生。

■装訂は林望氏
装訂には、「コデックス装」という装本スタイルを採用。どのページもきれいに開いてとても読みやすく、平安から中世にかけて日本の貴族の写本に用いられた「綴葉装」という奥ゆかしい装訂を彷彿とさせる造り。

■各界絶賛!

「新しい読み方の出現」――黒井千次氏 「いやはや、とびきり面白い!」――檀ふみ氏

■全54帖の完全現代語訳、全十巻刊行予定
本シリーズは、すべて書き下ろし。
一巻は、桐壺 帚木 空蝉 夕顔 若紫を収録。

著者について

1949年東京生まれ。作家・書誌学者。慶應義塾大学大学院博士課程修了。ケンブリッジ大学客員教授、東京藝術大学助教授等を歴任。専門は日本書誌学、国文学。 『イギリスはおいしい』(文春文庫)で日本エッセイスト・クラブ賞、『ケンブリッジ大学所蔵和漢古書総合目録』(ケンブリッジ大学出版)で国際交流奨励賞、『林望のイギリス観察辞典』(平凡社)で講談社エッセイ賞を受賞。近著に『節約の王道』(日本経済新聞出版社)、『リンボウ先生のうふふ枕草子』(祥伝社)がある。『恋の歌、恋の物語』(岩波ジュニア新書)『夕顔の恋』(朝日出版社)等、『源氏物語』に関する著作、講演も多数。エッセイ、小説のほか、歌曲の詩作、能評論等も多数手がける。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 341ページ
  • 出版社: 祥伝社 (2010/3/16)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 439661358X
  • ISBN-13: 978-4396613587
  • 発売日: 2010/3/16
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 13.2 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 19件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 21,385位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
幾種類かの現代語訳も、どれもこれも十数ページで挫折してきた50代ですが、この「謹訳第一巻」を読んだことで、はじめて源氏物語の最初の数巻を読み通せたことになります。

わたし、林望さんをすっかり誤解していました。「イギリスはおいしい」で売れた人ですから、てっきり英語畑の人かと思っていて、本屋で立ち読みしても、ラジオのトークを聞いても、ちょっとピントはずれなことを言うなあなどと思うことが多々あったのですが、なんと国語畑の人だったのですね。どうりで、表面的なイギリス論が多かったわけだと納得。

氏の英国暮らしがこの作品にどれだけの影響を与えたのかわかりませんが、「外から見た日本の古典」の意識が現代語訳に生かされた本書は、古典を読むくらいなら英語訳の方に手が伸びる小生にとっては、はじめての「読める古典」となりました。

なんでこんなに読みやすいのだろう―林先生が用いた、読みやすくするための根本的なテクニックは何なのだろうと不思議に思いながら読んでいたのですが、つい先だって毎日新聞の書評から教わりました。紫式部の原文は古き日本の敬語を縦横無尽に駆使した「老婆のひとり語り」という体裁をとっているらしいのですが、この謹訳源氏では、敬語をすっぱりと取り払い、「ひとり語り」を小説の「地の文」のような体裁に変えたとのこと。
...続きを読む ›
コメント 31人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
断然オススメします。面白くて止まりませんでした。

この面白さはどこから来るのか?
もちろん元々の「源氏物語」が素晴らしいからなのですが、
それを「謹訳」という編集方針の下に林望さんが現代語訳したから、
というのも大きいと思います。

ところで「謹訳」とは??

十巻それぞれに林望さんが書かれた”月報”が同梱されているのですが、
最終巻である第十巻に、
”『謹訳』ということ”
という文章が月報に記載されています。

これは他の現代語訳との比較において、非常に参考になるので、
(願わくば、購買欲をそそるので、となってほしい。逆も又やむなし。)
以下、それを要約したものを記載しておきます。

====================================================
『謹訳』ということ<要約>

1.語り手を「老女房」から「小説の語り手」へ変更:「謹訳」の最大の特色
○原文の語り手は「老女房」
・当時は、尊敬語・謙譲語・丁寧語の使い分けにより、文章の主語が誰か分かるシステムになっていた。
 言い換えると、文章の主語が省略
...続きを読む ›
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
大学で源氏を研究したこともあったけど、その面白さにちっとも気づきませんでした。

しかし、この源氏物語は面白い!
原文を読んでいる時のニュアンスをそのままに、しかし違和感なく現代の言葉にうっすらすりかえてあるという感じで、物語の中の映像が色鮮やかに目に浮かぶのです。
これを全巻読むまでは、映像化されているものなどを観たくないと思えるほど。
姫君のもとへ忍んで行く源氏のドキドキ感、床板のきしみが聞こえてくるようです。

開いたままにしておける本の作りもまた素敵です。
学校の教科書や参考書など、この作りだったらさぞかし勉強しやすかっただろうに。
コメント 56人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
リンボウ先生の源氏物語、傑作です。
よくある「古典の訳」の本につきもののぎこちなさが皆無、
ほかの訳本には「注釈」として本文の外にでてしまう歌の解釈なども、
このリンボウ版にはすっきりと本文に収まって、
まったく気が散ることなく源氏の世界に浸れます。
そして何より私が推したいのは、この本の装丁の雅さ。
上品な赤の表紙、180度にぱたんと開く「コデックス装(というのだそうです)」、
源氏香を表す図を背表紙にさりげなくあしらうという、小粋さ。
まさしく現代の源氏にふさわしい。
コメント 34人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
「謹訳」という見慣れない冠に惹かれ手にしてみた。

これまでに源氏の現代語訳を手掛けたのは、与謝野、谷崎、円地、田辺、寂聴・・・いわゆる“作家”が多い。
リンボウ先生もいちおう(失礼!)作家の肩書をお持ちだが、私にはむしろ“学者”のイメージが強い。今泉忠義博士の“謹厳忠実”な訳文に触れた経験があるせいか、「謹訳」の文字にはそんなカッチリした訳文を想像していた。
だがそれは、いい意味で裏切られた。

私なぞが百万言費やすより、帯に寄せられた檀ふみ氏の推薦文を引くのがよかろう。
氏は本書を「名訳にはならない(多分)」と、本の帯という場でなければ“(笑)”をつけたに相違ない表現で紹介している。むろん、歴代の現代語訳業に比肩するレベルに列するなどできない、と扱き下ろしたわけではない。リンボウ先生のオリジナル性が存分に発揮され、単なる“訳”に留まらない新たな“創作小説”になり得る、との期待を込めているのだ。
たしかに、「桐壺」冒頭の「いづれの御時にか」に相当する“訳文”は、「さて」という余韻ある語で始まっている。既に書き出しから、リンボウ先生の学識や想像力を駆使した“創作”が顔を覗かせているのだ。

リンボウ先生は自ら装丁にも関わり、源氏の新たな魅力を引き出そうと試みている。じつを言うと本書は
...続きを読む ›
2 コメント 84人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック