¥ 3,024
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
講師・インストラクターハンドブック がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

講師・インストラクターハンドブック 単行本 – 2017/3/2

5つ星のうち 5.0 6件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本, 2017/3/2
"もう一度試してください。"
¥ 3,024
¥ 3,024 ¥ 5,664

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 講師・インストラクターハンドブック
  • +
  • フィードバック入門 耳の痛いことを伝えて部下と職場を立て直す技術 (PHPビジネス新書)
  • +
  • HIGH OUTPUT MANAGEMENT(ハイアウトプット マネジメント) 人を育て、成果を最大にするマネジメント
総額: ¥5,908
ポイントの合計: 180pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



レビュー100件以上ストア開設!
レビュー件数が100件以上で、★★★★以上の自己啓発・英語・レシピ本などが探せます。 >> 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

□講師として登壇することになったけれども、
いったい何から手を付ければいいのだろう?

□1対1で部下や後輩を指導したことはあるけれど、
複数の人を相手に教えるのははじめて。
研修となると、どんな準備をすればいいのだろう?

□社内講師として何度か登壇したけれど、どうしても途中
眠くなる人が出てしまう。どうすれば皆に最後まで
味をもって聞いてもらえるのだろう?

□講師の経験を積んできたものの、教え方をきちんと
学んだことはなく、試行錯誤と我流の積み上げになっている。
体系立てて学んでみたい。


誰かに何かを【教える】立場にあるすべての人へ。
退屈な研修が実践的な学びに変わる!
世界30カ国、12万人以上が学んだ「教える」理論のエッセンス。


人材開発、組織力向上の手段として欠かすことのできない研修・セミナー。
その効果をいかに高めていくかは、人材開発担当者および研修担当者、研修講師にとって必須の課題です。
効果的な学びを生み出すには、研修参加者が「主体的に学ぶこと」が欠かせません。
本書では、著者ボブ・パイク氏が体系化し、世界的に評価される「参加者主体の研修手法」をベースに、研修参加者の学ぶ意欲を高め、学習効果を最大化する研修を行ううえで欠かせないスキルをまとめます。

研修に携わる人にとって必須のスキル~インストラクショナルデザイン、デリバリースキル、ファシリテーションスキル、効果測定~を網羅。
効果的な学びを促す研修をデザイン、運営するノウハウをまとめた1冊です。

内容(「BOOK」データベースより)

インストラクショナルデザイン+デリバリースキル+ファシリテーションスキル。退屈な研修が実践的な学びに変わる!世界30カ国で実践される参加者の意欲を引き出す研修手法のエッセンス。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 336ページ
  • 出版社: 日本能率協会マネジメントセンター (2017/3/2)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4820759639
  • ISBN-13: 978-4820759638
  • 発売日: 2017/3/2
  • 商品パッケージの寸法: 21 x 14.8 x 2.5 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 17,344位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
6
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(6)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
協会立ち上げに際し、これまでは自分で作った講座を自分で実践していたので、頭に入っていることも、インストラクター達に伝えるのは非常に大変だな、と思っていたところにこの本に出会いました。
講座の構成で参考になったのはもちろん、インストラクター達にも読んでもらうことで、共通言語ができ、伝えやすくなる、と期待しています。
伝えるだけで満足してはいけない、
いかに受講された方が実践したくなるか?
これを考え続けることで
受講生さんの満足度、リピート率も大きく変わる、と改めて感じました。
具体例が多岐にわたっていて、痒いところに手が届く内容です。
特典のオープニング、クロージング動画も素晴らしく、今日からすぐ取り入れます。
今後の研修が変わる、買ってよかった一冊です。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
「参加者主体の研修デザイン」を学ぶまでに、セミナー登壇に費やした時間や個人的な努力は、どれほど成果に還元できていたのだろう、と考えることがあります。
「参加者主体」の手法は、事前準備をシンプルかつ的確にし、カーク・パトリックのいうレベル4としての研修成果を飛躍的にアップさせました。これほど生産性があがるなんて!と、まさに打ちのめされた瞬間でした。学びを提供する私たちが、まず正しくかつ楽しく学ぶ体験をすることが必要だった!と痛感した瞬間でもありました。
誰かに何かを教えるすべての人にご紹介したいバイブルです!
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
アクティブラーニングが叫ばれている昨今ですが、担当する方の多くは「参加者の発言量をふやさねば」「わいわいとやっている状態を作らねば」という呪縛にとらわれているような気がします。そもそも、研修をする、学ぶ機会を提供する、セミナーやワークショップを実施するという際には、何を目的とおくのか、受講者の状態やレベルはどうなっているのか、という前段階も重要だと思います。それから、学ぶ側が主体的に参加しているというのは「わいわいしている」「発言が多い」とイコールではなく、学ぶ側が学ぶことに集中しており、能動的な姿勢で取り組んでいるということだとも思います。
この本においては、学ぶ機会を提供する前に重要なことから書かれています。また受講者が学ぶ機会に真摯に積極的に取り組んでいるという状態を実現するための様々なノウハウがまとめられています。
多くの同じカテゴリーの本が読みにくいまとめられ方になっているのに対して、この本ではわかりやすく整理されてコンテンツが提供されており、それは著者の中村氏が数多くの場で学んだことや感じたこと、そして提供する側でのご経験から、この本が実現したのではないかと感じさせられます。特に経験の豊富さは、様々な例が各章ごとにちりばめられていることからも伺えます。「あるある」がいっぱいです。
そういう意味では講師・インストラクターの初心者の方にもちろん
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告