¥ 2,160
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
謙虚なコンサルティング――クライアントにとって「本... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

謙虚なコンサルティング――クライアントにとって「本当の支援」とは何か 単行本 – 2017/5/17

5つ星のうち 4.3 12件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 2,160
¥ 2,160 ¥ 1,899

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 謙虚なコンサルティング――クライアントにとって「本当の支援」とは何か
  • +
  • シャイン博士が語る組織開発と人的資源管理の進め方: プロセス・コンサルテーション技法の用い方
総額: ¥4,158
ポイントの合計: 125pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



ビジネス書大賞2017 大賞作品決定!
大賞は『サピエンス全史(上)(下)』、準大賞『LIFE SHIFT(ライフ・シフト)』 他 >> 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

「乱気流の時代に適応し続けるための、最強ケイパビリティがこれだ」
三谷宏治 『経営戦略全史』著者、K.I.T.虎ノ門大学院教授

「コンサルティングの本のなかで、最も専門家の役に立つのがシャインの著書だ」
オットー・シャーマー 『U理論』著者、MIT上級講師

「コンサルタント、カウンセラー必読」(土井英司)
ビジネスブックマラソン(2017/6/11)

「本書の構成上の優れた点は、著者の事例(失敗事例も含む)をふんだんに紹介しながら、そこからの学びを事例ごとにしっかり言語化している点である。また、各章末に『まとめと結論』『読者への提案』が記されているので、これもヒントに読み進められると頭がより整理されるだろう」(嶋田毅)
GLOBIS知見録(2017/5/27)

「具体的な質問の仕方、話の聞き方、そしてケースと、実践する上で欲しいと思う情報も提示された本書で、『本当の支援者』を目指してみてはどうだろうか」(編集部)
DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー おススメ経営書(2017/5/25)

コンサルティングの世界の常識を覆した「プロセス・コンサルテーション」、
世界中の人々の職業観に多大な影響を与え続けている「キャリア・アンカー」
に続く新コンセプト。『人を助けるとはどういうことか』著者、最新刊!

■自分ではなく、 相手が答えを見出す「問い方と聴き方」
押しつけではない、本当に人の役に立つ「支援学」の極意(『人を助けるとはどういうことか』)と
自分ばかり喋るのではなく、「謙虚に問いかける」コミュニケーションの技法(『問いかける技術』)を
コンサルティングや支援の現場で活かす、という視点で書かれた実践的な本です。

■なぜ、「謙虚なコンサルティング」が必要なのか?
今日の組織は、解決に必要な知識や技術が自明でない問題に直面し、
「答えを提供する」から、「答えを見出せるよう支援する」へとコンサルタントの役割も変化。
「本当の支援」を実現するには、自分では答えを出せないことを自覚し、
謙虚な姿勢を選び、謙虚に問いかけることが不可欠なのです。

■25の事例から学ぶ、成功するコンサルティングと失敗するコンサルティングの違い
大失敗に終わった著者のコンサル第1号案件、たった一言でCEOを開眼させた「最高の支援」ほか
著者50年にわたるコンサルティング事例が満載。GE、P&Gなど実際の企業や組織の事例も多数。
「事例(背景、当事者の発言)」と「学び(失敗のワケ、成功要因)」を通して、実践のコツがつかめます。

原題 Humble Consulting: How to Provide Real Help Faster

出版社からのコメント

(以下、「監訳者による序文」より一部抜粋)

思い出してみてほしい。これまでの人生で、相談を受けて相手の役に立つことができたと心から思える経験はあるだろうか。その時あなたはどんな姿勢で相手に向き合い、どんな言葉を投げかけただろうか。

私自身はどうかといえば、これは本当に相手のためになったと思えるエピソードが、確かに一つや二つはすぐに頭に浮かぶ。だが同時に、役に立ちたいと強く思っていたのに、結果として何も生みだすことができなかった苦い思い出も、多く思い起こされる。

うまくいった時とうまくいかなかった時の違いは、はたして何だったのだろうか。相談相手も状況もそれぞれ異なる中で、これだけはおさえるべき原則、というようなものはあるのだろうか。

会議室や職場、食事の席、あるいは電話やメールを通じて、私たちは日々相談を受けている。クライアントからの相談、上司や部下や同僚からの相談、旧友からの思いがけない相談。誤解を恐れずいえば、仕事の多くは「相談」から始まっている。

誰かに相談されたとき、どうすれば相手の役に立つことができるだろうか? 人生やビジネスにおけるこの重大な問いに答えるのが、本書である。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 320ページ
  • 出版社: 英治出版 (2017/5/17)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4862762255
  • ISBN-13: 978-4862762252
  • 発売日: 2017/5/17
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 12.8 x 2.5 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 12件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 159位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
同じ筆者の「人を助けるとはどういうことか」と続けて読んだ。

本書では、筆者のコンサルティングの豊富な経験を事例として「謙虚なコンサルティング」の方法を紹介している。しかし、本書の中にはその背景にある「人を支援する」ことの理論は十分に書かれておらず、この本だけでは筆者の行動の背景にある力学を理解するのはむつかしいのではないかと思う。その部分をじっくりと書き尽くしているのが「人を助けるとはどういうことか」であるので、本書はその続編として読まれるのがふさわしいと思われる。

両方の本を読み比べると、支援者が謙虚で慎重であるべきであることに焦点が当たっていた「人を助けるとはどういうことか」に対して、本書ではそれを踏まえたうえで、支援者の好奇心と情熱がポイントになると述べられており、支援者の立場はより積極的なものになっていると感じられた。そういう理論の進歩を見るうえでも、ぜひ両者を読み比べて理解を深めてほしい。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
監訳者による序文が、すばらしい。この本を読むことの意味が集約されている気がするので、まずは「出版社からのコメント」を読んでみてほしい。
「どうすれば相手の役に立つことができるだろうか?  人生やビジネスにおけるこの重大な問いに答えるのが、本書である。」とあるが、私自身について言えば、コンサル業とは無関係なので、ビジネス上で「相手の役に立つためには」ということに殊更にスポットをあてて考える必要はない。
けれど、ときに相手を説得したり、気持ち良く仕事をすすめてもらうために伝え方に気を配ったり、そういう局面は多々ある。
時に成功、時には失敗。そんな私にとっては、第3章で詳述されている「レベル2の関係を築くことの重要性」という箇所が特に響き、この本から得た最大の収穫となった。

著者の分析によると、人間関係のレベルには、レベルマイナス1から3までの4段階あるという。
●レベルマイナス1…ネガティブな敵対関係。囚人や奴隷、異なる文化圏の人、犯罪者や詐欺師の犠牲になる人など。
●レベル1…個人的知り合いではないが、互いを同じ人間として扱う。礼儀をわきまえたレベルでの会話が可能。医者や弁護士が患者やクライアントに見せるような、ほどほどの距離を保つ関係性。
●レベル2…ほどほどの距離の必要な他人ではなく、もっと個人的な
...続きを読む ›
コメント 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 一言でいうと、問題を抱える組織が解決するための最初のアプローチから情報分析するのに必要なチームの形成や運営改革の具体的に仕方を示した教科書のような本です。
 25の実例のが提示され、それぞれの重要ポイントを「学び」の段落で示している。各章の終わりに、まとめと結論、読者への提案が記されている。学術論文形式を踏襲されているにもかかわらず、一般読者にもわかりやすく構成を組んでいる。
 現在、企業を取り巻く問題は、過去に比べ、より複雑になっている。企業組織に属する社員の多くが、感じている環境変化である。これは、専門性の高度化、組織が大きくなり職種の多様性、そして、国際化等による個々人の考え方の様々な違いのためであり、これらの課題に対応しつつ、問題点を抽出し、解決しなければならない。しかし、従来から行われている各部署のチーフを集めて唯一無二の目標を全メンバーに共有させるような手法では間に合わなく、効果が薄い実例も挙げている。そこで著者が提案している1つが、相談者との個人的関係を構築することであり、より深い問題の成因を探り、その緒(いとぐち)を見つけることができると示している。現代の日本の企業、組織の問題解決に対しての新しい形の手法になりうる提案が実際の例を示しながら、解説されている。ただし、多くのビジネス書のようなHow To形式で示されていないので、小説の一節のような
...続きを読む ›
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
問題解決を行うのは内部の人間自らが行う方がはるかに効果的なので、
外部の人間は内部の人自らが問題に「気づく」様にアシストするべきだ、という趣旨の本。

決まり切ったツールや考え方、昔ながらのやり方が通じない現代社会だが、
「解決策は必ずある」「上部や専門家は解決策を把握しているはずだ」という思い込みが問題解決を阻害している。

分からない、特効薬となる解決策はないのだと双方が理解し、
本当の懸念事項を再定義し、問題解決に向け考える事が大切だと筆者はとく。

だがそれは誰でもすぐに出来ることではなく、人間関係が通常よりも深い
「レベル2」と呼ぶ関係性でないと達成できない。

筆者はこの考え方は、子育てにも、サービス業にも、専門職にも、果てはリーダー職にも
当てはまると述べる。確かにそうかもしれない。

☆☆☆

思えば、職場内でもレベル1程度の関係でやりとりしている場面が多く
それが社内問題の解決を重くしている原因かもしれない。
色々と考えさせられる内容だった。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー