通常配送無料 詳細
残り4点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
謎の独立国家ソマリランド がカートに入りました
コンディション: 中古品: 良い
コメント: カバー、本体ともに目立った傷、汚れなく良好な状態です。注文確定後、アマゾン配送センターより、迅速に発送されます。コンビニ受取、代引き決済が可能です。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

謎の独立国家ソマリランド 単行本 – 2013/2/19

5つ星のうち 4.7 97件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 2,376
¥ 2,376 ¥ 1,316

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 謎の独立国家ソマリランド
  • +
  • アヘン王国潜入記 (集英社文庫)
  • +
  • 西南シルクロードは密林に消える (講談社文庫)
総額: ¥4,083
ポイントの合計: 231pt (6%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

第35回(2013年)講談社ノンフィクション賞受賞
第3回梅棹忠夫・山と探検文学賞受賞
BOOK OF THE YEAR2013 今年最高の本 第1位(dacapo)
本屋さん大賞ノンフィクション部門 第1位(週刊文春)

西欧民主主義敗れたり! ! 著者渾身の歴史的<刮目>大作 終わりなき内戦が続き、無数の武装勢力や海賊が跋扈する「崩壊国家」ソマリア。その中に、独自に武装解除し十数年も平和に暮らしている独立国があるという。果たしてそんな国が存在しえるのか? 事実を確かめるため、著者は誰も試みたことのない方法で世界一危険なエリアに飛び込んだ──。世界をゆるがす、衝撃のルポルタージュ、ここに登場!


プロローグ 地上に実在する「ラピュタ」へ

第1章 謎の未確認国家ソマリランド
1 ラピュタへのビザはどこで取得できるのか
2 ソマリ人は傲慢で、いい加減で、約束を守らず、荒っぽい
3 市場に札束がごろごろ
4 動物だらけの遊牧都市
5 世界でいちばん暑い町
6 海賊に拉致されたドイツ人と刑務所の海賊

第2章 奇跡の平和国家の秘密
1 ソマリランド観光案内
2 天変地異には要注意
3 知られざる覚醒植物カート
4 ソマリランドはなぜ治安がいいのか
5 ワイルド・イースト
6 だいたいソマリランド最高峰登頂記
7 ソマリランドが和平に成功した本当の理由
8 独立は認められないほうがいい?
9 「地上のラピュタ」は、ライオンの群れが作る国家

第3章 大飢饉フィーバーの裏側
1 ソマリア三国志
2 北斗の拳を知らずしてラピュタは語れない
3 世話役はカートの輸出業者
4 被差別民の意見
5 ハイエナには気をつけろ
6 アル・シャバーブの影

第4章 バック・トゥ・ザ・ソマリランド
1 奇跡の政権交代
2 ソマリの超速離婚
3 血の代償
4 ワイヤッブの裏切り

第5章 謎の海賊国家プントランド
1 海賊の首都ボサソ
2 氏族の伝統が海賊を止められない理由
3 籠の中のカモネギ
4 プントランドも民主主義国家?
5 ソマリランドの「宿敵」はこう語る
6 世紀末都市ガルカイヨ
7 謎の源氏国家ガルムドゥッグ
8 史上最大の作戦
9 続・史上最大の作戦

第6章 リアル北斗の拳 戦国モガディショ
1 モガディショ京都、二十年の大乱
2 世界で最も危険な花の都
3 剛腕女子支局長ハムディ
4 旧アル・シャバーブ支配区を見に行く
5 完全民営化社会
6 現場に来て初めてわかること
7 カートとイスラム原理主義
8 アル・シャバーブを支持するマイノリティ
9 アル・シャバーブはマオイスト?
10 すべては「都」だから

第7章 ハイパー民主主義国家ソマリランドの謎
1 戦国時代のソマリランド
2 「地上のラピュタ」に帰る
3 アフリカTV屋台村
4 ソマリランド和平交渉の全てを知る長老に弟子入り
5 ソマリの掟「ヘール」の真実
6 ソマリ人化する
7 世界に誇るハイパー民主主義
8 伊達氏の異能政治家・エガル政宗の恐るべき策謀
9 地上のラピュタを越えて

エピローグ 「ディアスポラ」になった私

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

高野/秀行
ノンフィクション作家。1966年東京都生まれ。早稲田大学探検部当時執筆した『幻獣ムベンベを追え』でデビュー。タイ国立チェンマイ大学日本語講師を経て、ノンフィクション作家となる。誰も行かないところへ行き、誰もやらないことをやり、誰も知らないものを探す。2006年に『ワセダ三畳青春記』で第1回酒飲み書店員大賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 520ページ
  • 出版社: 本の雑誌社 (2013/2/19)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4860112385
  • ISBN-13: 978-4860112387
  • 発売日: 2013/2/19
  • 商品パッケージの寸法: 3.5 x 13.8 x 19.5 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 97件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 11,620位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
まず初めに私が過去5年間で読んだ本の中で、これがベストの作品だ、という断り書きからレビューを始めたい。
高野作品は文庫本化されたものは、あらかた読んでいた。
印象としては、気軽に読める「イロモノ」
または、はっちゃけた青春冒険譚の「キワモノ」
あるいは、タイトルからして、おバカまるだしの「バカモノ」
という雰囲気で暇つぶしに読んでいた。
だって「『ミャンマーの柳生一族』だぞ! 時代劇じゃあるまいし。
怪獣探しの旅も、最後は変なオチが必ずついて、冒険というよりも珍道中という色彩が強い。
今回もそんなノリを期待して読んだ。
けれど、違った。
これは、極めてまっとうな、かつ前人未到の驚異のルポルタージュであり、
アフリカをめぐる国際政治を学ぶ際の必読書となる良質なドキュメンタリーである。

実は本書を読む前に著者と同じ早稲田の探検部後輩にあたる角幡唯介の
北極探検記「アグルーカの行方」を読んでいた。
本書と共通するのは、ともに「命賭けの冒険」という点である。
ただし、「アグルーカの行方」も目茶面白かったが、
金持ちニッポンの馬鹿者が高いお金をかけて
わざわざ北極くんだりまで行って「自分探し」をしようという行為に
...続きを読む ›
コメント 95人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
ルポルタージュといってもいいし、探検記といってもよい。冒険・政治経済・安全保障・国際問題・民族問題・海賊問題などさまざまなテーマが詰め込まれ、500ページほどの本がすいすい読める。

崩壊国家として名高いソマリアを北から南下。国際的には未承認ながら平和な独立国家としての体裁を整えるソマリランド、海賊の拠点プントランド、そして著者いうところのリアル北斗の拳、南部ソマリア。筆者はソマリ人とともにこれら「3カ国」をめぐる。国際的には1つの国ながら複数の国。治安状況もそこに住む人々の気質も異なり、それぞれにエピソードが詰め込まれている。そして著者は徐々にソマリアにのめり込み、おそらく世界的にもまれな外国人のソマリア専門家になっていく。

産業は何もないながら不思議と通貨が安定しているソマリランドではいきなり大統領を紹介される。市場には両替商が無防備に札束をごろごろ頃がしている。そして海賊を「雇う」ことができるプントランドでは「海賊」にインタビューする。中央政府が存在せず、20年も戦闘が続きながらなぜかライフラインはきちんと運営されている完全民営化社会、南部ソマリア。決して足を踏み入れることはない(踏み入れられない)地域だけに興味が尽きない。普通の胆力では取材すらおぼつかない。著者の胆力とソマリアの魅力に乾杯。近来まれにみる上質のルポだと思う。遊牧都市ハルゲイサ、分断都市ガルカイヨ、戦国都市モガディショなど都市名と著者が付したニックネームも彩りを添えている。
コメント 122人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
著者の本はほとんど読んでいますが、
文句なしに渾身の一冊。

ソマリアというリアル北斗の拳の世界で、
内部までぐいぐい入り込んで、ここまでまとめ上げた内容は、
外国メディアでも存在しないはず。

かなり厳しい世界ではあるが、楽しく読めるのは、
著者ならではのユーモアがところどころに散りばめられているから。

そして単に取材として終わるのではなく、
現地の人と濃密な人間関係を築いて、それをずっと大切にしているのが
素晴らしいと思った。

次は、豪腕女性局長のハムディに日本に来てもらって、
是非ドキュメンタリーの映像と本にして欲しい。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
ページを1枚めくるたびに、そこには自分の知らなかったことが書いてあるーー
これこそが読書体験の醍醐味だとすれば、本書は(比喩ではなく)全ページに「驚くべきこと」が記された、
脅威のハイパーエンターテイメントノンフィクションといえる一冊。超大傑作。

高野秀行さんのノンフィクションが(いい意味でも悪い意味でも…いや、やっぱりいい意味で!)どれも極めて「小説的」なのは、
圧倒的に魅力的なご本人の人柄から生み出される軽妙な筆致に加え、読者の想像を軽々と超える出来事が不思議なほど次から次へと巻き起こるからだろう。
本書でもその持ち味はいかんなく発揮されている。…というか、今回、「未知の探索」場所として選ばれた、
謎の独立国家にしてハイパー民主主義国家ソマリランド、海賊国家プントランド、戦国南部ソマリアにおいて、
「高野ノンフィクション」の真髄は完全に爆発した感がある。
(ノンフィクション作家の石井光太氏が「この作品で高野秀行さんは「超人」の領域に入ったと感じた。本気で」と書いてたけどまさにそんな感じ)

なにしろ、著者を乗せた車が銃撃されたことがエピローグでさらっと書かれるくらい(普通はそこをクライマックスにしたくなるでしょ…)、
びっくり箱をひっくり返したような驚天動地
...続きを読む ›
コメント 40人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー