この本は現在お取り扱いできません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

諏わっ子散華 単行本(ソフトカバー) – 2014/3/20

5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー), 2014/3/20
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容紹介

信州諏訪出身、終戦生まれの無冠の小説家、伊藤正房の著書6冊目にあたる。中編、短編あわせて最新の小説4作品を所収。
「浮雲のゆくえ」は、諏訪盆地に生まれた主人公ゆく子の牧歌的なイタセクスアリス時代から海外に飛躍する平成までの波乱万丈を描く。昭和の高成長時代に水商売に身を投げ、男たちを従えるほどのオーラを育むゆく子。やがて国際結婚を選びオーストラリアに移住、ひと旗上げるに至る。挫折と希望の入り混じる海外生活。平成に入り図らずもテロ時代の洗礼まで受けることに…。急変する時代の波にもまれながらも強く生きたいと願うゆく子だが、心の隅には空しい風が…。
「硫黄島の怨歌」は主人公が訪れた玉砕の島硫黄島で出会った英霊との交流を描く。今も島に実在する英霊たちは何をしていたのか、何を語ったのか…。
「光るかぜ」の主人公は諏訪生まれの石井ひかる。故郷の寒村から上京したひかる青年は、悪戦苦闘、ようやく官庁の下っ端役人となる。とはいえ、頭はよい、自惚れも一人前のひかるに悶々とする日々の終わりはない。イケメンのひかるには女の接近も多い…。役所処世と女のあしらい、結婚と離婚、不倫や汚職、社会の下僕でありまた木鐸たるべき職場には、雑多な浮世模様が展開している。あろうことか凶悪事件まで発生してひかるも渦中に…。
「諏わっ子散華」の主人公は、諏訪郡安国寺村に終戦の年に生まれた。戦後の革新時代にオリンパス工場の革命細胞で活動、同時に登山ブームに乗っていっぱしの先鋭登山家としても活躍する。そんな主人公の出合った事件、悲劇的結末。知られざる夭折の革命家、その短くて熱い軌跡。

著者について

伊藤正房
昭和19年諏訪郡宮川村に生まれる。岡谷工業高校中退、諏訪清陵高校卒後、法政大学ほかに学ぶ。公務員勤務後著作活動。海外での体験を踏まえた小説が多い。諏訪地方の歴史や民俗、諏訪人の暮らしなどをテーマにしたドキュメントもある。現在インドネシアバリ島に在住。 「よしゑの生涯」で作家デビュー。「流れの果て」「大陸ぼたんの里」「栄光の南十字星」「昭和の夕映え」など5冊の著書がある。「流れの果て」は自伝的私小説。


登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 276ページ
  • 出版社: パウダーガイド社; 1版 (2014/3/20)
  • ISBN-10: 4903275337
  • ISBN-13: 978-4903275338
  • 発売日: 2014/3/20
  • 梱包サイズ: 18.2 x 12.8 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 2,797,565位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


1件のカスタマーレビュー

5つ星のうち4.0

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

1件中1 - 1件目のレビューを表示

2014年3月21日
形式: 単行本(ソフトカバー)
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告