通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
談 no.104 恐怖の報酬……「怖いもの見たさ」... がカートに入りました
+ ¥257 配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◆◆特記事項◆◆『良い』相当の商品です。使用品の為、表紙に多少キズやイタミ、経年程度の使用感やヤケ、薄いヨゴレ等が有る場合もございますが、普通に読む分には問題のない商品です。※品質には十分注意しておりますが、万一不具合等ございましたらご連絡下さい※使用品の為、多少の傷やヤケ・ヨゴレ等はご理解下さい※特記事項において全てのページの書込みや傷みを確認する事は出来ませんので、あくまでも目安となります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

談 no.104 恐怖の報酬……「怖いもの見たさ」の謎 ムック – 2015/11/10


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
ムック, 2015/11/10
¥ 864
¥ 864 ¥ 192

booksPMP

【2冊で最大4%、3冊以上で最大8%、10冊以上で最大10%】ポイント還元

2冊を購入する際クーポンコード「2BOOKS」を、3冊以上は「MATOME」を入力すると最大8~10%ポイント還元!今すぐチェック

click to open popover

よく一緒に購入されている商品

  • 談 no.104 恐怖の報酬……「怖いもの見たさ」の謎
  • +
  • 恐怖の哲学 ホラーで人間を読む (NHK出版新書)
総額: ¥1,922
ポイントの合計: 78pt (4%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton


無料で使えるAmazonオリジナルブックカバー
10種類のロゴ入りデザインから好みのデザインを印刷して取り付けよう。 詳しくはこちら。

商品の説明

内容紹介

怖いもの見たさということばがある。歌舞伎の人気演目「怪談もの」の最高傑作「東海道四谷怪談」。その真骨頂は、まさに「怖いもの見たさ」だ。

怖いけど見てみたい、恐ろしいけど体験したい。不気味なもの、怪しいもの、あるいは不安なものへの限りない傾倒。この形容しがたいアンビバレントな感情を、人は、なぜ、いつから抱くようになったのだろうか。『談』no.104号は、この恐れの感覚、恐怖の感情の秘密に迫る。

タイトルの「恐怖の報酬」は、1953年制作のイブ・モンタン主演のフランス映画。恐怖のアンビバレントな感覚それ自体を主題とした傑作。

●怖いもの見たさ…恐怖の二重構造から考える
山根一郎 (椙山女学園大学人間関係学部教授/社会心理学)
「危険な恐怖」と「危険ではない恐怖」という二種類の恐怖。その二重構造の発現という観点から、「恐怖の成熟」、「恐怖の娯楽化」へ持論を発展させる山根氏の“愉みとしての恐怖"論。

●すべては「気配」…不気味な館に魅せられて
加藤耕一 (東京大学大学院工学系研究科建築学専攻准教授/西洋建築史)
人々は、いつから「恐怖」を娯楽として愉しむようになったのか。加藤氏は、崇高、不気味なもの、ファンタスマゴリー、蝋人形などに触れながら、文学、映画、音楽などの諸ジャンルを横断しつつ、ゴシックという概念のさまざまな変容を追究する。そしてそのゴシックの行き着く先に登場したのが幽霊屋敷だった。幽霊屋敷は、ゴシックの帰結であると同時に、新たな愉しみの創造だったのだ。

●脳はホラーを求める?…世界観エンタメとしての恐怖
都留泰作 (京都精華大学マンガ学部准教授/文化人類学、マンガ家)
「ホラー」小説やマンガは、哲学へと通じている。それは、「ホラー」が形而上学的な意味での「外部」を体験させてくれるからだ。そして、エンタメの世界における「恐怖」とは、そのような形而上学的思考を「体感」させてくれるロケットエンジンのような役割を果たす、唯一の動物的感覚なのではないか。文化人類学者にしてマンガ家である都留氏が考えるエンタメ恐怖論。

著者について

山根一郎 (椙山女学園大学人間関係学部教授/社会心理学)
加藤耕一 (東京大学大学院工学系研究科建築学専攻准教授/西洋建築史)
都留泰作 (京都精華大学マンガ学部准教授/文化人類学、マンガ家)


登録情報

  • ムック: 86ページ
  • 出版社: 水曜社 (2015/11/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4880653721
  • ISBN-13: 978-4880653723
  • 発売日: 2015/11/10
  • 梱包サイズ: 25.9 x 18.2 x 0.4 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 789,707位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


まだカスタマーレビューはありません


この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう