¥ 864
通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
談 no.103 がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

談 no.103 ムック – 2015/7/10


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
ムック, 2015/7/10
¥ 864
¥ 864 ¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 談 no.103
  • +
  • 談 no.100 人間、もう一度見つけだす。
総額: ¥1,728
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容紹介

これまでのメディア研究は大きく二つの流れがあったという。一つは19世紀に始まる報道を主たる対象とするジャーナリズム研究や文化研究などの社会学的な知見。もう一つは、20世紀以降のエレクトロニクスや情報通信技術などの制御や通信、あるいは情報を数学的に処理する情報学的知見である。両者に共通するのは、大量かつ即時的にメッセージを伝達することの利便性や効用を「期待(expectation)」することである(桂英史)。そして、ここで注目すべきは、伝える/伝えられるという行為や関係は「期待」があってこそ成り立つものだということだ。コミュニケーションとは、言うなればこの期待に賭ける行為そのものであり、期待があるからこそ、コミュニケーションはメディア的性格をもち、逆に言えば、メディアは限りなくコミュニケーションへとメタモルフォーゼする。

今、再びコミュニケーションに関心が集まっている。無縁社会とは、コミュニケーションが途絶えた社会であり、コミュ力のない人間は、社会と適応できない人間を指す。今や、コミュニケーションは、人間にとって人間存在そのものを規定するような重要なものになっている。人間にとってコミュニケーションとは何か。メディア環境が激変しつつある現代社会にあって、コミュニケーションは何を意味するのだろうか。人間・社会・メディアの関係から、コミュニケーションについて考察する。

端末市民の行方 レトリックの共同体から発話の共同体へ
・桂英史
(東京藝術大学大学院映像研究科教授)

不気味な怪物とハグは可能か
・奥村隆(立教大学社会学部教授)

地すべりするコミュニケーション
・伊藤守(早稲田大学教育・総合科学学術院教授)

※所属などは本書刊行時のものです。

著者について

桂 英史 東京藝術大学大学院映像研究科 メディア映像専攻教授
奥村 隆 立教大学社会学部 社会学科教授
伊藤 守 早稲田大学教育・総合科学学術院教授
※所属などは本書刊行時のものです。


登録情報

  • ムック: 86ページ
  • 出版社: 水曜社 (2015/7/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4880653667
  • ISBN-13: 978-4880653662
  • 発売日: 2015/7/10
  • 梱包サイズ: 25.6 x 18.2 x 0.8 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 957,438位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?


カスタマーレビュー

まだカスタマーレビューはありません。
他のお客様にも意見を伝えましょう
同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。マシュー・マコノヒー