通常配送無料 詳細
残り5点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
誰も語りたがらない 鉄道の裏面史 がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 PAL-market
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 平成27年6月22日・第2刷。★帯はありません。★カバーに若干のスレ・ヨレがあります。紙面は数ページの上角に小さな角ヨレがありますが、書き込み・ヤケ・開き癖などは無く概ね良好な状態です。ゆうメールでポスト投函でのお届けになります。よろしくお願いします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

誰も語りたがらない 鉄道の裏面史 文庫 – 2015/5/15

5つ星のうち 4.8 6件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 669
¥ 669 ¥ 111

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 誰も語りたがらない 鉄道の裏面史
  • +
  • 鉄道業界のウラ話
総額: ¥1,338
ポイントの合計: 44pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



今、大注目を集める星野源のエッセイ「いのちの車窓から」
怒涛の駆け上がりを見せた2年間の想い、経験、成長のすべてがここに! 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

近代日本の発展は、鉄道が誇る輝かしい歴史とともにある。
しかし、事故や事件、利権に金、イデオロギーと権力…日本の鉄道史には、輝かしいだけでなく、脚光を浴びない影の歴史がある。
この裏面史を無視した鉄道史など、底抜けに明るくても、本当の歴史を語っていない。
本書はそれらの表舞台には出ないエピソードを通して、鉄道の世界を立体的にとらえようとするものである。

内容(「BOOK」データベースより)

戦前から平成まで、事件と事故から読み解く裏鉄道史。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 224ページ
  • 出版社: 彩図社 (2015/5/20)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 480130074X
  • ISBN-13: 978-4801300743
  • 発売日: 2015/5/15
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.6 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 44,660位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
 著者の前著、『社名は絶対明かせない 鉄道業界の裏話』が、いわば楽屋裏の話だったのに対し、こっちは反対側に属する鉄道業界の表の話が主なのだが、最初パラパラとめくってみたときの印象より、読んでみると、それなりに以上にまとまった好著。
 だから、この『裏面史』という書名付けには却って違和感を感じてしまったのだが。
 「鉄ちゃん」ってのにも、「車両鉄」、「乗り鉄」、「撮り鉄」に始まって、近頃は「秘境駅鉄」、「廃線鉄」、畏れ入ったことに、「入場券収集」なんて極端なオタッキーまで出会ったことがある。が、しかし、総じて社会的な問題については関心が薄く、「路線廃止」、「列車廃止」となるとワーっと集まって来るくせに、そこに至るまでの鉄道会社の経営問題なんてのには、とんと興味がないという鉄ちゃんが大半。
 そういうで点は、著者が、まず「福知山線脱線事故」への疑問視から入った問題意識のため、時間を掛けて各種資料に好く目を通して、きちんと要点も掴んでいるし、また、このほかのテーマについても簡潔かつ明快な記述で理解し易い読み物に仕上げた点は高く評価できる。
 なお、付け加えるとすれば、 ひとつは章の構成の問題で、第1章は、まだ記憶に新しい事故3件に絞り、上尾事件や地下鉄サリン事件のほうは、事件の項にまとめたほうが好かったと思うこと。この種、読者一般やテッちゃん入門者
...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
第一章の事件と事故の鉄道史は必読である。鉄道が好きな方に限らず、運輸を含め「安全」を担う現場で働いている方にぜひ読んでもらいたい。
特に信楽高原鉄道事故、福知山線脱線事故については、事故の概要、事実関係だけにとどまらず、事故にいたるまでの経緯や当事者の動きまで網羅されており、まるでドキュメントドラマを見るかのように読むことができた。
「安全」を考えるにあたって、とても参考になる本である。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
 日本の新幹線、その安全性、安定性は世界に誇りうる技術です。また、最近は、東京、名古屋間のリニア新幹線の建設が発表され、
 短距離ではありますが、試乗も行われ大きな話題となりましたし、さらには、豪華クルーズトレイン、ななつ星・・・・・・・・・・。
 しかし、鉄道の歴史を振り返れば、このような輝かしい面だけでなく、裏にひしめく暗い歴史のあるのもまた事実です。
 本書では、あまり表に出てくることの少ない鉄道の裏面史について取り上げています。
 全体は、  第1章:事件と事故の鉄道史  第2章:国鉄とJRの裏面史  第3章:金が動かした鉄道  に大別されています。
 先ずは、第1章:少し前の話になりますが、1991年5/14 信楽高原鐡道で列車同士の正面衝突事故が発生し、
 42名が死亡しています。しかし、単線とはいえ、正面衝突とは・・・・・・・。
 また、記憶に新しいところでは、2005年4/15に発生した福知山線脱線事故、カーブでのスピードの出し過ぎが原因で、
 マンションの1階部分に列車が折り重なり飛び込み、107名の死者が出るという凄惨な事故でした。
 さらに、1995年、オウム真理教によるテロ、地下鉄サリン事件、裁判は今も続いています。
 第2章:GHQにより、それまで非合法組織
...続きを読む ›
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック