Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 1,123

¥ 281の割引 (20%)

ポイント : 235pt (20%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[島田明宏]の誰も書かなかった 武豊 決断
Kindle App Ad

誰も書かなかった 武豊 決断 Kindle版

5つ星のうち 3.6 32件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 1,123
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,404 ¥ 1

【Kindle Unlimited】
月額¥980で、本・コミック・雑誌・洋書が、好きな時に好きなだけ読み放題。初回30日間無料体験 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

「『自分が武豊であること』の意地と矜持と覚悟を、どん底から這い上がる過程で、非常に強く持つようになった」(本文より)。有名馬主との確執から悪夢の落馬事故、そしてどん底のスランプまで。天才は何を悩み、「決断」したのか? 20年来の“心友”作家が初めて明かす、天才騎手・武豊の「苦難の日々」と、逆境から這い上がるまでの「心の軌跡」全記録! 競馬ファンのみならず、逆境に苦しみ、日々葛藤するすべての人に読んで欲しい一冊です。

内容(「BOOK」データベースより)

20年来の“心友”作家が初めて明かした。天才の苦悩、逆境、確執。天才が語った「こころの葛藤」全記録!!

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 2194 KB
  • 紙の本の長さ: 187 ページ
  • 出版社: 徳間書店 (2014/4/30)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00M8YJFQ6
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.6 32件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 104,073位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  •  画像に対するフィードバックを提供する、またはさらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
私たちは、武豊のドキュメンタリーを読みたいわけであって、
筆者のことを知りたいわけでもなんでもない。

やたらと、「私は〜」がでてくる。
これでは、武豊のドキュメンタリーというより、筆者のエッセイだ。
ならば、最初からエッセイとして売り出せ。
読めばわかるが、随所に、

・いかに、私(筆者)は、武豊と長い付き合いか、親密であるか

を言いたいだけのような記述が多い。
「その時私は武豊とホテルで一緒にいたのだが、彼は〜」
のような。

私は武豊ファンであるが、武豊が苦しい時期を乗り越えて、現在の充実(まだまだぜんぜN足りないが)を
迎えている、その、苦難に耐えていた時期、戦っていた時期、その真実について、知りたいと思い本書を手に取った。

が、内容は、誰もが何度も何度も書いてきた、焼き直しの内容ばかりであるのに加え、上記のような真実にはほとんど触れられず、
美辞麗句と礼賛ばかり。それと著者のオ⚪︎ニー。

こんなんで、印税稼いで、著者はたいそうな勝ち組だと言える。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
とにかく内容が浅く薄いです。

デビューから2014年のキズナまで、年代順に豊ジョッキーの記録や発言などを綴っただけ。
競馬歴1年で、「武豊は昔凄かったけど今は落ち目?!」くらいの認識の方が読む分には面白いかもしれません。

私はそれなりに競馬歴が長いので、本の内容は一言「退屈」。
これは、「決断」というタイトルや、オビの思わせぶりな煽り文句が多分に影響していると思います。

例えば、「武豊1987-2014」というようなタイトルで、巻末に彼の詳細な記録一覧でも載せていれば、
この内容でも、読者の感じ方はずいぶん違うはずです。

そして、競馬ファンなら誰でも真実を知りたがっているのは、アドマイヤの近藤オーナーとの確執と、社台グループからの干されでしょう。
しかし、この2件についても、「浅く薄く」記述されているのみ。(この辺りは書きたくても書けないのが実情でしょうが。。)

とにかく、35℃のヌルいお風呂に延々と浸かってしまったような読後感。
私は豊ジョッキーが好きなだけに、とても残念な本でした。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
私は武豊のファンですので期待して読みましたが、武豊をあまりに美化し過ぎた内容に正直うんざりでした。

著者自身は武豊と親しいことが売りで自慢のようですが、古くからの親しい付き合いであることが随所でことさらに強調されており、むしろ親し過ぎることで書くべきことが書けていないデメリットを強く感じました。
古くはメジロマックィーン降着事件、ディープインパクトの凱旋門賞失格事件、ブエナビスタのジャパンカップ降着事件、アドマイヤ軍団や社台グループとの確執など、武豊を語る上では避けては通れない大きな出来事に関しては、武豊自身が語られたくないであろう部分は周知の事実さえ記述されてなく、まったくお粗末です。

熱烈な武豊ファンが「ヒーロー 武豊」を求めて読むなら快い本かもしれませんが、一般の競馬ファンが「人間 武豊」を知るための本としては、「☆ひとつ」です。
コメント 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
馬券本ではありません。

・・・武豊が好きなら面白い。
本の値段も良心的なのがうれしいね(*'σー`)エヘヘ

公私ともに武豊を知る著者にしか書けないエピソードの数々。
最初は生い立ちというか、武豊のルーツが記されている。
この辺りは青い鳥にとっては退屈だった。

我慢して読み進めていくと、いつのまに話に引きずり込まれている。
そんな感じだ。

たくさんの人が自分にに期待しているのはわかってます。
だけど、その誰よりも、ぼく自身がぼくに期待している。

武豊の言葉である。

今もその想いは変わってない。
そんな気がする。

スーパークリーク、イナリワン、オグリキャップ
メジロマックイーン、ベガ、ナリタタイシン
ダンスインザダーク、スペシャルウィーク、サイレンススズカ
ディープインパクト、キズナ・・・

数々のエピソード。

有名オーナーとの断絶、挫折、復活。

そして、武豊。

他では読めない武豊がここにいる。

繰り返すが、この本は著者にしか書けない。

この著者でなければ書けない。

(青い鳥の馬券本マニアより抜粋)
コメント 29人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover