¥4,400
通常配送無料 詳細
残り13点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
誰も教えてくれなかった 血算の読み方・考え方 がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


誰も教えてくれなかった 血算の読み方・考え方 (日本語) 単行本 – 2011/4/12

5つ星のうち4.5 18個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥4,400
¥4,340 ¥3,072
お届け日: 明日 詳細を見る
click to open popover

よく一緒に購入されている商品

  • 誰も教えてくれなかった 血算の読み方・考え方
  • +
  • 検査値を読むトレーニング: ルーチン検査でここまでわかる
  • +
  • レジデントのための血液診療の鉄則
総額: ¥13,970
ポイントの合計: 180pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

著者について

岡田 定:聖路加国際病院内科統括部長/血液内科部長(所属等は発行時点のものです)

出版社より

検査値を読む 異常値 誰も血算 技師 血算 抗菌薬
検査値を読むトレーニング: ルーチン検査でここまでわかる 異常値の出るメカニズム 第7版 誰も教えてくれなかった 血算の読み方・考え方 臨床検査技師のための 血算の診かた これでわかる! 抗菌薬選択トレーニング
内容紹介 本書では、検査データを時系列の変化で示し、病態を「栄養状態」「細菌感染」「腎臓の病態」「肝臓の病態」など13項目に分け、関連する複数検査値の組み合わせがどう変動するかを分析し解釈する「信州大学方式RCPC」によって、刻々と変化していく病態を読み解く訓練をします。 臨床と検査の双方を熟知し、RCPCをライフワークとしてきた著者がすべての医療職に贈る、“生きた検査値の読み方”のトレーニングブックです。 5年振りの改訂では、「基本的検査」と、二次的に行う「基本検査に準ずる検査」に分類してメリハリをつけ、また使用頻度で掲載順を組み替え、よりわかりやすい作りに生まれ変わった。臨床検査医学を学ぶ学生、医療者の必携書。 血算のどこに注目して読めばよいか、本当にわかっていますか? 最低限の病歴と血算から、可能性の高い疾患を「一発診断する」力を身につけるための本。 血算は、すべての臨床検査の中で最も基本的で頻用される検査。臨床現場では簡単な病歴と血算を中心とした情報だけで診断を 推定しなければならない場面は多く、また実際かなりの疾患の推定ができる。 臨床検査技師の視点からみた血算の読み方について,医師が見逃しやすいポイントを中心に,パニック値を含めて報告・相談すべき点を解説。具体的な症例・検査データをあげながら,考えられる疾患・病態,医師への報告の緊急度,見逃したらどうなるか,など考えながら読める実践書。経験のある臨床検査技師の血算の診断能力は,一般臨床医よりまさると著者は言う。技師だけでなく血算を勉強したいコメディカルの方にもおすすめ。 本書では、約60問の実践問題を解いていただくことで、抗菌薬選択の基礎力が無理なく身につくよう工夫しました。抗菌薬適正処方とAMR対策に、医師はもちろん、ASTにかかわる薬剤師・臨床検査技師の方々にもおすすめの1冊です。 この1冊で、的確な狭域化・処方変更のノウハウをマスター! さぁ、「菌トレ」しようぜ!

登録情報

  • 発売日 : 2011/4/12
  • 単行本 : 200ページ
  • ISBN-10 : 4260013254
  • ISBN-13 : 978-4260013253
  • 出版社 : 医学書院 (2011/4/12)
  • 言語: : 日本語
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち4.5 18個の評価