通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
誰も教えてくれない脳と医療の話 脳神経外科の現場か... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
中古品: 良い | 詳細
発売元 ITボーイ
コンディション: 中古品: 良い
コメント: カバー、本文ともに若干使用感あります。書き込みやマーカー、開きぐせはありません。ご注文いただき次第、OPP袋に入れ丁寧、迅速に配送させていただきます
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

誰も教えてくれない脳と医療の話 脳神経外科の現場から 単行本(ソフトカバー) – 2011/6/1

5つ星のうち 4.5 38件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,404
¥ 1,404 ¥ 850
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 誰も教えてくれない脳と医療の話 脳神経外科の現場から
  • +
  • 「くも膜下出血」のすべて (小学館101新書)
  • +
  • 脳動脈瘤がみつかったら (健康ライブラリーイラスト版)
総額: ¥3,456
ポイントの合計: 105pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



Amazonランキング大賞2017上半期 本
やせるおかずの柳澤英子さん、白石麻衣さん、にしのあきひろさん、諫山創さんからの受賞コメント付き 和書総合ランキングTOP20へ

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 285ページ
  • 出版社: 文芸社 (2011/6/1)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4286104133
  • ISBN-13: 978-4286104133
  • 発売日: 2011/6/1
  • 梱包サイズ: 18.8 x 13 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 38件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 145,597位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 iku 投稿日 2017/5/29
形式: Kindle版 Amazonで購入
わかりやすい本だった。治療方針に迷ってる人、興味がある人には読んでもらいたい。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
脳腫瘍、脳溢血、脳梗塞、アルツハイマーなど脳に関する知識が深まった。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
今年一月、当時中1の息子が「脳動静脈奇形」により、脳出血で倒れた。
「何?その病名‥」10万人に一人の割合で、生まれつき、脳の血管がからまる病気のようだ。

これをきっかくに、脳に関しての本を読み始めた。が、専門用語が多すぎ、十分に理解できなかった。

そんな時、この書籍と出会い、
「そういう事かぁ」と理解できましました。

後半の「今の医療現場」のあれこれ、今まで、病院とは縁遠かった我が家、急に病院に世話になり、読むことで、
今の医療現場の矛盾など勉強になりました。

ちなみに、息子は、大きな後遺症もなく、普通の生活を送っています。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
身内がくも膜下出血で倒れたとき、ネットで情報を探しているうちに著者のブログに出会い、興味を持って購入しました。脳神経外科の話が平易な文で語られており、興味がそれほどない人でも楽しく読めます。著者によるとあまり売れていないそうですが、こういう本が売れないなんて実にもったいなく思います。確かに分野的にベストセラーにはなりにくいと思いますが、もっと売れていい本だと思うので応援の意味も含めて星5つ。
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
父親が転移性脳腫瘍だったことから、作者のブログをよく拝見しておりました。
医療に無知な私でも夢中になる文章で、本になったことで即予約しました。

母にもこの本を薦めましたが「もっと早く読みたかった」と言うほど、
患者の知りたいこと、不安なことを、一般人目線の易しい文章で様々な医療のことを解説してくれています。

こんなに熱心に、医療について知らせようと語ってくれる医者はなかなかいないですね。
難しい用語でしか語らない医者、誰のおかげで治療ができているのかという態度の医者、
そんな医者たちにはこの本をぜひ読んでもらいたい。
あなた方医者は、大勢の中の患者かもしれないが、私たちにとっては、あなた方医者はたった一人なんです。
世界中の医者に「初心に帰ってこの本を読んでもらいたい」そう思える一冊です。
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
脳外科医の書いた本。脳の知識から、脳手術の様子、一般の生活者からはわからない医者や病院の仕組みや実態をわかりやすく解説してある。脳手術のところはシーンがイメージ出来て痛さを感じるほど。読んで知識をつけておいて損は無い一冊。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
この本は、私自身が脳に疾患が見つかり、脳そのものに興味を持ちはじめて調べているうちに、その著者のブログにまず、たどり着きました。

こちらの著者は現役の脳外科医ですが、医療従事者でない私でもとてもわかりやすく、丁寧に書かれています。さらに医療従事者側の視点からの意見などもあり、「なるほど」と思わされることもありました。

本書にもありますが、脳外科はとても忙しい科です。術後の患者さんの容体によっては、真夜中に緊急手術をすることもあります。実際に私がいつものように通院しますと、時々私の主治医は白衣の下に手術着を着ていることがありました。

通常行われる手術も内容によっては、10時間以上かかるものもあります。ちなみに私の場合は、朝一番に手術室へ入りましたが、手術が終わり出てきたのは、深夜だったと聞きました。

これだけの情報でも脳外科の仕事がどれほど大変なものかは、何となくですが想像できました。

だからこそ、この本の著者、名月さんが多忙にも関わらず、ブログを書き続けているであろうことに思わず涙が出そうになります。私が見た限りですが、ブログの更新時間は大抵日付が変わる頃だからです。気持ちの半分はブログを読みたいという思いですが、もう半分は早く体を休めてほしいという思いです。
<
...続きを読む ›
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
脳のことについて知りたくてたどり着いたのが著者のブログでした。
この本にめぐり合い、脳の病気、脳外科医のこと、とてもよく分かりました。
大げさではなく、きちんと現実が表現されていると感じとれました。「脳」とは本来ならば人間の生活と切り離せない大事な部分でありますが、
「よく分からない、難しい、専門的・・・」と遠のいていましたが、脳がとても身近な存在に思える、貴重な本だと思います。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー