中古品
¥ 258
中古品: 良い | 詳細
発売元 鹿の親
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品ですので多少の使用感はありますが、綺麗です。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

誰も教えてくれない「学習塾」の始め方・儲け方―おいしい塾商売「成功の鉄則」集 単行本 – 2003/6

5つ星のうち 3.5 6件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

本書では、これまで十数年、塾の教壇に立ち、五つの塾を立ち上げ、そのすべてを軌道に乗せてきた著者の経験を踏まえて、成功する塾を作るための鉄則を学習塾の歴史や現状、塾の立ち上げ方、そして運営ノウハウの順に紹介していく。

内容(「MARC」データベースより)

一人でできる塾経営の成功ノウハウ本。生徒集めのコツ、チラシのまき方、机やイス・黒板の購入法、テキスト発注先リストなど具体例満載。生徒がどんどん集まる塾を作るためのチェックリスト付き。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 206ページ
  • 出版社: ぱる出版 (2003/06)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4827200300
  • ISBN-13: 978-4827200300
  • 発売日: 2003/06
  • 商品パッケージの寸法: 20.8 x 14.8 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.5 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 746,886位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.5

トップカスタマーレビュー

投稿者 カスタマー 投稿日 2005/8/15
形式: 単行本
 塾経営とは何か、どういう考え方が必要か、など塾で勤める人間とこれから独立を始めようという方なら、まずは読んでおくべき本です。
 ただし良い意味で、広く浅く書かれた本なので、広く考え方などを参考にするといった程度だともいえます。学習塾で生きていくための人ならきっと強いエネルギーを与えられます。そのエネルギーで後の戦略を立てる動機となる素晴らしい著書です。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
「学習塾」を始めるに当たって、注意すべき点や心構えなど、
開業にまつわる全般を解説。著書の一之瀬氏はいくつもの塾を
大きくした経歴を持つ。
ページ数や価格の割に、細かいことまでは書かれておらず、
全般的なガイダンス本と見ていい。著者がとても教育熱心だと
いうことは、「授業予習に五時間かける」「10回反復して解かせる」
といった言葉からもわかる。
塾人間には、こうしたやりすぎなくらいの熱を持つ人がいる。
そんな熱のある著者が書いたものだと理解してほしい。参考には
できても、誰にでも適用できる内容ではない。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
この本の中で著者は「学習塾はけっして勉強を教えて金をまきあげる楽な商売ではない」と述べています。それなのに本のタイトルは「おいしい塾商売」となっており、ちょっと矛盾しているのではと思ってしまいます。教育関係者(とくに公教育に携わるもの)はこの本に目を通して民間の努力、競争意識というものを勉強したほうがよいと思います。教育は未来を担う人材を育成する社会貢献度の高い仕事であるという記述には納得です。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告