¥3,300
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
誰も必要としていないかもしれない、映画の可能性のた... がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
8点すべてのイメージを見る

誰も必要としていないかもしれない、映画の可能性のために ──制作・教育・批評 (日本語) 単行本 – 2020/1/16


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本, 2020/1/16
¥3,300
¥3,300
この商品の特別キャンペーン プライム会員限定 最大5%ポイント還元中。 1 件
  • プライム会員限定 最大5%ポイント還元中。
    プライム会員限定最大5%ポイント還元 まとめて買うと最大15%ポイント還元。 特設ページはこちら 販売元: Amazon.co.jp。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)


本まとめ買いクーポン
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

  • プライム会員限定最大5%ポイント還元 まとめて買うと最大15%ポイント還元。 特設ページはこちら 販売元: Amazon.co.jp。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)

よく一緒に購入されている商品

  • 誰も必要としていないかもしれない、映画の可能性のために  ──制作・教育・批評
  • +
  • 映画「風の電話」公式フォトブック 風の電話
総額: ¥4,950
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton


無料で使えるブックカバー
好きなデザインを選んで取り付けよう! 詳しくはこちら。

商品の説明

内容紹介


「監督」はピラミッドの頂点に君臨するような
存在であってよいのか?
映画の制度に挑戦し、その独自のスタイルが
世界を驚かせてきた映画監督・諏訪敦彦、初の単著!

制作、教育、広島、批評……作家としての信念を
さまざまな切り口から浮かび上がらせるとともに、
西島秀俊、三浦友和が諏訪敦彦について語る
録り下ろしインタビューも収録。
映画の可能性を信じさせてくれる唯一無二の本!


カンヌ国際映画祭やロカルノ国際映画祭で賞を獲得するなど世界的に高い評価を
受けてきた諏訪敦彦。監督としてのみならず映画教育者としても広く活動し、注目を集めている。
6章構成の本書では、自身の歩みを振り返る書き下ろしの随筆、監督作について
語ったインタビュー、教育への思いをつづった文章、出身地・広島を軸にしたエッセイ、
北野武やペドロ・コスタなどを扱った映画評、西島秀俊や三浦友和といった
キャストから見た諏訪に迫るインタビューなどを収録。
制作現場、大学の教室、広島、映画館……さまざまな場所で展開された諏訪の思考が
凝縮されており、その全貌を知ることができる。

序章として執筆された書き下ろしの回想は7万字(400字詰め原稿用紙170枚以上)を
超える諏訪渾身の随筆になっている。ほかにカロリーヌ・シャンプティエの未邦訳の
エッセイや、諏訪がフランスで発表した『蜂の巣の子供たち』(清水宏監督)の
映画評などこの本でしか読めない文章が複数収録。

監督が「自分の思い描く世界」をキャストとスタッフを使い、フィルムの上に構成していく
トップダウンな撮影現場を拒否し、映画の制作方法それ自体を模索してきた諏訪。
それは効率を思考のベースにした際、経済的にも組織運営的にも非効率的なものでしかないのだろう。
しかし、だからこそ新しい可能性に開かれているはずだ。

映画を志している人たちのみならず、ひろく創作に関わる人や教育者の方々など、
多くの人に新たな発見を与える決定的な1冊!

■諏訪敦彦が自身の歩みを振り返る7万字(400字詰め原稿用紙170枚以上)を超える書き下ろしの随筆を収録
■西島秀俊と三浦友和がそれぞれ諏訪敦彦とその作品について語る録り下ろしインタビューを掲載
■カロリーヌ・シャンプティエの未邦訳エッセイを収録
■韓国の雑誌やフランスの書籍に載った諏訪敦彦の文章を掲載
■長編映画はもちろん、短編や中編の映画、そしてテレビ作品も網羅したフィルモグラフィーを収録
■『H Story』や『ライオンは今夜死ぬ』などのシノプシスや企画書といった貴重な資料も複数収録

☆最新作『風の電話』2020年1月24日(金)より全国ロードショー。

出版社からのコメント


16日間のワークショップで日本チームが作った映画『扉の向こう側』は、クラスの
中のいじめの構造を題材にした物語で、クラスを牛耳るいじめっ子の男の子と、
いじめられ役を抜け出せない男の子、そしてその関係にくみしない転校生の男の子
という三人のシチュエーションとその変化を描いている。上映を終えると、
皆はスクリーンの前に並び、場内からの質問を受ける。
〔......〕
おそらく「監督がいない」「みんなが監督」という答えはサンドリーヌのみならず、
会場にいた者に小さな驚きを与えた。特にヨーロッパにおいて、監督こそが映画の
作者であるという神話は根強い。私は、中学生たちの堂々とした応答を誇らしげに
聴きながら、彼らの混沌とした、しかし創造的な制作現場を思い返した。本当に
皆が寄ってたかって、あれこれ議論しながら全員で監督をしていたのだ。
もしかすると、あれは私が長い間理想とし、いまだに実現できていない映画制作の
現場だったのかもしれないと思った。
──本文より

内容(「BOOK」データベースより)

自身の歩みを振り返った七万字を超える書き下ろしの随筆、自作について語ったインタビュー、教育への思いを綴ったエッセイ、同時代の作家たちを見つめた映画評などにより映画監督諏訪敦彦の信念が浮かび上がる。西島秀俊、三浦友和が諏訪を語る録り下ろしインタビューも収録。

著者について


諏訪敦彦(すわ・のぶひろ)
1960年、広島県生まれ。1985年、東京造形大学造形学部デザイン学科卒業。
在学中から山本政志や長崎俊一らの作品にスタッフとして参加する。1985年、
在学中に制作した『はなされるGANG』が第8回ぴあフィルムフェスティバルに
入選。大学卒業後はテレビのドキュメンタリー番組を多数手がける。1997年、
『2/デュオ』で商業デビュー。同作はロッテルダム国際映画祭やバンクーバー
国際映画祭などで賞を獲得する。その後、1999年『M/OTHER』で第52回カ
ンヌ国際映画祭にて国際批評家連盟賞を受賞し、2005年『不完全なふたり』
では第58回ロカルノ国際映画祭において審査員特別賞と国際芸術映画評論連
盟賞を受ける。その他の長編監督作に『H Story』『ユキとニナ』『ライオン
は今夜死ぬ』がある。また東京藝術大学大学院映像研究科の映画専攻にて教授
を務めるほか、子供を対象にした映画制作ワークショップ「こども映画教室」
に講師として多数参加するなど、映画教育にも深く関わっている。長編最新作
である『風の電話』は2020年1月24日に公開。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

諏訪/敦彦
1960年、広島県生まれ。1985年、東京造形大学造形学部デザイン学科卒業。在学中から山本政志や長崎俊一らの作品にスタッフとして参加する。1985年、在学中に制作した『はなされるGANG』が第8回ぴあフィルムフェスティバルに入選。大学卒業後はテレビのドキュメンタリー番組を多数手がける。1997年、『2/デュオ』で商業デビュー。同作はロッテルダム国際映画祭やバンクーバー国際映画祭などで賞を獲得する。その後、1999年制作の『M/OTHER』で第52回カンヌ国際映画祭にて国際批評家連盟賞を受賞し、2005年に制作された『不完全なふたり』では第58回ロカルノ国際映画祭において審査員特別賞と国際芸術映画評論連盟賞を受ける。東京藝術大学大学院映像研究科の映画専攻にて教授を務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 496ページ
  • 出版社: フィルムアート社 (2020/1/16)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4845919133
  • ISBN-13: 978-4845919130
  • 発売日: 2020/1/16
  • 梱包サイズ: 18.8 x 13.2 x 3.6 cm
  • カスタマーレビュー: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 22,057位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

まだカスタマーレビューはありません

星5つ (0%) 0%
星4つ (0%) 0%
星3つ (0%) 0%
星2つ (0%) 0%
星1つ (0%) 0%

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう