中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 2010年初版。カバーあり、帯なし。書き込みありませんがあった場合は、ご勘弁ください。全体にやや、経年劣化。ヤケ、シミ、ヨゴレ、シール等あり。それ以外は良好な状態です。通常の使用には問題ありません。アマゾン専用在庫です。ゆうメールで発送予定。管理番号「AZ1-018-024-193」
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
4点すべてのイメージを見る

誰でも作れる電子書籍 今すぐできる制作から販売まで 単行本(ソフトカバー) – 2010/8/24

5つ星のうち 2.6 9件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,296 ¥ 1
click to open popover

この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

あの「ぷよぷよ」を生んだゲームデザイナー米光一成、日本語版Kindleコミックを発表した漫画家ユニット「うめ」の原作者小沢高広。ゲーム・コミック界から電子出版の世界に飛び込んだふたりが、コンテンツ制作者の視点で電子書籍を斬る。電子書籍の制作・販売についても画面付きで解説。iPad/Kindle/iPhone/PCで読める電子書籍が、今すぐ作れる。

内容(「BOOK」データベースより)

パソコンはもちろんiPhone/iPad、Kindleで読める電子書籍が今すぐ自分で作れる。アマゾンやiBooksで販売もできるし自分で販売したっていい。電子書籍なら、全部自分でできる。誰でも今すぐ電子書籍出版「者」になれる。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 208ページ
  • 出版社: インプレスジャパン (2010/8/24)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4844329049
  • ISBN-13: 978-4844329046
  • 発売日: 2010/8/24
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 13.4 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.6 9件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 342,885位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 2.6

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー)
「今すぐできる制作から販売まで」とサブタイトルが付いているので、詳しい制作方法や販売のノウハウが書かれているものと期待しましたが、とんでもありませんでした。6割が著者同士のどうでもいいような電子出版論議(内容は偏った個人論に終始し、ほとんど素人のブログレベル)、3割が電子出版関連の書籍紹介(本書はためにならないから、他の書籍を紹介するという意味か?)、残りの5%が電子書籍の読み方、もう5%が制作方法&販売方法というお粗末な内容でした。少なくとも、制作や販売の参考にはまったくなりません。自分も電子出版をやってみたいという方は十分にご注意を! 確実にもっといい書籍が他にあります。
コメント 82人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
私は基本的に、電子書籍を楽しみたい人間ですし、
著者の方に悪意も持っておりません。むしろ好意的だと思っています。

が、

この本は、実際電子書籍を作ろうと思って買うと、期待はずれになるでしょう。
電子書籍の作り方は一番後ろに数ページついているだけです。
誰でもつくれるのかもしれませんが、この本ではつくれません。
そういう技術的な本ではないです。
おそらく、そういうつもりで作られた本でもないと思います。
ですから、詳しい作り方が載っていないと不満を持つのはお門違いなのかもしれません。
しかし、ねぇ。

この本は、電子書籍を作るまでのライトなドキュメンタリーというか、
心の持っていきかたということなのでしょうか。
それであっても、(別の方が書いておられましたが)ただの内輪でのおしゃべりという印象です。
これを一般の書籍(紙の本として)出したらダメだろう。
電子書籍が「所詮」と思われてしまうのではないでしょうか。
と思ったのですが、
電子書籍ならいいの?
「所詮」と思われたらいけないの?

そのへんがまだ、電子書籍について私が判断しにくい点です。

...続きを読む ›
コメント 45人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
本年(H22)の夏(7月)と秋(9月)に企画した(ている)「電書フェア」的な催しを,非「電書」型である従来版の書籍の手段を用いて普及/浸透をはかろうとする「宣伝/啓蒙書」の意味合いが6割以上を占めている.
少なくとも,「電書」とは「電子書籍」ではないと著者は主張している.著者の独特の概念である.
本の中身は,「米光ラジオ」「知人との会話」等の「テープ起こし」が中心.加えて,著者の知識の広さが随処に「脚注」に現れるが,重複も目立つ.
『「電書」ならその頒布価が「100円」であるところ,紙の本だと「1000円」を超えるという実験の書でもある』と考えるのは,深読みか?.
著者の考えは,面白い.それよりも,「55冊の書評/紹介」の方が面白い.
コメント 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
普通にタイトルを読めば「iPad/Kindle等で読める電子書籍を製作して販売するためのノウハウが書かれた本」として理解するでしょうが、この本は違います。200ページのうち180ページが製作側の会話(チャットをそのまま書籍化したようなもの)です。最後の20ページだけ電子書籍サイトの紹介です。作り方ではないです。これで1200円は泣けてくる。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
他の方も書かれていますがタイトルと中身の差はなんなんでしょう?
私がタイトルを付けるなら「米光ラジオのテープ起こしと電書」程度?
これは米光氏のUSTREAMのラジオログでも本人が「このタイトルだと
誤解する人居ない?」云々言ってましたので大人の事情なんでしょう。

これが電書ならば腹がたたなかった、のか?
いや、そんなこたー無い。
読んで印象に残るエピソードは電書フリマで対面販売で5千部ほど売った、だけ。
あとは電子書籍関係のレビューと作り方を申し訳程度トッピングしただけ。

電書の栄えある未来に興奮しているのは伝わるけど
そもそもこの本がツマラナイのに気がついていない。
タイトルで消費者を惑わしているのに気がついているくせに
世に出してしまう面の皮の厚さ。

他のレビューを見て自分が感じてることは間違いではなかったんですね。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告