Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 0

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

[スティーヴン ウィット]の誰が音楽をタダにした? 巨大産業をぶっ潰した男たち【無料拡大お試し版】 (早川書房)
Kindle App Ad

誰が音楽をタダにした? 巨大産業をぶっ潰した男たち【無料拡大お試し版】 (早川書房) Kindle版

5つ星のうち 4.3 12件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 0

【Kindle Unlimited】
新着タイトル続々追加中!月額¥980で、本・コミック・雑誌・洋書が、好きな時に好きなだけ読み放題。初回30日間無料体験 今すぐチェック
【クーポンプレゼント】: コカ・コーラ対象商品購入でデジタル商品に使える200円クーポンプレゼント!おひとり様何回でも可能。 今すぐチェック


商品の説明

内容紹介

【先行拡大お試し版/本電子書籍は、通常書籍9月21日発売、電子書籍9月30日配信開始『誰が音楽をタダにした?──巨大産業をぶっ潰した男たち』を73ページ相当分まで読むことができます】田舎の工場で発売前のCDを盗んでいた労働者、mp3を発明したオタク技術者、業界を牛耳る大手レーベルのCEO。彼らのたどる道が奇妙に交錯し、CDが売れない時代に突入していった過程を描き出す。誰も語ろうとしなかった強欲と悪知恵、才能の友情の物語。

内容(「BOOK」データベースより)

田舎の工場で発売前のCDを盗んでいた労働者、mp3を発明したオタク技術者、業界を牛耳る大手レコード会社のCEO。CDが売れない時代を作った張本人たちの強欲と悪知恵、才能と友情の物語がいま明らかになる。誰も語ろうとしなかった群像ノンフィクション。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 1548 KB
  • 紙の本の長さ: 52 ページ
  • 出版社: 早川書房 (2016/9/25)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B01LN67VBA
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 12件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 無料タイトル - 110位 (Kindleストア 無料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  •  画像に対するフィードバックを提供する、またはさらに安い価格について知らせる


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
[電子書籍版が発売されたので9月30日に加筆修正]

 かつて、といってもほんのひとむかし前のことだが、“mp3”という単語には、どこかアングラな匂いがつきまとっていた。怪しげなウェブサイトやファイル共有ソフトを通じて違法に流通する音楽ファイルのことを想起させたからだ。“mp3”はインターネット時代の海賊盤文化を象徴する言葉だった。この本は、そうした海賊盤文化にどっぷりと浸った著者による、とてもスリリングなドキュメンタリー本だ。
 だいたい、第一章の書き出しから奮っている。
「mp3の死が宣告されたのは、1995年の春、ドイツのエアランゲンの会議室だ。」
 高音質と低容量を実現した画期的な音声圧縮技術が、業界の政治によって敗北を喫するところから話が始まるのだ。よもや、インターネットの本格的な普及を前にmp3に死が宣告されていたとは知らなかった。この、mp3という新たな規格をめぐる技術者の奮闘と挫折までを描いた第一章だけでも引き込まれる。つづく第二章では、インターネット時代の海賊盤文化の担い手となるユーザーの姿が、そして第三章では、mp3の登場によって大きな変化を被っていく音楽業界の大物の姿がつづられる。この三者が、この本の主なプレイヤーだ。
 意外だったのは、NapsterやiPodといったゼロ年代を(良かれ悪しかれ)騒が
...続きを読む ›
コメント 83人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
何を書いてもネタバレになりそうなので内容は控えますが、
過激なタイトルとは裏腹に
「技術者と経営者と消費者が、CS放送の海外ドラマみたいに
 それぞれの視点にシーンが変化しながら進むNHKの特番」
みたいな内容です。

人によって好きずきは分かれそうですが、30~50代で、
インターネット黎明期の「Warez、オフ交換、FTPレート、MX」などの
意味が理解出来る人なら後半がオススメ。
mp3がどうして生まれたのかを知りたい人は前半を
読むことで色々得られるものがあるはずです。

しかしこの本に書かれている情報量は凄い…。
どれだけ苦労すればこの本を書き上げられるのか、想像もできません。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
先ず、兎に角、読み物として抜群に面白い。一度読み出したら最後、一旦途中で止めるなどという行為ができる人は、相当強靭な意志をお持ちの方だと思われます。MP3の開発、そしてMP2との規格覇権争い。lime wire等ファイル交換の背後で醸成されていたシーンの驚くべき事実。世界の音楽業界を征したある男の物語。著者の徹底した取材に裏ずけられた、それらの伏線が、恐ろしいまでのスピードと求心力を伴って結末に収束してゆく様は、まるで極上のミステリーを読んでいる感覚です。が、しかしここに書かれている事は紛れもない事実だという事が、一番の衝撃であり、ファイル交換ソフトの使用や違法コピーやダウンロードの覚えがなくても、たった一度でもYouTubeでお気に入りのアーティストのPVを再生した経験のあるあなたは、ここに書かれている事と全く無関係ではない事に気づくはずでず。
無料お試しで止めれる人はある意味スゴイと思う。強くオススメします!
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
原題を直訳すると、「どのように音楽はタダになったか」。
壮大なドラマ、というよりむしろ、結果の重大性に比べたらもの拍子抜けするくらいの小規模さが逆に超スリリングなドラマです。

ノンフィクションは、「今私たちが暮らしている現在」という、ある意味超ネタバレしてる究極のオチに向かっていく構造になるわけですが、優れたノンフィクションは、それまで読み手に見えていた「現在」の景色をガラリと変えてしまうことで、ヘタな推理小説よりよっぽど鮮やかに、読者にどんでん返しを味わわせてくれます。その意味で、帯の惹句は的を射ています。「すでに知っている話と思うなかれ」。

現在30歳の僕は、mp3の台頭にどっぷり乗っかってきた世代でした。この本にも登場しますが、2002年、15歳くらいの頃はラップをめぐるユニバーサルの戦略にまんまと引っかかってCDに散財し、128kbpsでリッピングして256MBのmp3プレイヤーに突っ込んでは悦に入っていました。
当時はこの本に登場するようなネットのアングラなカルチャーについても2ch等で公然とやりとりが交わされており、僕もWinnyやらトレントやらの存在をごく普通に知っていました。その流れで2005年頃(僕は大学1年でした)、黎明期のYoutubeを目の当たりにして「超イリーガルな違法アップサイトが現れた!」
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover