この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

著者をフォローする

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


誰が太平洋戦争を始めたのか (ちくま文庫) 文庫 – 2008/8/10

5つ星のうち 4.1 12件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版
文庫
¥ 26,876 ¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

戦争を始めるには膨大なペーパー・ワークを伴う「戦争計画」に基づいた、「動員」「集中」「開進」「作戦」という兵力の運用が必要である。大日本帝国の場合、それを策案したのは軍令参謀本部に代表される巨大官僚組織だった。では、太平洋戦争はどう準備されたのだろうか。支那事変から真珠湾攻撃までの経過を検証し、「縄張り意識」と「無責任」が支配する官僚国家が引き起こした悲劇の内幕に迫る。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

別宮/暖朗
1948年生まれ。東京大学経済学部卒業。西洋経済史専攻。その後信託銀行に入社、マクロ経済などの調査・企画を担当。退社後ロンドンにある証券企画調査会社のパートナー。歴史評論家。ホームページ『第一次大戦』を主宰するほか『ゲームジャーナル』(シミュレーションジャーナル社)に執筆(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 文庫: 222ページ
  • 出版社: 筑摩書房 (2008/8/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4480424652
  • ISBN-13: 978-4480424655
  • 発売日: 2008/8/10
  • 梱包サイズ: 14.6 x 10.6 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 12件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 496,442位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

12件のカスタマーレビュー

5つ星のうち4.1

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

気になるトピックのレビューを読もう

2015年2月23日
形式: 文庫Amazonで購入
2011年12月19日
形式: 文庫Amazonで購入
7人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
VINEメンバー
2009年9月13日
形式: 文庫Amazonで購入
6人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2009年3月4日
形式: 文庫Amazonで購入
13人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2018年10月7日
形式: 文庫
VINEメンバー
2008年9月20日
形式: 文庫Amazonで購入
29人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2010年5月24日
形式: 文庫
17人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
ベスト1000レビュアー
2009年9月5日
形式: 文庫
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告