中古品
¥192
+ ¥257 配送料
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: 表紙にイタミあり。★年中無休・局留対応・返品保証★埼玉県よりゆうメールにて毎日発送させて頂きます。配送は平日のみ、追跡番号はございません。局留めご希望の場合は、お届け先ご住所を郵便局の住所にして頂き、○○郵便局留めとご記入下さい。特に記述の無い場合、帯や初回特典等は付属しません。商品状態の詳細なお問合せはお受けできませんので、ご注文後納得いただけなければ返品お受けいたします。恐れ入りますが、併売商品もございますので在庫切れの際は速やかに返金をさせていただきます[book]
この商品は1-Click注文できません。

お使いのスマホ、タブレット、PCで読めるKindle版(電子書籍)もあります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


誰が坂本龍馬をつくったか (角川SSC新書) (日本語) 新書 – 2009/11/1

5つ星のうち4.5 6個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
新書
¥192
¥77,451 ¥100
お届け日: 12月7日 - 9日 詳細を見る
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

土佐の郷土出身の坂本龍馬が、なぜ日本を動かすほどの偉人となりえたのか。単なる尊皇攘夷思想の若者が、列強諸国から日本を守るために海軍創設の重要さを唱え、内戦を防ぐべく行動するまでに成長したのである。彼がこれほど大局からモノを見られるようになったその陰には、勝海舟、河田小龍、横井小楠、松平春嶽といった当代きっての知識人との交流があった。そして彼らは自分の考えや夢を龍馬に語り、龍馬はそれを実現させていった。彼らが坂本龍馬という男をつくったと同時に、彼らにできないことを龍馬に託したのだった…。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

河合/敦
1965年東京生まれ。青山学院大学文学部史学科卒業、早稲田大学大学院修士課程修了(日本史専攻)。現在、高等学校で日本史を教えるかたわら、歴史研究家、歴史作家として歴史書の執筆活動を行う。第17回郷土史研究賞優秀賞、第6回NTTトーク大賞優秀賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

  • 発売日 : 2009/11/1
  • 新書 : 186ページ
  • ISBN-10 : 4047315087
  • ISBN-13 : 978-4047315082
  • 出版社 : 角川SSコミュニケーションズ (2009/11/1)
  • 言語: : 日本語
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち4.5 6個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.5
星5つ中の4.5
6 件のグローバル評価
星5つ
46%
星4つ
54%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

上位レビュー、対象国: 日本

2014年10月18日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2018年1月12日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2009年12月21日に日本でレビュー済み
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2010年10月17日に日本でレビュー済み
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2010年7月2日に日本でレビュー済み
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2009年11月22日に日本でレビュー済み
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告