¥ 1,459
  • 参考価格: ¥ 2,052
  • OFF: ¥ 593 (29%)
対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、◆UNV-Media OUTLET◆在庫一掃が販売し、Amazon.co.jp が発送します。
この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。
ギフトラッピングを利用できます。
誰がザ・ズートンズを殺ったのか ? がカートに入りました
こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 1,504
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: ステップREIKODO_FBAサービス
カートに入れる
¥ 1,550
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: ドレミセレクション
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
今すぐダウンロード
¥ 1,600MP3アルバムを購入

誰がザ・ズートンズを殺ったのか ? Limited Edition

5つ星のうち 4.6 7件のカスタマーレビュー

仕様
価格
新品 中古品
CD Import ¥ 426 ¥ 1
CD Import
¥ 789 ¥ 1
CD CD ¥ 1,239 ¥ 1
CD Limited Edition
¥ 1,459
¥ 1,459 ¥ 1
CD Import ¥ 3,020 ¥ 5
CD Import ¥ 3,127 ¥ 530

Amazon の ザ・ズートンズ ストア


キャンペーンおよび追加情報

  • 【CD・レコード購入者向け 入門楽器キャンペーン】CD・レコード商品を2,000円以上ご購入いただくと、商品の出荷後、入門楽器に使える1,000円%OFFクーポンをメールでお届けします。10/14(日)まで。 対象商品はこちら。
  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • 誰がザ・ズートンズを殺ったのか ?
  • +
  • Tired of Hanging Around
総額: ¥4,630
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • CD (2004/5/12)
  • ディスク枚数: 1
  • フォーマット: Limited Edition
  • レーベル: ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル
  • 収録時間: 48 分
  • ASIN: B0001N1OJM
  • JAN: 4547366015201
  • 他のエディション: CD |  LP Record |  MP3 ダウンロード
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ミュージック - 419,425位 (ミュージックの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

曲目リスト

ディスク:1

  1. ズートン・フィーヴァー
  2. プレッシャー・ポイント
  3. ユー・ウィル・ユー・ウォント
  4. コンフュージョン
  5. ハヴァナ・ギャング・ブロウル
  6. インタールード
  7. レイルロード
  8. ロング・タイム・カミング
  9. ナイトメア・PartII
  10. ノット・ア・ロット・トゥ・ドゥ
  11. リメンバー・ミー
  12. ダーティ・ダンスホール
  13. ムーンズ・アンド・ホラー・ショウズ
  14. クリーピン・アン・ア・クローリン (BONUS TRACKS)
  15. ランブリン・ランブリン (BONUS TRACKS)
  16. (エンハンスド)プレッシャー・ポイント [ビデオ・クリップ] (BONUS TRACKS)

商品の説明

Amazonレビュー

   陽気なリヴァプールっ子軍団、ズートンズ。トーキング・ヘッズとスライ&ザ・ファミリー・ストーンの融合などという大それたことを彼らが本気で実行したなら、本作『Who Killed the Zutons?』は大失敗に終わるところだった。このデビュー・アルバムは、暴動の真っ最中と言っていいような様相を呈してしまっているけれど、血まみれの抗争などは一切見られず、ポップ史上のさまざまな流派の間で演じられるパイの投げ合いといったところにとどまっている。

   ズートンズは奇抜な持ち味を前面に押し出しつつ、みずからのテーマ曲であるモンキーズ風の「Zuton Fever」で本作をスタートさせている。エコー&ザ・バニーメンの戯画的ヴードゥー・バージョンと言えそうなチューンだ。お楽しみが始まるのはここからだ。スペンサー・デイヴィス・グループやアニマルズといったブリティッシュ・インヴェイジョン勢のR&B(「Long Time Coming」や「You Will You Won'」のノリのよさはヴィンテージ・ソウルのフェイクとして秀逸)と、60年代にあだ花的な盛り上がりを見せ、白人のソウル野郎たちを巻き込んだサイケ・サウンド(その代表はズート・マネーやダンタリオンズ・チャリオット)を組み合わせた部分は、実に斬新。加えて、悪趣味なサーフィン・ギターやら、ゾンビ、食中毒、熱帯病といったクランプスのファンが大喜びしそうな不気味なネタが展開する。おまけに、オモチャみたいにチープなサックスも登場。ロック界でこんなものが出てくるのは、ローラ・ロジックがX‐レイ・スペックスとパンクごっこに興じていた時代以来のことだが、うまく効果を上げている。

   とはいえ、ベスト・トラックにはメランコリックなトラックこそを挙げるべきだろう。中でもキンクス風で、雨の日のアンニュイな雰囲気を持つ「Not a Lot to Do」と、愛ある別れを描く「Confusion」(「1日目から僕は君をだましていた」)は特筆ものだ。(Kevin Maidment, Amazon.co.uk)

メディア掲載レビューほか

英・リヴァプール発の5ピース、ザ・ズトンズのアルバムの期間限定特別価格盤。人呼んで`ゾンビー・ソウル・ミュージック`。スライ&ザ・ファミリー・ストーン、DEVO、トーキング・ヘッズを目指したという彼らはソウル、ファンク、ジャズ、カントリー、ニュー・ウェイヴを摩訶不思議に再構築したサウンドに、ソウルフルなヴォーカルをのせた新感覚サウンド。これがクセになるカッコよさ!! 自国ではレーベルメイトmpザ・コーラルと比べられてしまうというズートンズだが、かなりファンキーでヴードゥーなノリを醸し出している。プロデューサーは元ライトニング・シーズのイアン・ブロウディ。 (C)RS



カスタマーレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう
すべてのカスタマーレビューを見る(7)

トップカスタマーレビュー

2010年8月1日
形式: CDAmazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2004年5月16日
形式: CD
11人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2004年6月22日
形式: CD
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2007年8月21日
形式: CD
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2012年11月24日
形式: CD
2005年12月22日
形式: CD
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2004年6月30日
形式: CD
7人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告

この商品のレビューをもっとご覧になりますか?