中古品:
¥200
お届け日 (配送料: ¥330 ): 5月22日 - 24日 詳細を見る
中古商品: 良い | 詳細
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: 中古商品の性質上、折れや破れ、書込み、日焼け、水濡れ跡や若干の汚れなど、一部瑕疵のある商品であっても、お読みいただくのに支障がない状態であれば、販売をしております。また帯や商品内のクーポン券などをお付けできる保証はございません。なお、絵本などの一部書籍は表紙カバーがない状態でも販売している場合があります。シリアルコード、プロダクトコードの使用有無は保証しておりません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


誰がための官僚―「霞が関の逆襲」は始まるか (日本語) 単行本 – 2001/4/1


その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥200
¥199
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

メディア掲載レビューほか

誰がための官僚 「霞が関の逆襲」は始まるか
今年1月、中央省庁は1府12省庁に再編され、新たなスタートを切った。機能不全に陥った官僚機構にメスを入れようと、橋本龍太郎政権が省庁改革に着手してから4年余り。本書はその間の霞が関内部の動きを追ったリポートである。政治主導の確立、縦割り行政の弊害の排除などを目指した改革の実態に迫る。「夕刊フジ」に掲載した連載などをまとめた。

 本書が対象とするのは日本経済の行方に大きな影響を与えてきた旧経済企画庁(現内閣府)、旧大蔵省(現財務省)、旧通商産業省(現経済産業省)、旧運輸省、旧建設省(ともに現国土交通省)である。これら経済官庁が日本経済に残した功罪を振り返りながら、改革前夜の政・官の攻防、省庁間の綱引きなどを関係者の証言をもとに生々しく紹介する。

 一方、各省庁内には、わずかながら新しい道を探ろうとする新型官僚も登場してきた。成長の終焉、成熟社会への移行を明確に意識し、それにふさわしい国家観や社会観に基づいて、新しい行政や官僚機構のあり方を模索しようという動きだ。「平成の革新官僚」と呼べる彼らにも焦点を当て、その考え方や未来像を探る。


(日経ビジネス 2001/05/07 Copyright©2000 ブックレビュー社.All rights reserved.)
-- ブックレビュー社

内容(「BOOK」データベースより)

新たなる胎動・「政治との決別」。省庁再編1500日の間に一体何が起こったのか。「平成の革新官僚」の登場と合わせて描ききる“権力の内幕”。

登録情報

  • 出版社 : 日本経済新聞出版 (2001/4/1)
  • 発売日 : 2001/4/1
  • 言語 : 日本語
  • 単行本 : 416ページ
  • ISBN-10 : 4532163838
  • ISBN-13 : 978-4532163839

カスタマーレビュー

星5つ (0%) 0%
星4つ (0%) 0%
星3つ (0%) 0%
星2つ (0%) 0%
星1つ (0%) 0%
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

まだカスタマーレビューはありません