通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
誰が「都政」を殺したか? 特別対談 小池百合子東京... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 表紙に中程度の汚れ/摩耗. Amazonアウトレットは、Amazon.com グループの一部ですので、Amazon.co.jpが発送やカスタマーサービス業務を行います。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

誰が「都政」を殺したか? 特別対談 小池百合子東京都知事 単行本 – 2017/1/14

5つ星のうち 4.3 7件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,080
¥ 1,080 ¥ 302

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 誰が「都政」を殺したか? 特別対談 小池百合子東京都知事
  • +
  • 誰も書けなかった東京都政の真実
  • +
  • 都政大改革-小池百合子知事&「チーム小池」の戦い (扶桑社新書)
総額: ¥3,456
ポイントの合計: 105pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



『ライフ・シフト』特集
自分の生き方・考え方のシフトで人生が変えられる『ライフ・シフト』と関連作品をご紹介。 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

小池百合子の「改革」の本気度を問う!

新聞・テレビが報じない!
豊洲市場、東京五輪……
「都政」迷走の原点

都議会、都庁という「伏魔殿」に切り込む小池百合子都知事。
18年、都政取材を続けてきた著者。

いまの都政の諸悪の問題とはいったい何なのか?
その問題に、小池百合子氏がどう対峙していくのか?
果たして、都政を「伏魔殿」たらしめたのは誰なのか?

1995年を都政迷走の原点として、都政の「秘史」をあぶりだす。


▼内容構成
◎特別対談 Part 1 都知事の「覚悟」
●第1章 なぜ豊洲問題はブラックボックス化したのか
◎特別対談 Part 2 人を動かす「大義と共感」
●第2章 なぜ東京オリンピック問題は混乱を極めたのか
◎特別対談 Part3 「伏魔殿」のやりがい
●第3章 五輪招致は「カジノ構想」の起爆剤だった
●第4章 2016年東京都知事選挙、敗戦記
●第5章 山積みする都政の課題、その解決策
◎特別対談 Part4 コンセンサスの時代からコンビクションの時代へ

内容(「BOOK」データベースより)

今の都政の諸悪の問題とはいったい何なのか?その問題に、小池百合子氏がどう対峙していくのか?果たして、都政を「伏魔殿」たらしめたのは誰なのか?1995年を都政迷走の原点として、その「秘史」をあぶりだす。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 256ページ
  • 出版社: SBクリエイティブ (2017/1/14)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4797390565
  • ISBN-13: 978-4797390568
  • 発売日: 2017/1/14
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 13 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 294,083位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
ジャーナリストの矜持 あるいはジャーナリズムの本質
そんな事を考えてみるのも今の政治や経済を考える一助だと思うのですよ。

上杉氏を叩きたい勢力がある様であるが、真剣に真実に基づいて叩かないと簡単に返り討ちに
遇うのである。

都政、国政を記者として、秘書として見て来た上杉氏が指摘する日本のメディアの問題点は
すでに種々の著作や媒体で発表されている。
簡単に書けば、クロスオーナーシップの日本メディア、記者クラブという特権階級、そして流行り言葉で言えば忖度するメディア。
徹底的に事実を調べ報道すべきメディアが官庁や政治家そして企業の発表報道の手先として機能している現在を上杉氏や一部のフリージャーナリストが(ほんの一部の大メディア記者も?)孤軍奮闘しているのが現状だろう。

今回の豊洲市場の問題の根源は何処にあるのか?
新国立競技場問題、そして東京オリンピックの数々の問題(ゴルフ場、慶応閥)を歴史的な時間軸で上杉さんが綴っています。
小池知事との対談も面白い(かなり昔からのお知り合いなんですね)

備忘録メモ
都庁記者クラブが正常に機能していれば築地移転問題もここまで深い傷にならなかった
土地を手放したかった東京ガス 
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 39tok トップ500レビュアー 投稿日 2017/5/5
形式: 単行本
 つい、タイトルの答えをここに書いてしまいたいところだが・・・
 豊洲移転問題、オリンピック問題等々、どこまで知ってるの!?と驚いてしまう上杉氏。余り詳しいことまでは存じ上げませんでしたが、その活躍は聞き知っており、自分もどちらかというと応援することもあったと思っています。でも、そうだったんですねぇ。驚くことが一杯でした。正に今、旬の話題満載ですから早めにお読みいただいた方が…今後の事もありますので、という事でしょう。
 
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
本書は対談だけで構成されているのではなく、2/8が対談、4/8が上杉隆氏による東京の問題の指摘とそれに対する主張、1/8が小池百合子東京都知事へのゴマすり、1/8が大手マスコミ批判となっている。

上杉氏は自身の鳩山邦夫議員秘書時代から小池氏と付き合いがあり、そのつながりは本書を読む限り非常に濃密と言える。そのため小池氏は都知事になってから、上杉氏からの様々なアドバイスを採用しているようだ。例えば、山本一郎氏からデマ屋と認定されている森山高至氏を豊洲の市場問題プロジェクトチームの委員に採用したのは、上杉氏の推薦だったように読める。

対談内容において、本書のみが独占的に伝えている内容は少ない。本書で指摘している問題を直接小池氏にぶつけることをしなかったのは、何故なのか。恐らくそれは、非公開の対談で質問しているからだろう。

本書は内容の寄せ集め感が色濃く、Kindle版で1000円は高い。対談の内容に期待せずに、上杉氏の主張の本と思って買うと、勉強にはなる。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
大物政治家の秘書として、雑誌記者として都政についての深い知識を持つ著者は、最近の都知事選に出馬して惜しくも落選した。それは、都政に対する知識を活用して、少しでも還元し、恩返しができたらという純粋な思いがあったからだという。市場の移転問題はオリンピックの開催問題、カジノ構想とセットで考えるべきだと言う。カジノはパチンコ店の大型のように誤解している向きもあるが、総合娯楽施設の中で、カジノが占める割合は低く抑えられているし、パチンコをする層は対象ではない。おもに外国のお金持ちが金を落として都の財政を豊かにするものだと言う。入場料を一万円近くとれば、高額所得者しかやってこないと言う。それでは、わざわざマスコミの発達した日本国内をさけ、外国の既存のカジノを利用している人は、国内では利用しないように思う。ここで金持ちと認定されたり、金の出所を詮索されたり、ギャンブル症として週刊誌にでも載れば、日頃信用のある人ほど困ると思うが、その辺の分析は無い。作者の生立ちの中で、酒女ギャンブルに浪費する、しかも持病のある父のため、高校進学すら大変だったと書くが、政治家の秘書になった経歴からか、カジノ肯定を公言するのはがっかりした。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告