通常配送無料 詳細
残り8点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
読書と社会科学 (岩波新書) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 Lupercus
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 使用感やいたみは少しありますが、中古品としては概ね良い状態です。■Amazon専用在庫につきキャンセルはありません。 ■全品簡易クリーニング済み。 ■通常はポスト投函なので、不在でも受け取れます(但し商品の大きさやポストの大きさによって一部例外あり)。 ■付属品がある場合には、その旨を明記しております。説明に無いものは付属しないものとお考えください。 ■Amazonの登録状況によってはカバーデザインが異なる場合があります。 ■不具合がありましたら対応いたしますのでご連絡ください。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

読書と社会科学 (岩波新書) 新書 – 1985/1/21

5つ星のうち 4.8 13件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
新書, 1985/1/21
"もう一度試してください。"
¥ 799
¥ 799 ¥ 3
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 読書と社会科学 (岩波新書)
  • +
  • 社会科学における人間 (岩波新書)
  • +
  • 社会認識の歩み (岩波新書)
総額: ¥2,440
ポイントの合計: 75pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



Amazonランキング大賞2017上半期 本
やせるおかずの柳澤英子さん、白石麻衣さん、にしのあきひろさん、諫山創さんからの受賞コメント付き 和書総合ランキングTOP20へ

登録情報

  • 新書: 288ページ
  • 出版社: 岩波書店 (1985/1/21)
  • ISBN-10: 4004202884
  • ISBN-13: 978-4004202882
  • 発売日: 1985/1/21
  • 梱包サイズ: 17.2 x 10.6 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 13件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 146,612位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
大学時代にこの本を読んだ私は、内田義彦という人のあまりの凄さに
感動がこみ上げるのをおさえることが出来ませんでした。

「こういう本を読んだ方がいい」とかいう、ありふれた読書論は世の中に数多いが、
この本はそういった類の本とは、まったく一線を画します。
「本とはこういうふうに読むべき、こういうふうに読んでは身にならない」という
「正しい読書の仕方」を教えてくれる本です。

「えー!本なんて自分の好きなふうに読めばいいじゃん! 読書に正しいも間違ってるもないだろう?」
という方も多いかもしれません。
しかし、考えてみてください。

スポーツでも音楽でもあるいは仕事でも、正しい練習を積めば才能を伸ばしていけるが、
誤った練習をすると努力をしてもなかなか成果が出ない。
それどころか才能を殺してしまう場合もある。
どんなことにも「正しいやりかた」というものがあるはずです。

私が最近学んだことは「歯磨き」にも正しい磨き方・身にならない磨き方があるということ。
正しい磨き方をしなければ、いくら毎日まじめに歯磨きをしていても
歯垢がたまり、あの地獄のような(笑)歯の治療を受けなければなりません・・
...続きを読む ›
コメント 31人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
大学入学時に買ったムックにこの本が紹介されてあったのを最近思い出して、入手して読んでみた。ここ最近本を多く読むようになった自分としては、読書という実践で得られる効果や読書という体験についての考えが自分なりに浮かんではいたのだが、この新書ではそんな考えに一つの道筋をつけてくれるものだった。
 著者は、本を読んでも本に読まれるなと説く。その言葉には、読書という行為が優れて体験的なもので、読み手側の意志や意識が弱ければ、読み手はすぐに著者の主張に自分の考えを乗っ取られてしまうという洞察がある。実際に社会科学の著作を読み出すと、著者の主張は読み手を強く支配しようとするもので、読み手側が常に著者の主張に一定の距離を取れていないと、理論の向こう側にある著者の隠された価値判断や予断に気づくことが出来ず、その主張を、なぜそんな主張が形成されたのかを理解しないまま宗教上の信者のようにその意見を絶対化してしまうことになる。この新書では、そんな風にはならないために、著者の主張を仮設的に信頼して、読み手である自分の判断も信頼して読むこと、そのふたつの態度を併用することで著作上の考え方を自分なりに現実に適用できるようになる、といっている。この言い回しの微妙な感じをより確実にする為には、出来るだけ違う著者、または違う分野の古典作品を読むことが、自分なりの仮説を作る際に重要だともいっている。確かに、い
...続きを読む ›
コメント 27人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
 歴史や倫理で習った世界史に残る知識人・思想家たちの本は、どうにも難しくて読む気になれない。あの、重々しい文体や小難しい「概念」、読みやすさを考えていないような構成など、見ただけでウンザリしてしまう。一体、社会科学っていう学問は、日常生活とどう関係しているの?などといった疑問を持つ方にこそ、オススメしたい本です。
 社会を見る見方をより深め、今起こっている社会の変化とその意味をより深く知ろうとしたときに、「古典」といわれる社会科学の本が我々の「目」を鍛えてくれる、著者はそういいます。偉大な思想家たちが様々な労苦を重ねながら「世のなかの動き」を捉えようとしたその姿勢を、軽快な語り口で説明しながら、その姿勢を我々が合点のいくような形で再現してみせてく!れ!るのがこの本の最大の特徴です。
 大切なのは、自分の実感にあった形で、自身の経験とともに本と取り組み、その意味を読み解くことであって、それによって自分の考え方を鍛え、そして練り直していくことにある。歴史的な思想家たちが築き上げた「思想」の本質を、自身の体験を交えて、身につけてみる。そういった読書体験を通じて、社会の見方が変化すると同時に、社会へ向かう姿勢をも変化してしまう。社会科学の本の読み方を伝授してくれると同時に、自身の社会へ向かう姿勢をも改めて問い直す、そんなきっかけを与えてくれます。
 本当に身になる本の読み方を体験するためにも、是非ご一読をオススメしたい一品です。
コメント 42人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
著者が本書で訴えていることは、「自分の頭で考える」ことの大切さである。私の考えでは、誰にでも独自の思想の体系というものはある。それをどれだけ的確に把握できているかはともかく、どんな人にでも自分だけにとって切実な原問題群があるはずだ。

そして自分のなかに問題意識の樹木があるとしたら、読書をすることは、その樹木に新たな葉あるいは枝を増やしていくことでなければならない。同じことを、ショーペンハウエルは「読書をすることが、人に代わりに考えてもらうことになってはいけない」と表現している。樹の幹そのものまで誰かの本から密輸してしまっては、何にもならないのである。

そして本書のタイトルからも伺えるように、社会科学をやる上ではそうした姿勢が極めて重要なのである。たとえ世間の考えからは外れていたとしても、ものごとを自分の眼で見、追究していくこと。それのみが社会科学の発展を可能にする。そうした姿勢を持っている人には、先に入門書を読んでから古典に取り組み、入門書に書いてあったことを確認して分かった気になる…といったような読書の仕方はありえないだろう。

社会科学を始める上での心構えを教えてくれる、良い本だと思う。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー