通常配送無料 詳細
通常1~4週間以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: カバーや本体に使用感(傷や折れ跡、ヤケ等)がある場合があります。比較的状態の良いものを販売していますが、扱い商品が多いため見落としの可能性もあります。万一商品のコンディションに納得いただけない場合はすぐに対応させて頂きますので評価の前にご連絡下さい。尚、ゆうメールでの発送になりますので基本的に郵便受けへの投函となります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

読書こそが人生をひらく―「少」にして学び、「壮」にして学ぶ 単行本 – 2010/8

5つ星のうち 4.7 3件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,512
¥ 1,512 ¥ 300

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 読書こそが人生をひらく―「少」にして学び、「壮」にして学ぶ
  • +
  • 先知先哲に学ぶ人間学
総額: ¥3,240
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

「本」という「器」を愛せよ!師弟対談。知の巨人・渡部昇一氏と麗澤大学学長・中山理氏が語る読書の喜びと充実した人生の築き方。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

渡部/昇一
昭和5(1930)年、山形県に生まれる。昭和30年、上智大学大学院西洋文化研究科修了後、独ミュンスター大学、英オックスフォード大学に留学。Dr.phil.,Dr.phil.h.c.(英語学)。上智大学教授を経て、上智大学名誉教授。昭和51年、第24回エッセイストクラブ賞、昭和60年、第1回正論大賞受賞

中山/理
昭和27(1952)年、三重県に生まれる。上智大学大学院英米文学専攻博士後期課程修了。エセックス大学、エディンバラ大学留学。現在、麗澤大学学長。博士(上智大学・文学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 269ページ
  • 出版社: モラロジー研究所 (2010/08)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4896391888
  • ISBN-13: 978-4896391886
  • 発売日: 2010/08
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 12.8 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 275,046位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
渡部昇一氏・中山理氏(麗沢大学長)の対談録である。

渡部昇一氏は65歳の時、退職金のほぼ全額(三千五百万円弱)をはたいて「カンタベリー物語」初版本を落札。六千万円までは入札しようと思ったそうだ。知の巨人と云われている渡部昇一氏、その片鱗を垣間見たエピソードである。

本の内容はというと、両氏の専門がそれぞれ西洋文化、英米文学であることから、海外の世界的名著が題材かと思われたが、日本の神話に始まり、古事記、日本書紀、孔子や孟子などのシナ古典、皇室の権威、東京裁判等の歴史的解釈、南京大虐殺の真相、武士道にいたるまで、良い意味で予想を裏切られる内容であった。あまりの博学多才さに鳥肌を立てながら、夢中で読みふけってしまった。

渡部氏が大学時代に「社交性がない」という理由でアメリカ留学の選考に落ちたとき、本物のマナーと社交性を学ぶ為に読みふけった本(チェスタフィールドの息子への手紙)と、中山氏が大学院生の時に教授に薦められた本が同じであったことなど、両氏の知識背景はかなり近いのだろう。幅広く底の浅い議論ではなく、知識背景が近いからこその(師弟対談らしい)底の深い議論がなされている。普通、本を読んだ後は知識の補充により、多少なりとも満足感が得られるのであるが、今回はかなり自信喪失。「壮」にして学ぶことの大切さを知った。
...続きを読む ›
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 今年は電子ブック元年とか言われているが、手元において何度も読み返す愛読書があることは幸せである。まだ、そんな愛読書に出会っていない、あなたにおすすめなのが本書。

 テレビで、うんちく芸人が脚光を浴びているが、これは本にまつわる知的なうんちくで、中味は本物。古今東西の名著が紹介されているので、読めば視野が広くなることは間違いない。

 「日本人には、日本が足りない」といった、老舗旅館の青い目の女将にもおすすめ。古事記や万葉集から始まって、日本の心、精神について、その真髄にふれることができる。

 一番、喜ぶのは、書店でないだろうか。本という器を愛せよ、とは書店に対する殺し文句でもある。本書で紹介されている本を読んでみたくなるので、書店も大喜びだろう。

 少しほめすぎたかな。読書家と自負する人も、この二人に挑戦するつもりで読んでみるのもいいかもしれない。私の得意分野のことで、完全に凌駕されたが、それも心地よいものである。
コメント 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
日本の皇室の権威はいかに備わってきたのか。中山氏の言われるように国家の安寧を祈り国民の幸福を願う高邁な道徳の実行によるものと思われる。日光東照宮や春日神社は豪華絢爛であるが、伊勢神宮は白木に茅と実に素朴である。どんなに栄えた時でもそれ以上に豪華にしようとはしない。家来は豪華でもトップは素朴というのは、いかにも日本的といえる。日本の皇室は明治維新時の慶喜の扱いに見られるように歴史的に天皇家に帰順する者は迫害しないという慈悲心を持っている。トインビーはかって日本の神道に超宗教性(すべての宗教が根本的に統一されている)を感じた。

歴史観、神話に触れる意義、読書論などについて縦横無尽に語りつくす。渡部氏はもとより、中山氏の言説も冴え渡る。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告