中古品
¥ 799
+ ¥ 350 配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【商品説明】この商品はコンディション3(良い)の商品です。状態は良好ですが、万が一不備があった場合は、迅速にご返金させて頂きます。※全品クリーニングの後、防水梱包にて、ご発送させて頂きます。Amazon専用商品。m1349
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

説得の技術としての経済学―政策決定と経済学者 単行本 – 2008/6/25

5つ星のうち 3.0 2件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥ 799
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容紹介

経済学の発想で日本の政策決定メカニズムを眺めてみよう──小泉内閣に参画し、政治の舞台裏を熟知した著者による、新しい経済学入門。

経済学は拝金主義でも格差容認主義でもない。社会をゼロサムで考えてはならないと説き、意図せざる結果が生まれてしまうメカニズムを考える、知性的「発想法」だ。複雑な日本の政策決定も、経済学的発想法ですっきり理解できる。経済学者の見た「中央集権」日本──それは「中央分権」だった。経済学理解にむけたトレーニングブック。

内容(「BOOK」データベースより)

経済学の発想法で、日本の政策決定メカニズムを眺めてみよう。小泉改革にも参画し政治の舞台裏を体験した著者による、「中央分権」国家、日本論。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 227ページ
  • 出版社: 勁草書房 (2008/6/25)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4326550597
  • ISBN-13: 978-4326550593
  • 発売日: 2008/6/25
  • 梱包サイズ: 19.8 x 13 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,274,357位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

2件のカスタマーレビュー

5つ星のうち3.0

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

2件中1 - 2件目のレビューを表示

2013年2月22日
形式: 単行本Amazonで購入
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2015年10月15日
形式: 単行本