通常配送無料 詳細
残り7点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
語源でわかった!英単語記憶術 (文春新書) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 2010年第15刷発行。ご検討ありがとうございます。 ※即日発送致します!!  表紙カバーに微擦れ、角ヨレがありますが、 本の中身は書き込み、線引きもなく、非常に読みやすいです。 スタッフがOPP袋に入れて防水対策もした上で丁寧に梱包し、速やかにお届け致します。検品時に商品状態を確認しておりますが、万が一書き込み、ページ折れなどがございましたら、その場合評価をくださる前にご連絡いただければ、きちんと対応させていただきます。 ☆安心のお買い上げを! Store branch of 京都
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

語源でわかった!英単語記憶術 (文春新書) 新書 – 2003/1

5つ星のうち 4.1 20件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
新書
"もう一度試してください。"
¥ 778
¥ 778 ¥ 229

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 語源でわかった!英単語記憶術 (文春新書)
  • +
  • 語源の音で聴きとる! 英語のリスニング (文春新書)
  • +
  • 新編集 語源とイラストで一気に覚える英単語
総額: ¥3,176
ポイントの合計: 99pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

100語の語源がわかれば英語は簡単!
聞く英語、話す英語となると、なぜ日本人はダメなのか? 日本人の語学不得手説を根本からくつがえす語源からの画期的な英語学習法

内容(「BOOK」データベースより)

日本人は、聴く英語となると、なぜうまくゆかないのか。また、英単語を丸暗記しても、なぜすぐに忘れてしまうのか。どうすれば、この問題を乗りこえることができるのか。これが本書の主題である。著者の提案はただ一つ、「語源にもどれ」である。しかも、たった一〇〇語程度の語源を覚えれば、日常的に必要な英単語のほぼ八割を系統的に把握できる。そして、覚えた英単語の語源が耳に響くようになれば、「聴く英語」まであと一歩だ。さあ、「山並メソッド」で、もう一度、やさしい英語にトライしてみましょう。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 253ページ
  • 出版社: 文藝春秋 (2003/01)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4166602969
  • ISBN-13: 978-4166602964
  • 発売日: 2003/01
  • 商品パッケージの寸法: 17 x 10.8 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 20件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 9,096位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 新書 Amazonで購入
語源がわかれば、発音の方法まで理解できそうな気にさせてくれる一冊です。最初は図書館から借りて読みました。ノートに自分なりに図解しているうちに貸出期間があっという間に来てしまい、それならばと購入しました。なんでそう発音するのかがわかる本です。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ひであきさん トップ1000レビュアー 投稿日 2013/10/16
形式: 新書 Amazonで購入
英単語を深く理解するために、接頭・接尾・語幹と分解して、
理解する試みが多くの本でなされています。
それらの本の場合、多くは接頭、接尾、語根などはそれぞれ並列扱いなんですね。

しかし、それでは、たとえば接頭接尾語根に分解したものが、それぞれが意味を複数有する、
多義語もある。逆にいろいろな接頭等が共通した意味を持ったりする。
なので、接頭接尾語幹からの、単語理解への攻めも、あまり上手くいかないのが実情。
「あれもある、これもある」になりすぎるためです。

そこで登場するのが、この本。
この本は、わかりやすく語源の流れがわかる本です。
類書が少ないので、非常に貴重です。

この本では、語根等の変形派生の過程を歴史的変遷とともに説明していきます。
そのため語根が並列関係でないことが見えてきたり、多義語を持っているその必然性を
理解したりできるようになります。
.

さて、この本のすばらしさを説明するため一つ実例を上げましょう。
capital(資本、大文字、首都)という単語。
意味の出所として、「資本」と「首都」がどうしてもつながらない、不思議な単語です。
これは実はkabが大
...続きを読む ›
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
昔、宝島ムックの「道具としての英語」で、
単語を分解すれば、英単語の意味がわかることに
感激したことがあります。

この本には、さらに深く掘り下げ、広く展開した、
著者の長年のノウハウが惜しみなく詰め込まれています。

多少理屈っぽく、説教じみた、思い入れもあり、
癖がありますが、そこがまたほほえましいです。

エキスが詰まっているので、何度も読み返したり、
自分で整理しなおすと、ありがたみがわかってくるでしょう。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Edgeworth-Kuiper-Belt 殿堂入りレビュアートップ10レビュアー 投稿日 2010/4/19
形式: 新書 Amazonで購入
英単語と語源を結びつけているものは、学習用の教材にもちらほらと散見される。和書にもあるし、洋書にもある。本書は、学習用のように重くとりくむというのではなく、読み物として割り切って読めるという点で良い。

しかし、この本は英語の本なのにタテ書きなのである。日本語の説明の中に1つか2つ英単語が混じっているくらいなら、それほど大きな問題はない。しかし、まとめて英単語が登場する箇所や、例文はひどく読みにくい。たまらず、何度も本を横にして読んだ。読み進めるにつれてストレス指数が上がった。

日本語はタテ書きでも横書きでも書けるし読める、ある意味でふところの深い言語だ。しかし、英語はそうではない。こんなことをしてはダメである。最初から横書きで出版すべきだった。
2 コメント 103人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 道端 VINE メンバー 投稿日 2015/1/31
形式: 新書
読むべきかどうかに関して、非常に大きな手がかりとなると思われるので、少々長くなるが、前書きを引用させてもらうことにする。

 大和ことばで書かれている古文や地方の方言は、何度か聴いていると、やがて意味がわかってくる。言葉を覚えはじめる頃に、母親や周囲から聴きとって、意味と一体に耳に定着した音が耳の底に響き、自然に原義を伝え、意味を伝えるからだ。英語と英語国民の耳もこれと同じである。原音はひとつの単語が全体として伝える音ではない。たとえばliableは、単音節のliやableが原音であって、それぞれがその語源と原義を伝えている。
 英語を聴きとるには、語順や文法にこだわる前に、言葉を深いところでつかむことが大切だ。そのためには、原音を聴きとったときに、その原義が響くことが鍵である。そこからさきは、人間には文法をこえて意味を理解する先天的な能力がそなわっているから、国語を聴くのと同じように意味を取ることができる。(引用終わり)

とのこと。リスニングにも絶大なる効果があるらしい。私のような薄っぺらい知性・言語能力しか持たない者には、その実感が日本語にすら持てていない。そういうわけで、私はこの本の対象でないようなのだが、中学生時代から英語力がそれなりに備わった現在に至るまで、何となく引っかかっていた語源による語彙力増強というものに諦めがつ
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー