Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 712

¥ 87の割引 (11%)

(税込)
ポイント : 6pt (0%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[石黒 圭]の語彙力を鍛える~量と質を高めるトレーニング~ (光文社新書)
Kindle App Ad

語彙力を鍛える~量と質を高めるトレーニング~ (光文社新書) Kindle版

5つ星のうち 4.0 21件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 712
新書
"もう一度試してください。"
¥ 799 ¥ 974

商品の説明

内容紹介

話す時、書く時、「もっと語彙力があれば」と思う人は多いだろう。しかし語彙力のある人というのは、ただ単に「知っている言葉の数が多い人」ではない。「文脈に合わせて適切な語を選択する力を持った人」なのだ。本書では語彙というものの中身についてよく知った上で、語彙力を「量」と「質」の両面から強化する22のメソッドを紹介。脳内の辞書を豊かにし、使用可能な語彙を増やし、それを効果的に表現に活用する方法を解説する。

出版社からのコメント

語彙力で、知性と教養を磨け! !
ベストセラー『文章は接続詞で決まる』の著者が伝授
“脳内の辞書"を豊かにするための「22のメソッド」


◎内容

話すとき、書くとき、「もっと語彙力があれば……」と思う人は多いだろう。
すらすらとよどみなく、豊富な言葉を駆使している人を見れば、
「よほどの量の勉強や読書をこなさなければ、ああはなれないのだろうか」と感じ、
自分との歴然とした差にヘコむ人もいるかもしない。

しかし、語彙力のある人というのは、
ただ単に「知っている言葉の数が多い人」ではない。
「文脈に合わせて適切な語を選択する力を持った人」なのである。

本書では、語彙というものの中身についてよく知ったうえで、
語彙力を「量」と「質」の両面から強化する22のメソッドを紹介。

脳内の辞書を豊かにし、使用可能な語彙を増やし、
それを効果的に表現に活用する方法を、豊富な実例を交えて解説する。


◎目次

はじめに 言葉が思考を規定する

第一章 語彙についての基礎知識

(一)語彙について考える
(二)理解語彙と使用語彙

第二章 語彙の「量」を増やす

(一)類義語を考える
(二)対義語を考える
(三)上位語と下位語を考える
(四)語種を考える
(五)文字種を考える
(六)書き言葉を考える
(七)専門語を考える
(八)方言を考える
(九)新語と古語を考える
(十)実物を考える
(十一)語構成を考える

第三章 語彙の「質」を高める

(一)誤用を回避する
(二)重複と不足を解消する
(三)連語の相性に注意する
(四)語感のズレを調整する
(五)語を適切に置き換える
(六)語の社会性を考慮する
(七)多義語のあいまいさを管理する
(八)異なる立場を想定する
(九)語の感性を研ぎ澄ませる
(十)相手の気持ちに配慮する
(十一)心に届く言葉を選択する

あとがき/参考文献/索引

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 3129 KB
  • 紙の本の長さ: 174 ページ
  • 出版社: 光文社 (2016/5/20)
  • 販売: 株式会社 光文社
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B01GR89GYO
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 21件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 2,963位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 新書 Amazonで購入
比較的一般的な話が書いてあるように思いました。初歩的なところから汲み上げているので丁寧です。笑ったのは対義語の話ところです、言語学出身の人には面白い本です。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
実例が多く、参考になりました。
量だけではなく、質が重要との言葉に気づきがありました。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
石黒日本語の基本です。量が質を規定するという原則は、ここでも生きていますね。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
私の仕事では語彙力は必須である。しかし、仕事を始めてから使える語彙の不足を感じ、新聞を熟読するようになった。そのおかげか、最近は思いつく表現や単語が増え、自然な日本語を書けるようになってきたと思う。

しかし、新聞だけでは足りないとも感じている。それが、この本を読もうと思った動機である。

前書きによると、本書は語彙の量を増やし、それを高い精度で使えるようにトレーニングをするという。なかなか期待させられる。

まず、語とは内容語と機能語に分かれており、内容語は名詞、動詞など、機能語は助詞、接続詞などである。機能語を使う能力は文法力であり、これは日本語ネイティブなら自然に身についている。内容語を扱う能力は語彙力と呼ばれ、この本で扱うのは語彙力のほうである。

語彙力には理解語彙(認識語彙とも言えます)と使用語彙がある。理解語彙は常に使用語彙よりも多く、インプットした理解語彙が使用語彙になっていくので、語彙力を高めるには多読によって理解語彙を増やすのが有効である。・・・と、ここまでは当たり前であるが、何か使用語彙を増やしたり、語彙選択の際の精度を上げるのにいい方法があるのだろうか?と思いながら読み進めた。

第2章からは、語彙の「量」を増やす方法について説明していく。「類義語」、「対義語
...続きを読む ›
コメント 62人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
元々はキャリアコンサルタントの論述、面接試験のために購入しましたが、日常生活でも役立っています。ズバリ、賢く見られます!話の途中に、今までとは違った表現が知らず知らずに出てきて、感心されたりします。これからもこの本、その他を読んで、自らの知識、語彙力をUPさせていこうと思います。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
語彙が多ければいいよね、ということを書いてあるだけ。
ネットの情報レベルかな。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
語彙についての内容であり、文献の引用も多く、
前半の第二章はややとっつきにくく感じると思われる。
「結局、本を読んだり情報に触れるしか、
 語彙を増やす方法はないのではないか?」
しかし、後半の第三章、”語彙の「質」を高める”を読み、
その考えが間違っていることが分かった。
語彙についての意識を高めることで、
新しい言葉を覚えやすく、忘れにくく、また使いやすくなる。
本書にはその方法が示されている。
第二章も振り返ってみれば、その効果を上げるために
語の分類を丁寧に行っていたことに気付いた。

本書の狙いはあとがきに書かれているが、著者は
近年、世間で語彙の質の低下が見られていることに危機感を抱いている。
本書がその一助となることを願う。

p222~231は、敬語の使い方の、高度なもの、誤りやすいものについてで、
これほどの内容がこれだけコンパクトにまとまっているものは珍しい。
敬語に興味がある人はここだけでも読んでみて欲しい。
コメント 43人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
具体的トレーニング法が書いてないという指摘があるが、「こういうトレーニングをしましょう!」などと小見出し付きで丁寧に書かないと、新書を手にする人を納得させることはできないのか、少し悲しくなる。「トレーニング」という言葉に惹かれて本書を手にする人からすると、この本はアカデミックすぎるのだろう。その意味では「日本人の知性が危ない!」といえるかも。(笑)ただ、書名をつけた(おそらく)編集部にも責任はあろうが。

「語彙の縦方向のネットワーク」などをみると、こういう概念地図を利用して語彙力増強ができないものかと思案した。特に外国語。こういった概念図にもっとも適しているのは名詞だろう。特に学術専門用語。専門語中心に語彙力を形成するという視点は、齋藤孝のような「文学者憧れ」系の教養論者は思いもよらない話だろう。

本書を読んで改めて認識したのは日本語のコロケーションの面倒臭さである。留学生からすると「服を着る」「ズボンを穿く」「靴下を履く」の違いが理解できない。穿くと履くが違うというのは日本人の私も知らなかった。「帽子を被る」「眼鏡をかける」英語だとどちらもwearないしput on

多義語も面倒だ。中国人に「愛と真理(まり)」という人物が登場する「いもうと」という文を読ませたら、「愛と真理」に関する哲学的文章として読んだとか「ケー
...続きを読む ›
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover