通常配送無料 詳細
残り4点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
認識・TAIWAN・電影 映画で知る台湾 がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 御来店頂きありがとうございます。感謝いたします。■【カバー】細かいすれきず、よれがありますが、汚れ等無く見た目きれいで良好です。帯はありません。■【本】書き込み、折れ、汚れ、開き癖無く良好です。■【商品発送】中身が見えない特約ゆうメールでのお届けになります。アルコールクリーニング、防水パック、プチプチ(緩衝包装材)にて厳重梱包後、20:00までの御注文は翌日の午前中に発送いたします。(20:00以降の御注文は土、日、祝日は翌日の午後発送、平日は翌々日の午前中になります。)追跡コード、速達便はございません。■【返金保障】万が一商品に不具合がございましたら、100%返金保障いたしますので安心して御注文願います。商品に不具合がございましたら評価される前に御連絡ください。お客様の御負担無きよう誠心誠意対応いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

認識・TAIWAN・電影 映画で知る台湾 単行本(ソフトカバー) – 2015/2/1

5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,728
¥ 1,728 ¥ 1,277

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 認識・TAIWAN・電影 映画で知る台湾
  • +
  • 父の初七日 [DVD]
  • +
  • 海角七号/君想う、国境の南 [DVD]
総額: ¥3,582
ポイントの合計: 52pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

映画から見えてくる台湾社会の現実

急速に活気を取り戻す台湾映画。本書は朝日新聞元台北支局長が映画という窓を通して台湾を覗き込んだ「台湾論」である。「日台」や「外省人」「格差」など、今の台湾社会を映し出す映画を紹介しながら、台湾社会のトレンドや現実を、監督や俳優のインタビューを交えながら描き出す。

内容(「BOOK」データベースより)

ガイドブックではわからない素顔の台湾。美しい風土に積み重ねられた複雑な歴史、豊饒な文化、多様な社会と人々の息づかいをあますところなく伝える台湾映画を紹介。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 288ページ
  • 出版社: 明石書店 (2015/2/1)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4750341193
  • ISBN-13: 978-4750341194
  • 発売日: 2015/2/1
  • 商品パッケージの寸法: 18.6 x 13 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 340,498位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
1
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 lintai 投稿日 2015/5/7
形式: 単行本(ソフトカバー)
『海角七号』以降、魏徳聖監督作品は『セデック・バレ』『KANO』と日本公開されているが、他にも台湾で佳作が続々と生まれていることは、なかなか伝わって来ない。本書で勤勉な朝日の特派員が2007年から14年までの台湾映画を日本語で紹介してくれた。未公開作品も現在ではDVDで見られるので、大変参考になる。興行関係のみなさんが、これを見て、どんどん輸入公開してくれることを心より願うものです。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック