¥2,750
通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
認知言語学 基礎から最前線へ がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

認知言語学 基礎から最前線へ (日本語) 単行本(ソフトカバー) – 2013/10/1

5つ星のうち5.0 2個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
¥2,750
¥2,750 ¥2,177
お届け日: 9月23日 - 24日 詳細を見る
最も早いお届け日: 明日
22 時間 43 分 以内に注文した場合.
詳細を見る
click to open popover

よく一緒に購入されている商品

  • 認知言語学 基礎から最前線へ
  • +
  • 認知言語学とは何か ―あの先生に聞いてみよう
  • +
  • 認知言語学
総額: ¥8,690
ポイントの合計: 87pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

著者について

森雄一(もり ゆういち) 東京大学大学院人文科学研究科博士課程退学.茨城大学を経て,現在,成蹊大学文学部教授. [主要業績]『ことばのダイナミズム』(共編著,2008,くろしお出版),『学びのエクササイズ レトリック』(2012,ひつじ書房),「悪文のレトリック」(2009,『表現研究』90),「認知言語学と日本語」(共著,2009,『日本語学』28-4),「明示的提喩・換喩形式をめぐって」(2003,『認知言語学論考 No.2』ひつじ書房) 高橋英光(たかはし ひでみつ) 北海道大学大学院文学研究科博士課程単位取得退学.現在,北海道大学大学院文学研究科教授. [主要業績] A Cognitive Linguistic Analysis of the English Imperative: With Special Reference to Japanese Imperatives (2012,John Benjamins,第46回市河賞受賞),『言葉のしくみ 認知言語学のはなし』(2010,北海道大学出版会),「指示語の理解:英語のitとthat」(2004,『認知コミュニケーション論』大修館書店),Indirect Anaphors: Definiteness and Inference (1997,Leuven Contributions in Linguistics and Philology 86-1/2)

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

森/雄一
東京大学大学院人文科学研究科博士課程退学。茨城大学を経て、成蹊大学文学部教授

高橋/英光
北海道大学大学院文学研究科博士課程単位取得退学。現在、北海道大学大学院文学研究科教授。主要業績、A Cognitive Linguistic Analysis of the English Imperative;With Special Reference to Japanese Imperatives(2012、John Benjamins、第46回市河賞受賞)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

  • 発売日 : 2013/10/1
  • 単行本(ソフトカバー) : 272ページ
  • ISBN-10 : 4874245951
  • ISBN-13 : 978-4874245958
  • 出版社 : くろしお出版 (2013/10/1)
  • 言語: : 日本語
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち5.0 2個の評価