通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
認知症になった私が伝えたいこと がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【状態良好】 【書き込みなし】 ◇◆amazon専用在庫◆◇ 目立ったイタミ・キズ等なく、良好な状態です。検品には万全を期しておりますが、万一見落とし等ありましたらメールにてご連絡下さい。迅速に対応いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

認知症になった私が伝えたいこと 単行本 – 2014/11/20

5つ星のうち 4.7 17件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,728
¥ 1,728 ¥ 990

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 認知症になった私が伝えたいこと
  • +
  • 認知症の私からあなたへ 20のメッセージ
  • +
  • 認知症の人たちの小さくて大きなひと言  〜私の声が見えますか?〜
総額: ¥4,860
ポイントの合計: 74pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

「認知症になったら何もわからないという偏見をなくしたい」――2005年、51歳のときに若年性アルツハイマー型認知症の診断を受けた佐藤雅彦さんは、心の葛藤や日常生活の困難に対峙しながらも、前向きな生き方を模索してきた。本書は佐藤さん自身が、当事者としての不安や悩み、生活上の障害などを詳しく語り、認知症になっても人生をあきらめる必要などないことを、力強く訴える。(解説:永田久美子[認知症介護研究・研修東京センター])

著者について

1954年岐阜県生まれ。中学校の数学教師を経て、システムエンジニアとして活躍。2005年、51歳のときに若年性アルツハイマー型認知症の診断を受け退職。ヘルパーなどの助けを借りながら、現在もひとり暮らしを続けている。趣味は写真、旅行など。認知症について啓発するための講演活動もおこなっている。認知症当事者の会「3つの会」代表。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 207ページ
  • 出版社: 大月書店 (2014/11/20)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4272360825
  • ISBN-13: 978-4272360826
  • 発売日: 2014/11/20
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 13 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 17件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 109,433位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
認知症になるとはどういうことなのか。それが51歳だとしたら・・・。ご本人しか書けないディテールが満載。最初の異変は1987年のこと。突発性難聴になり、医師からは働きすぎのせいだと言われた。次の異変は1999年。会議の議事録が書けなくなったのだ。異変が決定的になったのは2005年。アルツハイマー型認知症の診断を受けた。そのころの佐藤さんのメモは凄い。銀行から自分で引き出した記憶がない、信号が赤なのに渡ろうとする、「やさい」という漢字が書けない・・・・。しかし、そこから佐藤さんは這い上がっていくのだ。花の写真を撮りながら気づく。花もまた一生懸命に生きている・・・。佐藤さんは、認知症になったあと、SNSを駆使するようになる。記憶の障がいを補うため、外付けのハードディスクを備え、さまざまなひとのネットワークを構築するのだ。そのようすは圧巻である。いちばん感動するのは、佐藤さん自身が、認知症に対して偏見を持っていたと気づくところだ。自分の中の偏見を乗り越える、なんとすごいことだろう。この本は、すべてのひとに、人間のすばらしさ、可能性を伝える希望の書だと思う。佐藤さん、そして解説の永田久美子さん、ありがとう。
コメント 114人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
佐藤雅彦さんはアルツハイマー型認知症であるご自身が考えておられることを私たちに提供してくださいました。病気の内容から考えると、それがいかに大変な作業であったことか、私には想像することもできません。心からの感謝とともにこの書籍を知った自分が次の一歩をどうやって踏み出していけるかをしっかり考えたいです。
コメント 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
「認知症の人と家族を支える会」(高槻市)の代表をしています。
これまで、介護する立場の人々の話や講演には、数多く接してきましたが、
ご本人が直接書いた書物に接するのは初めてです。
まさに「目からウロコ」の内容で、関係するする多くの人に読んでいただきたいと
思います。
コメント 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
認知症に関して正しく知る上では、認知症患者の方が書かれ本を読むのが早道。
その意味で、眼からウロコの知識を多く得ることができ本当に参考になりました。
たとえば、同時に二つのことができない例として、TVを見ながら食事すると食事を味わえないし、TVの内容も頭に入らないと説明されています。
それにも関わらず、認知症患者の収容施設などで食堂にTVを付けた状態で食事する例が多い様で、そんな状態では食事を食べにくいはずと指摘されている点など、実に適切で鋭い指摘だと感心しました、
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
年をとって、忘れっぽくなった自分が心配になる。
親に認知症になってほしくないという惧れ、自分がいつか、認知症になるのでは?ーという、不安。
認知症になると、人としての尊厳を失ってゆくのではないかーという不安感があった。
すばらしい本だった。佐藤雅彦氏がすばらしい。
偉人伝は、後世に名を遺す人たちのように思っていたが、
人としてすばらしい人とは、困難に出会った苦しみをうけとめ、自ら考えて、希望を持って未来にチャレンジして行くこと、
ほかの人の苦しみを自分のことととらえ、ともに助け合ってゆくこと。
NHKの番組もよかったが、本を読むことで、さらに、佐藤雅彦氏という人の素晴らしさを
淡々と日々を大切に、真摯に生きる人として、感じることができ、学ぶことができると思う。
傷を負いながら、ともに助け合って生きてゆける人という種は、とてもすばらしいと思う。
ありがとうございます、佐藤雅彦さん。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
認知症は、まだ日本では認知症患者本人の
気持ちを軽視し、ただ怪我がないこと、
命を長くするだけに注視していることが
わかる。

初期の認知症患者へ本人の目もみず、まともに
説明もしない専門医対応の改善が早急に求められる
ことを感じた。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
認知症本人のこころとからだのことがいろいろ書かれていて、認知症の母のことを、少し理解できた気がします。生活の知恵にも驚かされました。どんどん増えていく認知症患者。私もそのうち、と思います。認知症であっても、本人も周りも幸せに生きていける日本のこれからのために、ますますのご活躍、期待しています。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー