通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
認知症と長寿社会 笑顔のままで (講談社現代新書) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

認知症と長寿社会 笑顔のままで (講談社現代新書) 新書 – 2010/11/18

5つ星のうち 4.7 13件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
新書
"もう一度試してください。"
¥ 821
¥ 821 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 認知症と長寿社会 笑顔のままで (講談社現代新書)
  • +
  • 痴呆を生きるということ (岩波新書)
  • +
  • 認知症とは何か (岩波新書)
総額: ¥2,462
ポイントの合計: 50pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

本書は、信濃毎日新聞連載のルポルタージュ「笑顔のままで 認知症―長寿社会」(2010年1月3日~6月29日)を書籍化したものです。長野県内を中心に、認知症の本人や介護する家族、介護施設の受け入れ、医療と研究の現場、高齢者を包み込む地域の取り組みなどの現状を77回にわたって報道し、連載中から大反響を呼びました。
新聞協会賞(編集部門)はじめ、JCJ(日本ジャーナリスト会議)賞、ファイザー医学記事賞大賞、日本認知症ケア学会・読売認知症ケア賞特別賞を受賞、「実名報道に徹した取材手法と平易な文章で紹介した連載は、認知症に対する価値観を転換させ、読者に共感と勇気を与えた」(新聞協会賞選評)と高く評価されました。


<著者からのメッセージ(本書「プロローグ」より)>
私たちも、この病気をどこまで理解しているのだろうか。認知症であっても、喜びも悲しみも、安心も不安も、つながりも孤独も感じているという。
直前の記憶が分からなくなっていく不安は、迷子のような心細さかもしれない。いら立ちは、不自由を強いられ、自尊心が傷つき、怒りのやり場がないためかもしれない。周囲との摩擦を避けようと、感情を心の底に沈めているのかもしれない。それなのに、私たちは冷たい視線を向けてはいないだろうか。
国の推計だと、患者数は200万人を超え、30年後には385万人に達すると予測されている。それは日本人の3人に1人が高齢者で、その9人に1人が認知症という時代だ。
患者や家族をどう支えていくか。いま真剣に考えなければ、この長寿大国で、命の尊厳を失わずに最期まで生きることはかなわなくなる。


内容(「BOOK」データベースより)

介護する家族、自宅介護と施設の受け入れ、研究と臨床の最前線、高齢者を包み込むまちづくり―「認知症と社会」の問題を克明に取材。新聞協会賞(編集部門)、JCJ(日本ジャーナリスト会議)賞、ファイザー医学記事賞大賞、日本認知症ケア学会・読売認知症ケア賞特別賞受賞。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 272ページ
  • 出版社: 講談社 (2010/11/18)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062880792
  • ISBN-13: 978-4062880794
  • 発売日: 2010/11/18
  • 商品パッケージの寸法: 17.4 x 11 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 13件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 160,319位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 新書
 信濃毎日は長野県の有力地方紙。その発行部数48万部の紙面で2010年1〜6月に掲載されたキャンペーン企画記事をまとめたという1冊で、認知症患者に寄り添ったうえでの「実名」報道、腕利きのアンカーがまとめたとおぼしき、緊張感に満ちた、無駄のない文体など、読み応え十分の内容だった。7部構成のテーマ分けが必ずしもうまくいっておらず、また県外で取材した記事の「必然性」がいま一つ伝わってこない気味があり、その分満点から☆を一つ減じたが、ともあれ、タイムリーで上質のルポルタージュになっていると思う。

 同紙の一連の報道は10年度の日本新聞協会賞(編集)、JCJ賞、ファイザー医学記事大賞などを受賞しており、それら報道界などからの高い評価もむべなるかな、である。評者も同じ業界の末端の外れに棲息しているが、冷静・客観的な記述の合間に、情感のこもった、それでいて感情に流されていない観察・考察が頻出し、めったにないことながら、知らぬうちに涙腺を刺激された。誰でもいつしか年をとり、やがて多くが認知症を患う。全くもってひとごとではないということだ。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ビブリオン VINE メンバー 投稿日 2010/12/5
形式: 新書
呆けてしまってトイレも自分だけでは出来なくなる。他人に助けてもらってまでトイレをするなぞ、情けなくて死んだほうがまし。元気のうちに死のう。そう思っている人も、いつかは呆けてしまいます。イザ呆ければ、介護している人とのすれ違いで、いじめられている気持ちになり、自分にこもり、自ら、姨捨の気持ちになってしまいます。

その姥捨山がある長野県の信濃毎日新聞が半年に亘って連載した認知症キャンペーンのルポです。呆け方、介護の仕方、施設など、現実の場面には色々な違いがあることが判ります。しかし共通しているのは、介護の家族でも、介護施設の職員でも、病院の医師でも、介護側はどこでも、社会の眼や財政問題や法律問題と苦闘しながら、献身的に介護をしていることが良く判ります。

高齢化社社会では、老人が認知症患者になるのは当たり前なのです。認知症患者が、介護施設や地域や家族の助けを借りてでも、生き抜いていくことの意味。その意味を、高齢者自身も、助ける周りの人々も、認められるような社会理念を作り上げていく必要があります。それに基づき、新聞社のキャンペーンの通りに、現場の状況を良く認識して、問題の多い介護の仕組みのあり方を見直す国の施策が、早急に必要だと思われます。
コメント 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
講談社現代新書の一冊です。
信濃毎日新聞で2010年1月3日から6月29日まで連載された記事をまとめたものだそうです。

ですから、取り上げられる内容は長野県での認知症をとりまく実態といったものですが、結局のところ日本全国で超高齢化が進んでいるわけですから、日本中に普遍的に当てはまる内容になっています。
高齢化と共に増加する認知症の患者、そしてその介護にいき詰まる家族。それを援助しようとする施設・病院などの人々、もしくは地域社会・学校・NPO法人などが具体的な名前を持って紹介されています。
驚くのは認知症の人々、その家族も実名で報じられているのです。
それは、対象が認知症なのではなく、たまたま認知症を持っている「人間」を対象とする取材態度だからできたのでしょう。
ただ、取材の結果を読んでも認知症・高齢化に対する明らかな処方箋といったものはありません。むしろ、我々の心構えというべきもののヒントになるといえる内容が多く含まれています。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
他の評者も書いておられるように、綿密な取材と幅広い調査に基づいた良質のルポルタージュだと思いました。
中身は中々濃くて、新書と言っても、簡単に読み飛ばすことはできませんでした。
記者たちの情熱が文章の端々に感じられます。

エピローグに「老いに笑顔だけを求めることへの違和感」と記してあります。
認知症のひとを笑わせるのは、ある意味で簡単です。
他の人が笑わせようとするのに抵抗できないのが認知症の本質であるとさえ思います。

認知症にまつわる、もっと暗い問題、虐待や認知症者による周囲への迷惑行為
(近所の花を摘んであつめる老人の興味深いケースの紹介はありましたが)などを取り上げることを期待するのは、
ちょっと無理な願いでしょうか。
感動話は、どこにでもあります。
認知症にまつわる様々な側面をとりあげた全体像の呈示をジャーナリストの皆さんに期待します。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック