¥ 756
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
誇大自己症候群 あなたを脅かす暴君の正体 (朝日文... がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
8点すべてのイメージを見る

誇大自己症候群 あなたを脅かす暴君の正体 (朝日文庫) 文庫 – 2017/1/6

5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫, 2017/1/6
"もう一度試してください。"
¥ 756
¥ 756 ¥ 1,261

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 誇大自己症候群 あなたを脅かす暴君の正体 (朝日文庫)
  • +
  • (086)絆の病 (ポプラ新書)
総額: ¥1,598
ポイントの合計: 49pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



村上春樹の最新作が予約開始
新作長編「騎士団長殺し」が2月24日に発売。「第1部 顕れるイデア編」「第2部 遷ろうメタファー編」の全2冊で構成。 第1部を今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

トランプ現象、少年犯罪、モラハラ、DV……。
一見バラバラなこれらのことがらには、実は共通する病理が隠れている。

従来の精神医学ではとらえきれなかったこの病理
――それを「誇大自己症候群」と呼ぶ。

その特徴は、幼児的な万能感、ヒーロー願望、
現実感に乏しいファンタジー傾向、他者への共感性の欠如、
繊細で傷つきやすい心……などである。
(あなたの周りにこんな人がいたら要注意! )

事件現場から職場、家庭まで、
現代に蔓延する病理を実例をもとに徹底分析。

【目次】 第1章 異常事態の根底にあるもの
第2章 誇大自己症候群とは何か
第3章 誇大自己症候群の悲劇
第4章 誇大自己症候群を生む現代社会
第5章 身近にひそむ誇大自己症候群
第6章 誇大自己症候群の克服

内容(「BOOK」データベースより)

少年犯罪や、モラハラ・DV、暴言政治家…従来の精神医学ではとらえきれない彼らの病理を「誇大自己症候群」と呼ぶ。その特徴は、幼児的な万能感や現実感に乏しいファンタジー傾向、共感性の欠如などである。子どもから大統領まで、現代社会全体に蔓延する病理の真実。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 304ページ
  • 出版社: 朝日新聞出版 (2017/1/6)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4022618906
  • ISBN-13: 978-4022618900
  • 発売日: 2017/1/6
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.5 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 16,827位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
1
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

「傷ついた」とスグに言う若者が増えていると私は感じ、それに常々違和感を憶えてきた。
本書では、その傷つきやすさも「誇大自己症候群」の一つの症状だという。

そして、自己顕示欲の強さやフィクション・ファンタジーとの融和性の傾向、共感力の無さについての言及など、
現代若者論と言ってよいほど明晰な著作である。

もちろん、誇大自己というものを抱いてしまうのは、現代の若者に限ったことではない。
ナポレオンだって、ヒトラーだって、ニーチェだってそうだった、と筆者は言う。
しかし、過去の偉人たちと、現代の若者の大きな違いなどは幼稚なファンタジーなどへの傾倒をあげるまでもない。

現代の若者を理解できない人は、この本を読めば「なるほど!」と思う。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック