中古品
¥1
+ ¥350 配送料
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: ◆◆◆おおむね良好な状態です。中古商品のため若干のスレ、日焼け、使用感等ある場合がございますが、品質には十分注意して発送いたします。 【毎日発送】
この商品は1-Click注文できません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

誇れる祖国「日本」 真の近現代史を読み解き、民族の誇りを取り戻せ (日本語) 単行本 – 2012/5/28

5つ星のうち4.0 23個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本, 2012/5/28
¥1
¥1
お届け日 (配送料: ¥350 ): 3月5日 - 7日 詳細を見る
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

登録情報

  • 出版社 : 幻冬舎 (2012/5/28)
  • 発売日 : 2012/5/28
  • 言語 : 日本語
  • 単行本 : 223ページ
  • ISBN-10 : 4344998464
  • ISBN-13 : 978-4344998469
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち4.0 23個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.0
星5つ中の4
23 件のグローバル評価
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

気になるトピックのレビューを読もう

上位レビュー、対象国: 日本

2017年1月26日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
51人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2017年1月19日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
359人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2017年1月20日に日本でレビュー済み
223人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2017年2月25日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2017年1月20日に日本でレビュー済み
カスタマー画像
5つ星のうち5.0 この本の読むべきところは・・・
ユーザー名: CCRIDE、日付: 2017年1月20日
中国が一民間人の歴史見解書籍になぜ国家レベルで批判をするのか。
それは、WW2では何の戦果もなく、中国に存在する幾つかのゴロツキ軍閥であった
中国共産党の建国の正統性を揺るがす事実が「南京大虐殺プロパガンダ」だからである。
毛沢東は生前けっしてこの「南京大虐殺」には触れなかった。
便衣兵を使うという国民党の国際法違反、一般中国市民を襲い民間人を装った国民党軍兵士の
蛮行であり、その蛮行を止めたのが日本軍の侵攻だったからだ。

毛沢東が亡くなり江沢民は求心力を失い掛けていた共産党の指示を上げるために禁断の反日
政策に舵を切った。決して毛沢東が手を出さなかった反日政策である。
教科書で、新聞で、そして南京大虐殺を持ち出し、中国民衆へ「共産党はこのように日本軍の
蛮行と戦った正義の党である」とプロパガンダを行い民心を繋ぎ止めた。

元々が国内向けのそのような「荒い嘘」であった為に史料も検証も穴だらけであったが
ネットもなく情報統制が可能だった時代はそれで良かったが、ネットの普及により洗脳された
民衆が様々に活動し始めたので、日本から反撃が来るようになってしまった。

日本側に存在する資料は中国の比ではなく、それをもって検証の目に晒されれれば、それは
単に内政のプロパガンダの嘘が一つ暴かれるだけではなく、共産党政権の正統性をも破壊する
ナーバスな統治体制であるのが中国の本当の実情だからである。

このような荒いセンセーショナルな嘘やプロパガンダは、仮に一部が嘘だったとしても、
「な~んだ、フカしまくった誇大広告だったのか」と逆回転を始めてしまう。
行きすぎた嘘は、行きすぎるまでリバウンドしてしまう。
それは中国共産党にとって最も恐ろしい事なのである。

史実的に論争が続いている部分も断定調に書いている嫌いはあるが、有名ホテルグループ
の代表である元谷氏がビジネスへの悪影響をも覚悟して出版、自社ホテルに完備するという
勇気が込められた書籍である。
この書籍で読むべきは、南京がどうの、慰安婦がどうの、ではなく、覚悟の志をもった
人間の筆とは如何なるものか、それを感じ読み取ることである。
このレビューの画像
カスタマー画像
カスタマー画像
221人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
殿堂入りベスト1000レビュアー
2017年1月29日に日本でレビュー済み
23人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2017年1月23日に日本でレビュー済み
118人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2014年4月25日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
65人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告