通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
誅韓論 (晋遊舎新書 S18) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◇◆配送:主にゆうメールによるポスト投函です◆当日もしくは翌々日までに発送いたします◆梱包:完全密封のビニール包装または宅配専用パックにてお届けいたします。◆商品:アマゾン専用在庫商品です。除菌クリーニング済◆◇
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

誅韓論 (晋遊舎新書 S18) 新書 – 2014/8/8

5つ星のうち 4.6 78件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
新書, 2014/8/8
"もう一度試してください。"
¥ 972
¥ 972 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 誅韓論 (晋遊舎新書 S18)
  • +
  • 大嫌韓時代 (SEIRINDO BOOKS)
総額: ¥2,268
ポイントの合計: 69pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

日本は具体的に韓国にどう“反撃"すべきか?
2015年以降の東アジア情勢をシミュレーション

本書では、高まってきた日本人の“対韓フラストレーション"に対して添うような、具体的な日本人のアクションプランの提示と、
否めないとされていた韓国の地理的重要性(「防波堤」論など)を否定、韓国が孤立・弱体化していくシミュレーションを行う。
2015年末の在韓米軍撤退を契機に、中国による南北一体化・吸収へと向かう朝鮮半島情勢を予言。
日本は中立を保ち、援助を実施せず、むしろ過去の不法行為の非難を始めることにより、
合法的かつ最小労力で韓国を沈黙させる論理を展開する。

内容(「BOOK」データベースより)

日々エスカレートする韓国による反日工作と、それに対抗手段をとらない日本政府。日本人はこのまま我慢を強いられ続けるのか?2015年以降の東アジアをシミュレーションした結果、本書では「日本人の態度次第で、韓国は数年以内に潰せる」との結論に至った。否めないとされてきた韓国の戦略的重要性の否定、在韓米軍撤退から中国による吸収へ向かう半島情勢と、その時日本がとるべき選択…。世界最大の反日国家を、合法的かつ最小労力で沈黙させる方法がここにある!


登録情報

  • 新書: 320ページ
  • 出版社: 晋遊舎 (2014/8/8)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4801800491
  • ISBN-13: 978-4801800496
  • 発売日: 2014/8/8
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 11.6 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 78件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 253,679位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

 近時、韓国を批判する内容の書籍の出版が相次いでいる。それだけ日本国民にも強い
関心を引き起こしているからであるが、その中に有っての白眉といえよう。多くの類書が
韓国人の行動様式や行状に呆れるものの、対応としては「もうこの国は捨て置け」のように
消極的放置論に終わることが多い。しかし、本書の筆者は一歩を進めて積極的処分論を
採るのである。

1 結論
 筆者の結論は、「韓国を中国の勢力下に追いやり、独立国としての韓国を潰してしまい
中国の一自治区」としてしまうことだ。この結論は衝撃的だが説得力がある。理由としては
概略次のようなことがらである。

2 アメリカは韓国を見限った。
 在韓アメリカ軍は、2015年に統帥権を韓国に返還して撤退する。このことが持つ意義は
大きい。中国にとって、在韓アメリカ軍に対する緩衝地帯としての北朝鮮の存在意義が
消滅するのである。
 また、今まで日米韓の枠組みがあったればこそ、韓国の行状に忍耐してきた我が国に
とっても2016年以降は韓国との交戦が可能になる。この時に、アメリカ軍が韓国側に
つくことは絶対にない。日韓の間には直接の同盟関係などない。在韓米軍の後方兵站
を担って
...続きを読む ›
コメント 661人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
従軍慰安婦像キャンペーンをはじめとする韓国の反日工作についてその矛盾や無法ぶりを論破する本は最近多く出版されているが、この本はそうした対処療法的な本ではない。朝鮮半島の歴史、外交史を俯瞰し、いま韓国が国策として何を目論んでいるのか解明してみせ、その国策上、反日工作はエスカレートするばかりであることを予見。そうした予見を前提に、韓国とどう付き合えば良いのかをアクションプランとして提示している。

“韓国の60年に及ぶ捏造の歴史を前提とした反日教育により、韓国及び韓国人は、日本と日本人を攻撃することに呵責はまったくない”
“韓国は、2015年の米軍撤収を前提にすでに中国との同盟を結んでいる可能性が高い”
“それは宗主国が米から中にかわることであり、中国の走狗として、日米離間を促進させる。それには慰安婦運動などが絶好である”
“中国にとって、米軍が半島から撤退すれば北朝鮮を支援するよりも、属国としての韓国に半島統一させたほうが旨味がある”
“韓国は中国の威を借り北朝鮮を平らげ半島を統一した後、未曾有の経済難となるが、矛先を日本に向け金を強請るか、開戦するだろう”
“韓国は北朝鮮の核はちゃっかり保有し、世界の大国になったなど自己肥大し、ますます驕慢な態度を取るだろう”
“韓国にとって、悲願である日本抹殺を実現す
...続きを読む ›
コメント 422人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
・・・p4
「彼ら(韓国人)はすでにストーカー殺人事件の加害者そっくりの異常心理に憑りつかれている。この種の犯罪者に共通する特徴として、対象への憎悪と被害妄想を日々エスカレートさせ、近隣や関係者の対して誹謗中傷のビラを撒くなどの行動が挙げられる。そして、あらゆる嫌がらせを行った末、最後には刃物をもって相手を殺しに行くのだ。
最後の項目以外はすべて現在の韓国に当てはまることから(略)、当然ながら、いずれわれわれを殺しにかかってくるもの、と予想しないわけにはいかない。」
・・・・・
ちょっと過剰防衛的な危機意識ですが、韓国の異常な言動をニュースで垣間見ると、用心にこしたことはない、と感じます。
黄文雄氏の「中華思想に毒された中国と韓国」に関する本を、読んでいますが、韓国人の「事大意識」と「弱い者イジメ」の性格は、用心にこしたことはないでしょう。
相手が「弱い」とみるや、残虐な行動で攻撃してくる「歴史的な」過去の性癖は、知っておいていいでしょう。
最近、読んだ本で『韓国の大量虐殺事件を告発する(ベトナム戦争「参戦韓国軍」の真実』(北岡俊明、北岡正敏、2014)では、1960年代に行われた卑怯で残虐な韓国軍(正規軍)の虐殺犯罪が収録されています。
『関東大震災「朝鮮人虐殺」はなかった!』(加藤康男、2014)で
...続きを読む ›
11 コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
南朝鮮に嫌悪感をいだく方のすべての国民にこの書をお勧めしたいです。ストレス解消の一服になりえるでしょう。ただしある程度読者層は限定されます。なお、題名ほどに執筆内容は過激ではありませんから、安心してください。
この書に記されている「朝鮮側にとっては、日本を滅ぼすのは道徳的に正しい行いであり、聖戦という認識」という部分が一つのキーワードです。

この書で特筆的な部分として、南朝鮮の卑劣極まる行為行動言動が、中世~近代まで非常に読みやすく、わかりやすい言葉で記載されている点です。筆者は個人名を記載していませんが、相当な見識と統括能力のある人物が執筆されているはずです。他の大御所執筆者の書などは、ある程度テーマをもって執筆なされているので各パート部分のつながりがスムースでなかったり、掘り下げが深すぎたりと、部分的に読みにくい部分もありがちなのですが、この書の南朝鮮の悪逆歴史の記述は、日本国益をいかに害してきたかの観点からの歴史記述ですが、私がいままでに読破した南朝鮮本の中でも特筆レベルの読みやすさで、これだけでも購入の価値があるくらいに、過不足なく、キレイにまとまっています。

歴史事実の記載から導かれる通り、なぜ南朝鮮はずしが有効なのかを感情論抜きで解説された後に具体的な南朝鮮への対抗手法がこの書にはいくつか記載されています。可能かどう
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー