通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
誅韓論 (晋遊舎新書 S18) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

誅韓論 (晋遊舎新書 S18) 新書 – 2014/8/8

5つ星のうち 4.6 78件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
新書, 2014/8/8
"もう一度試してください。"
¥ 972
¥ 972 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 誅韓論 (晋遊舎新書 S18)
  • +
  • 大嫌韓時代 (SEIRINDO BOOKS)
総額: ¥2,268
ポイントの合計: 69pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

日本は具体的に韓国にどう“反撃"すべきか?
2015年以降の東アジア情勢をシミュレーション

本書では、高まってきた日本人の“対韓フラストレーション"に対して添うような、具体的な日本人のアクションプランの提示と、
否めないとされていた韓国の地理的重要性(「防波堤」論など)を否定、韓国が孤立・弱体化していくシミュレーションを行う。
2015年末の在韓米軍撤退を契機に、中国による南北一体化・吸収へと向かう朝鮮半島情勢を予言。
日本は中立を保ち、援助を実施せず、むしろ過去の不法行為の非難を始めることにより、
合法的かつ最小労力で韓国を沈黙させる論理を展開する。

内容(「BOOK」データベースより)

日々エスカレートする韓国による反日工作と、それに対抗手段をとらない日本政府。日本人はこのまま我慢を強いられ続けるのか?2015年以降の東アジアをシミュレーションした結果、本書では「日本人の態度次第で、韓国は数年以内に潰せる」との結論に至った。否めないとされてきた韓国の戦略的重要性の否定、在韓米軍撤退から中国による吸収へ向かう半島情勢と、その時日本がとるべき選択…。世界最大の反日国家を、合法的かつ最小労力で沈黙させる方法がここにある!


登録情報

  • 新書: 320ページ
  • 出版社: 晋遊舎 (2014/8/8)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4801800491
  • ISBN-13: 978-4801800496
  • 発売日: 2014/8/8
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 11.6 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 78件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 180,055位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

 近時、韓国を批判する内容の書籍の出版が相次いでいる。それだけ日本国民にも強い
関心を引き起こしているからであるが、その中に有っての白眉といえよう。多くの類書が
韓国人の行動様式や行状に呆れるものの、対応としては「もうこの国は捨て置け」のように
消極的放置論に終わることが多い。しかし、本書の筆者は一歩を進めて積極的処分論を
採るのである。

1 結論
 筆者の結論は、「韓国を中国の勢力下に追いやり、独立国としての韓国を潰してしまい
中国の一自治区」としてしまうことだ。この結論は衝撃的だが説得力がある。理由としては
概略次のようなことがらである。

2 アメリカは韓国を見限った。
 在韓アメリカ軍は、2015年に統帥権を韓国に返還して撤退する。このことが持つ意義は
大きい。中国にとって、在韓アメリカ軍に対する緩衝地帯としての北朝鮮の存在意義が
消滅するのである。
 また、今まで日米韓の枠組みがあったればこそ、韓国の行状に忍耐してきた我が国に
とっても2016年以降は韓国との交戦が可能になる。この時に、アメリカ軍が韓国側に
つくことは絶対にない。日韓の間には直接の同盟関係などない。在韓米軍の後方兵站
を担って
...続きを読む ›
コメント 658人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
従軍慰安婦像キャンペーンをはじめとする韓国の反日工作についてその矛盾や無法ぶりを論破する本は最近多く出版されているが、この本はそうした対処療法的な本ではない。朝鮮半島の歴史、外交史を俯瞰し、いま韓国が国策として何を目論んでいるのか解明してみせ、その国策上、反日工作はエスカレートするばかりであることを予見。そうした予見を前提に、韓国とどう付き合えば良いのかをアクションプランとして提示している。

“韓国の60年に及ぶ捏造の歴史を前提とした反日教育により、韓国及び韓国人は、日本と日本人を攻撃することに呵責はまったくない”
“韓国は、2015年の米軍撤収を前提にすでに中国との同盟を結んでいる可能性が高い”
“それは宗主国が米から中にかわることであり、中国の走狗として、日米離間を促進させる。それには慰安婦運動などが絶好である”
“中国にとって、米軍が半島から撤退すれば北朝鮮を支援するよりも、属国としての韓国に半島統一させたほうが旨味がある”
“韓国は中国の威を借り北朝鮮を平らげ半島を統一した後、未曾有の経済難となるが、矛先を日本に向け金を強請るか、開戦するだろう”
“韓国は北朝鮮の核はちゃっかり保有し、世界の大国になったなど自己肥大し、ますます驕慢な態度を取るだろう”
“韓国にとって、悲願である日本抹殺を実現す
...続きを読む ›
コメント 422人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
「韓国人の中には朝鮮族を嫌っている者が少なくないが、あまり嫌うべきでない。なぜなら君たちも、もうすぐ朝鮮族の仲間入りをするのだから」

こういう本の登場を待っていた。今まで韓国に関する本を数百冊読んできたが、こんなに綺麗事なしで、容赦なく叩き潰すような本はなかった。

とくに220Pから始まる「韓国に確実にトドメを刺す方法」にはワクワクした。
従来の保守論者は「韓国が中国に取り込まれないよう支援しろ」と提言していたが、この本は逆に「韓国を弱体化させて中国に飲み込ませろ」と提言する。
しかも「どうせ中国に吸収されるのだから放置すればいい」という甘い考えではなく、積極的に背中を押してやろうとする。

佐藤優は「韓国は対中防波堤。我が侭を聞いてやりこちら側に引き寄せろ」と言い、櫻井よしこは「韓国主導による統一を支援しよう。韓国は自由と民主主義、国際法の遵守という価値観を共有しているから」と言う。
しかしこの本は「経済的にも安全保障的にも、韓国なんぞ滅んでも一向に差し支えない」と断言する。
「韓国は大陸に対する防波堤」という戦略は間違い。それが逆に大陸との対決に繋がるから。
韓国は安全保障上の価値はない。それどころか韓国こそが脅威。新羅の時代から繰り返し日本を侵略した歴史がある。<
...続きを読む ›
1 コメント 176人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
本書は、2005年7月26日に発売され『マンガ 嫌韓流』で一躍有名になった晋遊舎から新たに出版された対韓国外交研究をメインに据えた新書です。本書の内容は、北朝鮮以上に脅威になりつつある恨治国家「韓国」が近未来においていかなる脅威になるのか?そして顕在する脅威に日本人は如何に対抗すべきかを説いた画期的な新書です。

本書で提示されている近未来の韓国主導による朝鮮半島の統一とその後の対日戦争に至るシュミレーションは極めて高い蓋然性があると断言できますが、いま少し深く背景を提示したほうが読者に対して日本が如何に深刻な状況に陥っているかをより深く伝えることが出来たと思います。

例えば、本書では韓国が北朝鮮の核を手に入れた場合、対日核攻撃を行うことを予言していますが、その予言に説得力を持たせるため冷戦中に旧ソ連が核戦争を思いとどまった最大の原因を解説すべきだったと思います。

旧ソ連が核戦争を行わなかった最大の原因とは、旧ソ連が西欧を核攻撃すると核攻撃で生じた死の灰が偏西風で旧ソ連まで流されて、自国領土が放射能汚染される可能性が濃厚だったため、先制核攻撃を旧ソ連は選択できませんでした。対照的に韓国は日本の西側に位置するため、偏西風による放射能汚染を気にすることなく先制核攻撃が可能です。

この状況を読者に提示す
...続きを読む ›
コメント 205人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック