¥7,480
通常配送無料 詳細
残り13点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
詳解 OpenCV 3 ―コンピュータビジョンライ... がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

詳解 OpenCV 3 ―コンピュータビジョンライブラリを使った画像処理・認識 (日本語) 単行本(ソフトカバー) – 2018/5/26

5つ星のうち4.6 14個の評価

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー), 2018/5/26
¥7,480
¥7,480 ¥6,279
click to open popover

よく一緒に購入されている商品

  • 詳解 OpenCV 3 ―コンピュータビジョンライブラリを使った画像処理・認識
  • +
  • ゼロから作るDeep Learning ―Pythonで学ぶディープラーニングの理論と実装
  • +
  • Pythonで始めるOpenCV 4プログラミング
総額: ¥14,850
ポイントの合計: 209pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

OpenCVの開発者によるベストセラー書の改訂版。最新のC++インタフェースに対応。OpenCVは現在、ロボットの視覚システムだけでなくスマホやパソコンの顔認証、画像アプリやセキュリティ監視の人物検出、製造、医療、自動運転車、ゲームやARアプリ、さらには機械学習に代表される人工知能の研究など、さまざまな分野で利用されています。本書では、カメラ入力やファイル出力といった簡単な使い方から、画像の変換やセグメンテーション、テンプレートマッチング、パターン認識、特徴量、物体や動きのトラッキング、ステレオビジョンからの3Dの再構成、機械学習まで、基礎から丁寧かつ詳細に解説します。関数のリファレンスとしても利用可能です。

著者について

Adrian Kaehler(エイドリアン・カーラー):1973年生まれ。科学者、発明家、技術者であり、その仕事はさまざまな分野に及ぶ。専門分野は、ロボット工学、物理学、電子工学、コンピュータアルゴリズム、マシンビジョン、バイオメトリックス、機械学習、コンピュータゲーム、システムエンジニアリング、ヒューマンマシンインタフェース、数値プログラミング、デザイン。14歳のときに、カリフォルニア大学サンタクルーズ校に席を置き、数学、コンピュータ科学、物理学を学び、18歳で物理学の学士を取得し卒業した。コロンビア大学に進み、Norman Christ教授のもと、格子ゲージ理論における研究とQCDSPスーパーコンピュータプロジェクトにおける研究に関して1998年にPhDを取得。1994年から1998年まで、QCDSPスーパーコンピュータプロジェクトに従事。QCDSPスーパーコンピュータは、最初のテラフロップスーパーコンピュータの1つ。これにより、Adrianと彼のチームは1998年にゴードン・ベル賞を受賞した。2005年のDARPA Grand Challengeでは優勝チームに在籍し、チームを勝利に導く中心的役割を演じたコンピュータビジョンシステムを設計した。また、Applied Minds(ハイエンドなリサーチコンサルティング会社)でたくさんのロボット関係のプロジェクトや機械学習関係のプロジェクトの設立や運営を続け、現在はApplied Invention(Applied Mindsのスピンアウト)のフェローとして活躍している。Adrianは現在、シリコンバレーでスタートアップ企業にアドバイスしたり立ち上げたりすることにも尽力している。彼はまた、Silicon Valley Deep Learning Group(深層学習の研究者や企業家のコミュニティを拡大し、サポートし、結びつけることを中心に活動している教育関係の非営利組織)の設立者である。

Gary Bradski(ゲェアリー・ブラッドスキー):Intelの研究所で主幹エンジニアとして仕事を始め、OpenCVの基礎を築き、現在も指揮している(OpenCVは現在では非営利組織)。Intelでは、手作りだった機械学習のアルゴリズムのいくつかを抽象化し、OpenCVのml(機械学習モジュール)としてまとめ上げた。次に、VideoSurf(初期の動画検索エンジンの1つ)の立ち上げを手伝った。VideoSurfは2011年にMicrosoftに売却された。他にも、DARPA Grand Challengeの砂漠横断ロボットレースで200万ドルを獲得したStanleyのビジョンチームを組織した。この車は、現在トレンドとなっている自動運転車に関する研究の発端となり、現在ではスミソニアン博物館に展示されている。スタンフォード大学コンピュータサイエンス学科のコンサルティングプロフェッサーとして、STAIR(Stanford AI Robotics program)を共同で立ち上げた。ここからはPR1ロボットが生まれ、間接的にWillow Garageも誕生した(後に自身も参加)。Willow GarageはPR2ロボット、ROS(robot operating system)も開発した。その後、Industrial Perception Inc.を組織し、共同で立ち上げた。この会社は流通センターをターゲットにしたセンサー誘導型ロボットの会社で、2013年にGoogleに売却された。ここにいたるまでにGaryは、OpenCVが携帯電話への対応や近年のディープニューラルネットワークの取り込みを行った。その後も引き続き、スタートアップ企業の設立や、運営、アドバイスなども行っている。

登録情報

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.6
星5つ中の4.6
評価の数 14
星5つ
69%
星4つ
20%
星3つ
11%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%
Amazonは星評価をどのように計算しますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう
すべてのレビューを日本語に翻訳
VINEメンバー
2019年2月12日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
6人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2019年12月7日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2018年6月19日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2018年8月5日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2020年5月29日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2018年7月20日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
6人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2018年9月9日に日本でレビュー済み
8人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2018年8月15日に日本でレビュー済み
6人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告