通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
話を聞かない男、地図が読めない女―男脳・女脳が「謎... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: ほぼ新品
コメント: ほぼ新品の本です
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

話を聞かない男、地図が読めない女―男脳・女脳が「謎」を解く 文庫 – 2002/9/1

5つ星のうち 3.7 180件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,728 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 720
¥ 720 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 話を聞かない男、地図が読めない女―男脳・女脳が「謎」を解く
  • +
  • ベスト・パートナーになるために―男と女が知っておくべき「分かち愛」のルール 男は火星から、女は金星からやってきた (知的生きかた文庫)
総額: ¥1,296
ポイントの合計: 41pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

「男と女の謎」を解き明かし、日本で200万部、全世界で600万部、42カ国でNo.1となった超ベストセラー待望の文庫化。最新データが入った改訂増補版。

内容(「MARC」データベースより)

なぜ男は一度に一つのことしかできないのか、なぜ女は方向音痴なのか、なぜ女はよくしゃべるのか、なぜ男は一人っきりになりたがるのか…。誰もが納得する男と女の行動の違いについて最新の情報を加えて紹介する。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 348ページ
  • 出版社: 主婦の友社 (2002/9/1)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4072352179
  • ISBN-13: 978-4072352175
  • 発売日: 2002/9/1
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 11 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7 180件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 4,746位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
過去に読んだ事があり印象に残っていたため再度購入しました

夫婦喧嘩の後など、読み返すと怒りがおさまります(笑)
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
15年程前にこの本を読んでとても面白く「わかるーー!」って思ったので、また読みたいなと思い購入しました。これを読んでから、男心がわかる良い女になれたような気がします(笑)
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 one child,teacher,book,pen トップ1000レビュアー 投稿日 2014/5/11
形式: 文庫
興味深い分野である。人間の進化やMRIなどの知見にも触れているが、著者夫妻は心理学者でも脳科学者でも人類学者でもなく、非言語的なコミュニケーションについて講演や著作をしているようである。
別に本を書くのに専門の学者でなければならないという事はないが、引用や参考文献は挙げてあるほうが信頼感は増す。 著者はオフレコのインタビューから構成した、と記しているが・・それだと論拠となる証拠がない。

男女の考え方や感じ方の差、その差を踏まえた相互理解については、グレイ博士の「ベスト・パートナーになるために」が優れていると思う。(その本も参考文献は記していないが、心理学者としてのカウンセリングの実体験や洞察から書いている様な印象を受ける。参考文献をあまり見たいと思わないのは、心理学者という看板もあるからだろうか・・)
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
話の性質上、男は〜、女は〜、としたほうが面白いのかもしれないが、男女の違いはあくまで平均の違いで、100%の男も100%の女もおらずグラデーション状につながっている。
中には皮膚感覚が10倍も違うなどと根拠不明な記述もあるし、根拠らしいものに触れられているところも単純化されすぎているきらいがある。例えば、男女の目の違いについて述べた項目では「色を識別する錐状体細胞のもとはX染色体で、女性はX染色体が二本あるために、男性より錐状体のバラエティが多い。だから色を細かく描写できるのは女のほうで、男が赤、青、緑だけで表すところを、女は骨のような白、アクア、緑がかった青、藤色、アップルグリーンと表現しわける」などという記述があるが、まず常識的に考えてそんなことがあるかと、これを書いてて疑問に思わなかったのだろうか。
赤色錐体細胞を波長の長短で2種類持つ人がいるのは事実のようだが、その割合は女性の2%とも、女性の50%・男性の8%とも言われており、さらに異説もあるほか、錐体細胞が4種あることが必ずしも色相判断能力の優位を示すわけでないという研究もある。つまり、男女にかかわらず大多数の人間はRGB3色で見ており、女が多く(4色)、男が少ない(3色)といった風に男女でスッパリ分かれるものではないのだ。事実、研究機関でも使われるパントンのファンズワースマンセルテストでは平均して女
...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
女性は昔から「だから女は…」と言われつづけてきたためか、女性は男性より劣るといった論調には非常に敏感である。この本のうまいところはそこもうまくつかんでいて、全体として8:2くらいの割合で女性を持ち上げ、男性の単純さをユーモアを交えて茶化して見せているところだろう。たぶんこの本は学術書として読むよりも、気軽なハウツー本として読むのが正解だろう。とはいえこの本によって私は人間的器を一回り大きくしてもらった気がする。現にこれを夫婦で読んでからというもの無用な夫婦喧嘩が激減した。パートナーと「うまくやっていきたい!!」と強く願う人にこそお勧めしたい本である。
コメント 62人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 EM with Walpurgis Night #1殿堂トップ10レビュアー 投稿日 2015/6/4
形式: 文庫
本書を読んで、そのままパートナーへ、読むように勧める。
これで、両者の関係性は、とても良くなる。

パートナー間の争いは、そもそも男女間の考え方の違いによることが大きい。
自分の感覚で、物事を考え、それを基準に、パートナーに何かを求めるから、口論となる。
もしも、男女が、そもそも、人間という意外に、ほとんど共通点のない生き物だと知れば…
男女の相互理解につながる本。

例えば、女性は、男性に対し、究極の二択を迫るときがある。
仕事と私と、どっちが大切なの?
これに対し、
どっちも大切だよ、とか、
比べられるものじゃないよ、とか、
そんなこと言うと最悪。
では、最良の答えは…
本書を読めば、見えてくる。
それは、言葉による返答なのではない。
男性が、女性を、ぎゅっと抱擁する。
それで万事うまく行く。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー