通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
話すチカラをつくる本 (知的生きかた文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 神戸ブック
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ヤケ、擦れ、軽いヨレが見られますが、その他特に大きな損傷などなく概ね良好です。【検品担当者より】中古品の為、できる限りの確認作業を心がけておりますが、もし見逃しがあった場合はご了承下さい。※土日、祝日出荷作業は行っておりません。2営業日以内にゆーメールにて発送いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

話すチカラをつくる本 (知的生きかた文庫) 文庫 – 2007/3

5つ星のうち 4.4 41件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 514
¥ 514 ¥ 48

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 話すチカラをつくる本 (知的生きかた文庫)
  • +
  • あなたの話はなぜ「通じない」のか (ちくま文庫)
  • +
  • 伝わる・揺さぶる!文章を書く (PHP新書)
総額: ¥1,789
ポイントの合計: 139pt (8%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



今、大注目を集める星野源のエッセイ「いのちの車窓から」
怒涛の駆け上がりを見せた2年間の想い、経験、成長のすべてがここに! 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

■なぜあなたの話は通じないのでしょうか?
日常的なこんな疑問。でも「よく生きる」には避けて通れない疑問です。
この本は真っ向勝負でこの疑問に応えていきます。
「伝わる話」の条件から、「お詫び」「お願い」「説得」「励まし」「誤解を
解く」「初対面でも信頼される方法」まで満載です。

■あなたの話が通じないのはあなたに才能がないわけでも能力がないわけでもあ
りません。「話すチカラ」をつくっていないからなんです!

■話すチカラとは?
=自分の想いをきちんと言葉にして相手に伝え、望む状況を切り拓いていく力
コミュニケーションとは自分と相手の間に橋を架けるような行為です。伝わらな
い話はその橋が不安定だったり、不完全だったりします。
以下の7つの質問に答えながら、自分と相手との間にどんな橋がかかっているの
か、再点検しましょう。もしかしたら一歩通行の橋だったり、伝えたい相手
以外に架かっている橋だったりしませんか?

1・相手から自分はどう見られていますか?
2・一番言いたいことは何ですか?
3・なぜそう言えますか?
4・目指す結果は何ですか?
5・どんな問いに基づいて話してますか?
6・相手から見たら、あなたの言っていることは何?
7・あなたの根っこにある想いは?

■小論文指導のエキスパートである山田ズーニー先生の表現教育のワークショッ
プは「言いたいことがうまく言葉にできる!」「自分らしい言葉にできる!」と
全国で感動を生んでいます。
本書でぜひ相手の心に橋をかけるうまい方法を知り、「言いたいことをうまく言
葉にできる」歓びを味わってください!「対人関係能力」と「想いを言葉にする
歓び」が500円で手に入るなんて、とても嬉しいことだと思うのです。

ページをめくれば、そこに「発見」と「歓び」があります。

■NHK教育テレビで伝授したメソッドを完全収録!
本書は、日本放送出版協会より刊行され大好評だった『想いが通じる! コミュ
ニケーションレッスン』を収録、加筆、改題したものです。人気アートディレク
ター寄藤文平氏によるイラスト&デザインでより楽しい1冊に生まれ変わりまし
た!

目次
1章 7つの要件で想いは伝わる!
2章 おわび・お願い、人を説得する技術
3章 共感の方法ーー人を励ます・誤解を解く
4章 信頼を切りひらく! メッセージの伝え方

内容(「BOOK」データベースより)

自分の想いをきちんと言葉にして相手に伝え、望む状況を切り拓いていく。本書はそのためのコミュニケーションのひととおりの基礎が身につく仕組みになっています。「明日大事な人と会う」前夜に一気に読んでも…、人と通じ合う勇気と技術を手にすることができるでしょう。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 122ページ
  • 出版社: 三笠書房 (2007/03)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4837976263
  • ISBN-13: 978-4837976264
  • 発売日: 2007/03
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.4 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 41件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,968位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
 自分の「メディア力(他人から見たときの信頼性や影響力)」を高めることが、コミュニケーションの第一要件であるとズーニーさんは言っています。確かに、ビジネスでもプライベートでも、TVなどのマスコミにおいても「何を言ったかより誰が言ったか」によって発言の印象は大きく違いますよね。
 じゃあ、「メディア力」を高めるためには、どうすればいいの?という切実な問いに対して、この本は「つながりを示すこと」とさらりとしか触れていません。コンパクトな入門書だから仕方がないのだけど。。
 でも大丈夫。ズーニーさんの別著「あなたの話はなぜ『通じない』のか」では、ほぼ同じ内容をさらに深堀りして説明してあるので、こちらを読めば「話すチカラ・・」でモヤモヤした点がほぼ解消されます。私の場合、2冊読んで、やっと腑に落ちた次第。2冊も読む時間がない方には、より詳しい「あなたの話は・・」だけを読むことをお勧めします。
コメント 99人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
 常々、自分なりの思考の型を持ちたいと思っていました。

そして、この本から「そもそも考えるとはどういうことか?」について、重要なヒントを得ました。

「考える」とは「質問すること」。「思考停止」とは「質問が出ないこと」。なんという明快な答えだろう。霧がすーーっと晴れた気分です。

「正しい質問」→「正しく考える」

「幅広い質問」→「いろんな角度から考える」

「独自性ある質問」→「個性的に考える」

「自問自答」こそ「考える」ことに他ならない。素晴らしい基本を学びました。

「話す」だけでなくその奥にある「考えるチカラ」をつけたい人にお勧めの1冊です。
コメント 58人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
大きめ活字に、抜け感のあるイラストがちりばめられた本書は、

さほど難しい内容でもないので通勤電車内の30分ほどで読めた。

人前でうまく話せないコンプレックスのあるわたしは、

その改善にと思って本書を手に取ったが、いわゆる「アガリ症」克服のための

心理的処方箋でもないし、スピーチやプレゼンテクニック集ではない。

それよりも、もっと大切なこと。

コミュニーションとは、ただひたすら、想いが相手に伝わることが大事なんだという

視点で書かれている。

そのためには、上記要約にある「7つの話すチカラ」がキーになる。

端的に述べれば、本書のツボは、

伝えるためには、相手の共感・信頼を得るための配慮が前提的に必要だということ。

このことを心から納得することは、誰かに何かを伝えたい想いを抱くすべての人にとって役立つと思う。

ビジネスでも、就職活動でも、日常生活でも。

また、本書自体が、読者のココロに、いかに届くかということに配慮されて書かれているか、という

ことを気にかけながら読んでみてほしい。

わたしにとっては、たいへん効き目のある文庫だったので、星5つ。
コメント 55人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
論点→論拠→意見。
これが会話の基本であることを知らなかった私は、発言を「意見のみ」または「論拠のみ」で終わらせてしまうことが多かったので、言われた方も「だから何?」という感じになってしまい、日頃から人とのコミュニケーションが上手くいかずストレスを感じることが多かった。
この本を読んで、私の会話で何がおかしいのかがよくわかったし、もしかしたらこれからの人生が今よりずっと生き易いものに変わるかもしれない。
そのぐらい、自分にとって価値のある内容の本でした。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
Amazon に投稿したレビュー数が70を超えて、自分のレビューを客観的に振り返るのに手頃な本がないか探したところ、本書に遭遇した。日常のやりとりで、いろいろな本を根拠にして上から目線の物言いをしてしまうことはよくある (p75)。

本書はよい質問をつくるにはどうしたらよいのかということを探求する本でもある。よい質問を探求する良書は社会人向けの翻訳書が多いが、本書は安価な文庫本で中高生にも読めるという点ですぐれている。

小さな問いを積み重ねることで、問題解決につながる問いを見いだす例として探偵ものの金田一耕助と警部の対比はわかりやすい。日常生活において、すぐに答えを求めようとして、憶測や決めつけをやっていないのかという振り返りになった。論理と感情の両方を考えつつ、段階的に視野を広げてゆく練習として、第2章のおわびはよい題材だと思う。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー