¥ 778
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
詭弁論理学 改版 (中公新書 448) がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

詭弁論理学 改版 (中公新書 448) 新書 – 2017/4/19

5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
新書, 2017/4/19
"もう一度試してください。"
¥ 778
¥ 778 ¥ 700

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 詭弁論理学 改版 (中公新書 448)
  • +
  • 逆説論理学 (中公新書 (593))
総額: ¥1,599
ポイントの合計: 34pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



ビジネス書大賞2017 ノミネート作品決定!
「サピエンス全史」や『鬼速PDCA』、『LIFE SHIFT』など話題作ほか >> 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

知的な観察によって、人を悩ます強弁・詭弁の正体を見やぶろう。
言い負かし術には強くならなくとも、そこから議論を楽しむ「ゆとり」が生まれる。ルイス・キャロルのパズルや死刑囚のパラドックスなど、論理パズルの名品を題材に、論理のあそびをじっくり味わおう。それは、詭弁術に立ち向かうための頭の訓練にもなる。
ギリシャの哲人からおなじみ寅さんまでが登場する、愉快な論理学の本。「鏡と左右」問題つき

内容(「BOOK」データベースより)

知的な観察によって、人を悩ます強弁・詭弁の正体を見やぶろう。言い負かし術には強くならなくとも、そこから議論を楽しむ「ゆとり」が生まれる。人食いワニのパラドックスや死刑囚のパラドックスなど、論理パズルの名品を題材に、論理のあそびをじっくり味わおう。それは、詭弁術に立ち向かうための頭の訓練にもなる。ギリシャの哲人からルイス・キャロルまでが登場する、愉快な論理学の本。「鏡と左右」問題の付録つき。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 225ページ
  • 出版社: 中央公論新社; 改版 (2017/4/19)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4121804481
  • ISBN-13: 978-4121804488
  • 発売日: 2017/4/19
  • 商品パッケージの寸法: 17.5 x 11 x 1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 6,323位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
1
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 ワッフル 殿堂入りレビュアートップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2017/4/23
Amazonで購入
詭弁を打ち破る正道は正しい論理を身に付けることです。しかし簡単ではありません。まず論理学の入門書、たとえば戸田山和久さんの『論理学をつくる』は初学者に勧められる易しい記述ですが、それでも400ページ以上あり、小説の速度では読めない数学の本です。その後にその何倍もの時間を掛けて大量の演習問題を解く。それで漸く初歩的訓練を終えたと言えます。

論理的思考力を身に付けるのは難しいのです。それが証拠に、大学教授の書く本にも、論理的誤謬や詭弁が少なくありません。さすがに理系の学問や法律が専門の研究者の本にそのような例はないと思いますが、人文科学の研究者は殆ど論理的思考の訓練を積んでいません。面白いほど詭弁の用例が採取できます。詭弁を弄するつもりが無いのに、当人が論理に弱いために、結果として詭弁を使ってしまっているのです。

詭弁に勝つもう一つの方法は何が詭弁かを知ることです。囲碁の格言に「定石を覚えて二目弱くなり」があります。定石は最善手の応酬です。何故弱くなるのか。相手が定石通りに打たないからです。定石にない手はいわば詭弁です。上級者はそれを咎めて戦いを有利に出来ますが、初心者は逆に負かされてしまいます。正しい論理(定石)を身に付けるのに時間がかかるならば、詭弁について学ぶことが詭弁に負けない当面の対策になりますし、論理を裏側から見ることが正しい論理
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告