¥2,200
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
詩文集 独りの偵察隊 亡命チベット人二世は詠う がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

詩文集 独りの偵察隊 亡命チベット人二世は詠う (日本語) 単行本(ソフトカバー) – 2019/6/2

5つ星のうち4.3 2個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー), 2019/6/2
¥2,200
¥2,200 ¥100
無料配送: 明日 詳細を見る
最も早いお届け日: 本日
2 時間 4 分 以内に注文した場合.
詳細を見る
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

著者について

著者プロフィール
テンジン・ツゥンドゥ(Tenzin Tsundue)
亡命チベット人2世として、1974年にインド・マナリの道路脇のテントで生まれる。
ダライ・ラマ14世とともに亡命した両親は道路建設の重労働で疲れ果て誕生日が不詳(役所により三つの異なる記録)。
ダラムサラのチベット人学校で学び、1997年に大学を卒業すると独りでインド西北部からチベットに潜り込むが拘束され「外国人」として強制送還。
ムンバイ大学大学院英文学修士、詩人、作家、フリー・チベット(チベットに自由を)のアクティビスト。
2001年に第一回全インド・アウトルック・ピカドール・エッセイ・コンテストで大賞を受賞。
著書にCrossing the Border(1997)、My Kinds of Exile(2001)、Kora : Stories and Poem(2002)、
Semshook : Essays on the Tibetan Freedom Struggle(2007)、
Tsen-Gol: Stories and Poems of Resistance(2012)があり、フランス語、中国語などに訳されている。
チベット作家協会会員、チベット友好協会(インド)事務局長。

訳・編者プロフィール
劉燕子(リユウ・イェンズ/Liu YanZi)
作家、現代中国文学者。北京に生まれる。
大学で教鞭を執りつつ日中バイリンガルで著述・翻訳。
日本語の編著訳書に『黄翔の詩と詩想』(思潮社)、『中国低層訪談録―インタビューどん底の世界―』(集広舎)、
『殺劫―チベットの文化大革命―』(共訳、集広舎)、『天安門事件から「〇八憲章」へ』(共著、藤原書店)、
『「私には敵はいない」の思想』(共著、藤原書店)、『チベットの秘密』(編著訳、集広舎)、
『人間の条件1942』(集広舎)、『劉暁波伝』(集広舎)。
劉暁波詩集『独り大海原に向かって』(共訳、書肆侃侃房)、劉霞詩集『毒薬』(共訳、書肆侃侃房)、
『現代中国を知るための52章』(共著、明石書店)、『中国が世界を動かした「1968」』(共著、藤原書店)、
『〇八憲章で学ぶ教養中国語』(共著、集広舎)、中国語の著訳書に『這条河、流過誰的前生与后生?』、
『没有墓碑的草原』など多数。
田島安江(たじま・やすえ)
1945年大分県生まれ。福岡市在住。株式会社書肆侃侃房代表取締役。

既刊詩集
『金ピカの鍋で雲を煮る』(1985)
『水の家』(1992)
『博多湾に霧の出る日は、』(2002)
『トカゲの人』(2006)
『遠いサバンナ』(2013)

共編訳
劉暁波詩集『牢屋の鼠』(2014)
都鍾煥詩集『満ち潮の時間』(2017)
劉暁波第二詩集『独り大海原に向かって』(2018) ほか

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

テンジン・ツゥンドゥ
亡命チベット人2世として、1974年にインド・マナリの道路脇のテントで生まれる。ダライ・ラマ14世とともに亡命した両親は道路建設の重労働で疲れ果て誕生日が不詳(役所により三つの異なる記録)。ダラムサラのチベット人学校で学び、1997年に大学を卒業すると独りでインド西北部からチベットに潜り込むが拘束され「外国人」として強制送還。ムンバイ大学大学院英文学修士、詩人、作家、フリー・チベット(チベットに自由を)のアクティビスト。2001年に第一回全インド・アウトルック・ピカドール・エッセイ・コンテストで大賞を受賞。チベット作家協会会員、チベット友好協会(インド)事務局長

劉/燕子
作家、現代中国文学者。北京に生まれる。大学で教鞭を執りつつ日中バイリンガルで著述・翻訳

田島/安江
1945年大分県生まれ。株式会社書肆侃侃房代表取締役(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

  • 発売日 : 2019/6/2
  • 単行本(ソフトカバー) : 208ページ
  • ISBN-13 : 978-4863853645
  • 出版社 : 書肆侃侃房; 四六版 (2019/6/2)
  • 言語: : 日本語
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち4.3 2個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.3
星5つ中の4.3
2 件のグローバル評価
星5つ
34%
星4つ
66%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

上位レビュー、対象国: 日本

2019年6月13日に日本でレビュー済み
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告