¥ 1,512
通常配送無料 詳細
残り6点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
詩人と女たち (河出文庫) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

詩人と女たち (河出文庫) 文庫 – 1996/10

5つ星のうち 4.8 6件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1,512
¥ 1,512 ¥ 169

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 詩人と女たち (河出文庫)
  • +
  • 町でいちばんの美女 (新潮文庫)
  • +
  • 死をポケットに入れて (河出文庫)
総額: ¥3,099
ポイントの合計: 95pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

わたしは五十歳。体重百二キロ。猪首、短足、目は濁り、赤ら顔。郵便局員から作家に転職した、アル中男。そんなわたしのもとへ、女たちは次から次にやってくる。何たるご馳走!―ブコウスキーの忠実な分身、チナスキーが語る、尽きることのないアルコールと女とギャンブルの物語。アカデミックな文学シーンのアウトサイダーにして偉大なるパンクスの傑作長編。


登録情報

  • 文庫: 534ページ
  • 出版社: 河出書房新社 (1996/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4309461603
  • ISBN-13: 978-4309461601
  • 発売日: 1996/10
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.6 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 39,181位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
次々に現れる女たち。
世界がこう在ったら楽しいだろうと多くの男が思う世界。
ただのスケベ小説ではない。
いい顔の大人を増やすための詩人からの提案。
精神的・物理的に身軽であることは楽しい人生を送るうえで大切なことだ。
ヒト・モノ・カネを持ちすぎて身動きが取れない人は多い。
古今亭志ん生の「びんぼう自慢」はモノ・カネを持たない人生の魅力を伝えるが、彼にはヒトがある。
ブコウスキーは何も持たない。
身軽になりたいとき、何も持たない自分を肯定したいとき、最適な一冊。
つならない人生を送る全ての男女が読めばよいと思う。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2000/11/15
形式: 文庫
おそらくブコウスキーは史上最もかっこいいジジイであろう。かれの興味を惹くのは酒と女性とギャンブルぐらいだ。たしかに写真に写ったブコウスキーは、パンツいっ
ちょでヒゲはぼうぼうの無精ヒゲ、おまけにビール腹を恥ずかしげもなくさらし、アルコールでニヤニヤ酔っぱらっている。ただの薄汚いだけのオヤジじゃないか! だけどブコウスキーが荒れに荒れた生活を小説に書くと、これがなんとも美しい作品になってしまうから不思議である。かくして絶世の美女が砂糖に群がる蟻のように寄ってくる。かれが書く本はカルト的な人気を博してめちゃくちゃ売れまくる。だからと言って荒れた生活を最後までやめようとしなかったパンクなジジイ。わかい連中も茶髪でロックをちょっとやっているからとか、オヤジ!たちに反抗しているからかっこいいなんて勘違いしちゃ駄目なんだよ。かりにかっこよくしたいという気持ちがあるなら死ぬまでかっこよくしていなさい。
コメント 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 団塊シニア トップ1000レビュアー 投稿日 2013/10/18
形式: 文庫 Amazonで購入
ヘンリーチナスキー50代、太って醜い、そしてアルコール依存の男に若くて魅力的
な女性が次から次へと訪れ身体を投げ出す、筆者自身の自伝的小説だから面白い、本性
丸出し、派手な痴話喧嘩、物語の展開の早さが長編ながら読み手を退屈させない。
人間や人混みが嫌いだという主人公、殴り書きのような荒っぽさのなかに切なさが溶け
合って余韻に浸れる作品である。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告