中古品の出品:6¥ 9,480より

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

評決のとき [DVD]

5つ星のうち 4.1 22件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
中古品の出品:6¥ 9,480より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。

  • 【50%OFF以上多数】DVD・ブルーレイ冬の大セール開催中(2017年1月31日まで)バーゲンコーナーを今すぐチェック


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: マシュー・マコノヒー, サンドラ・ブロック, サミュエル・L.ジャクソン, ケビン・スペイシー
  • 監督: ジョエル・シュマッカー
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: 英語, 日本語
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: 日本ヘラルド映画(PCH)
  • 発売日 2003/11/19
  • 時間: 150 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 22件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B0000DJWIU
  • EAN: 4988132504589
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 43,854位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

Amazonレビュー

   ミシシッピー州カントンの裁判所で、ふたりの白人青年に暴行された黒人少女の父親カール(サミュエル・L・ジャクソン)が犯人を射殺。新米弁護士ジェイク(マシュー・マコノヒー)は彼を弁護することになるが、人種差別のはびこる南部の町を舞台に、やがて事件は白人と黒人の対立という大きな社会問題へと発展していく…。
   ジョン・グリシャムのベストセラー小説を『タイガーランド』などジョエル・シューマカー監督が映画化。アメリカ映画では繰り返し描かれてきた人種差別問題をモチーフにしているが、ここで彼は単に多彩なキャストをさばくといった職人芸だけではなく、グリシャム小説につきものの作り物めいた物語性をいかに払拭させ、社会的反骨の姿勢をもって演出に腐心しているかが容易にうかがえる。ケヴィン・スペイシーが憎まれ役検事を熱演。(的田也寸志)

内容(「Oricon」データベースより)

ベストセラー作家、ジョン・グリシャム原作によるサスペンスドラマ。マシュー・マコノヒー、サンドラ・ブロックほか出演。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

映画を見ていて「この弁護士さん、誰?!」って、
余りの格好良さと味のある芝居にビックリしましたが
この人がマシューマコノヒーだったんですね?!
映画を見る前に特に予備知識が無かったんで、ストーリーの良さにビックリしました。
事件が次から次から起きて、長い映画だったけど全くダレ無い。
本当に良く出来た物語でした。
ラストシーンの一言を言う前の、マシューのこみ上げてくる感情を抑えきれず涙ぐむ所が、映画全体の印象を更に上げたと思います。
本当にいい映画でした。
しかも出演者の豪華さに驚き、です。
「え~!サザーランド親子?!ケビンスペイシー?!サンドラブロック?!」
ミーハー感覚炸裂♪
既に何回も見てしまいました。判っててもラストシーンは涙が出ます。
しばらく頭を離れないみたいです。
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
黒人の10歳の少女が白人の男性2人にレイプされ、川に投げ捨てられる。
怒りを抑えられない少女の父親は、裁判所という公衆の面前で犯人2人を
射殺して裁判にかけられる。

事件の起こった場所は、人種差別が根強くのこる南部地方。
黒人の父親を弁護するのは白人の弁護士。
白人なのに黒人を弁護する弁護士に対してKKKが、弁護士に対して生命の
危険を感じさせるほどの妨害をする。それでも弁護人を降りない弁護士。
しかし、陪審員も偏見からほぼ死刑判決に傾いていた。

そして最終弁論。

若い弁護士は、陪審員に目を瞑らせ、10歳の少女がいかに残酷に扱われたかを想像させる様に
事件の概要を淡々と語ります。
陪審員には、犯人が少女に行った行為を想像して涙を流す人もいました。

事件の残虐性を想像させた後に最後に弁護士が言ったセリフ。

"She was white."

陪審員はもちろん、法廷にいたすべての人、犯人の母親でさえも、その一言で人種差別を
感じたのだと思います。
白人の少女が同じ目に遭ったならその父親は死刑にはならないどろうと。

結果は無
...続きを読む ›
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 emir1969 VINE メンバー 投稿日 2003/12/13
文庫本で2冊、およそ1000ページの原作を実に要領よく2時間半にまとめたなと何度見ても感心します、同じ条件で映画化された「ハンニバル」の中途半端さと比較すれば、本作の製作者達の力量は実に見事なものだ、と賞賛されてしかるべきでしょう、
マシュー・マコノヒーは本作でメジャー・デビューしたわけですが、本作の弁護士役があまりにも適役すぎて、その後もハリウッドAクラス俳優の地位は保っているとは思いますが、本作を越える役にはいまだめぐり合えていないのも確かで、さらなる適役が現れることを期待しています、
映画を見て法廷戦術に興味をもたれた方はぜひ原作を読むことをお勧めします、マシューとケヴィンの心理戦など映画を更に楽しめることを保証します、
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 しーちゃん 投稿日 2011/9/7
この映画は老若男女問わず観てほしいです

私が最初に観たのは子供の頃でした

結婚し、子供が産まれてからまた観てみたら

あの時と違う考え方をしている自分がいました

こんなにも深く考えさせられた映画はこれが初めてです

何年たって観ても素晴らしい映画だと私は思います
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
単なる人種差別の映画として捉えるのはもったいない。もっと深く、人間の思考のバイアスについても問題提起している。裁判のような極めて重要な局面においても、人間は自らの考えをきちんとアウトプットできないものである。それを知るにはうってつけだ。それにしても、このテーマを見事に映像化していることには感心する。

クライマックスは圧巻。絶対みるべし。何か感じるものはあるはず。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
すでに原作小説のレビューを書いているので映画にはレビューする気がなかったのですが、
意外なくらいみなさんの評価が高いので、あえて反対意見を述べておくのも価値があるかと思い以下記します。

まず、そもそもの前提として法律どおりに解釈すればこの映画の被告人は有罪が妥当なはずです。
しかし、最後にはそうではない評決が出る。
問題はなぜ、どんなプロセスを経てその評決が出たかです。
この映画では弁護士が大変感動的な最終弁論をし、陪審はそれに応えて評決を出します。
しかし弁舌が見事だったので被告人は助かりました、という筋書きではちょっと冷静に振り返ると感動もへったくれも無い。

実は原作小説のクライマックスは映画と筋書きが異なるのですが、そのためにそれぞれの作品で評決に対する納得感も異なります。
最後に陪審に問われるのは、法律上の白黒ではなく別の事柄であるのは映画と小説どちらも共通といえると思いますが
この映画のように弁護士が法廷でその問いを立ててしまったのでは、「それを言っちゃあオシマイよ」と言わざるを得ません。

わたしはこの映画の原作となった小説はすばらしいと思います。
しかし、その作品がこの脚本に置き換えられてさらに世に広まってしまったのは残念に思います。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー




フィードバック