¥ 5,832
通常配送無料 詳細
残り10点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
[証言録]海軍反省会 9 がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

[証言録]海軍反省会 9 単行本 – 2016/8/25

5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 5,832
¥ 5,832 ¥ 11,664

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • [証言録]海軍反省会 9
  • +
  • [証言録]海軍反省会 8
  • +
  • [証言録]海軍反省会 7
総額: ¥15,768
ポイントの合計: 415pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



2017年本屋大賞は『蜜蜂と遠雷』に
大賞は『蜜蜂と遠雷』恩田陸!2位は『みかづき』森絵都、3位『罪の声』塩田武士 …>> 作品一覧はこちら

商品の説明

内容紹介

『[証言録]海軍反省会』の第9巻。第69回から第92回までのうち、録音記録の残る8回分を収録する。本巻は、録音記録が欠落した回が最も多くなっている時期に当たっており、会の議論進行が追いかけにくい感は否めないが、そんな中でも貴重な議論が多く含まれている。まずは、各巻で必ず触れられる「真珠湾攻撃」「山本五十六」に関する論議。今回は、第二撃問題についての源田実氏の証言の虚実が語られるが、常にこの反省会に登場するこの二つの議題は、大日本帝国海軍における根本問題を含んでいるのではないかということが、極めて強く感じられてくる。その他に、黛治夫氏が初めて語る、「命中率3倍の根拠」。ミッドウェー海戦、雷爆装転換問題。豊田隈雄氏による、「戦争裁判における海軍の駆け引き」など、読みどころ満載である。

内容(「BOOK」データベースより)

真珠湾攻撃についての源田実証言の虚実、ミッドウェー海戦における雷爆装の転換問題、戦争裁判での駆け引きの裏話など、興味あふれる議論が展開。第69回から第92回まで、録音の存在する8回分を収録。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 554ページ
  • 出版社: PHP研究所 (2016/8/25)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4569831486
  • ISBN-13: 978-4569831480
  • 発売日: 2016/8/25
  • 商品パッケージの寸法: 21.8 x 15.9 x 3.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 426,269位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
1
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
だいたい7冊目辺りまでは海軍の内部事情的な話しが多かったりして、一般受けしそうも無い様な専門家の方が好きそうな内容に偏っていましたが、8冊目で少し、また9冊目では多目の内容で真珠湾作戦・ミッドウェー作戦の話しを採り挙げていますので、戦記に興味のある人達には面白いであろうと思います。

本当はもうちょっと深いところを読んで貰いたいのですが、例えば当時の海軍上層部が戦略・戦術の正確なところを捕らえようと努力しない体質がどんなであったか等ですが、現代でもそんな人は多いですよね。ただそう云った人達が大雑把に作戦指導を採るとどんな結果になるか?

海軍の深いところを知ろうとする方は各作戦の始末の背景を読めるところが興味深いと思います。
海軍の失敗について勉強を始めたい方にも、太平洋戦争の大きなトピックである両作戦について、失敗の根源に踏み入れる事が出来ると思います。

「海軍反省会」は1冊が4千円から5千円とかなりお高い本ですので全冊を購入していくのは難儀ですが、他冊をすっ飛ばして今冊のみでも読んでみるのは面白いです。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告