通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
記者会見ゲリラ戦記 (扶桑社新書) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

記者会見ゲリラ戦記 (扶桑社新書) 新書 – 2010/12/1

5つ星のうち 4.9 7件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 821
¥ 821 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

★「記者会見開放」をめぐる、徒手空拳ゲリラ戦の記録!

政権交代以降、「記者会見オープン化」の現場を歩き始めた
フリーランスライターが遭遇した、世にも奇妙な永田町の慣例――

「記者クラブ」の皆様には名刺交換を拒まれ、
記者証のない国会では門前払いされ、
会見に参加できても質問はできない
「名ばかり」オープン化の実態をルポ。

貧者の武器、twitterやUstreamを駆使して
会見「ダダ漏れ」を試みながら考えた
記者クラブの「報じない権力」とは?

Webマガジン「マガジン9」の人気連載『永田町記者会見日記~首相官邸への道』に大幅加筆。
亀井静香・前金融担当相、岡田克也・前外相、原口一博・前総務相のSpecialインタビュー。
ゲリラ共同戦線を張るジャーナリスト岩上安身氏&大川興業・大川総裁との座談会も収録。

内容(「BOOK」データベースより)

政権交代以降、「記者会見オープン化」の現場を歩き始めたフリーランスライターが遭遇した、世にも奇妙な永田町の慣例―「記者クラブ」の皆様には名刺交換を拒まれ、記者章のない国会では門前払いされ、会見に参加できても質問はできない「名ばかりオープン化」の実態―twitterやUstreamを駆使して会見「タダ漏れ」を試みながら考えた記者クラブの「報じない権力」とは?「会見開放」をめぐるゲリラ戦の記録。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 288ページ
  • 出版社: 扶桑社 (2010/12/1)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 459406325X
  • ISBN-13: 978-4594063252
  • 発売日: 2010/12/1
  • 商品パッケージの寸法: 17.5 x 11.7 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.9 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 617,577位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.9
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 新書
記者クラブとは、政府の都合いいように報道をコントロールするために
温存されたシステムであり、そういった意味では情報統制の装置であろう。

また、記者クラブメディアは優先的、かつ独占的に情報を得ることに汲々とし
非記者クラブメディアを排除することで、その既得権を守ろうとする。

世界でも珍しい記者クラブというシステムが機能している限り、
報道は本来の使命である、権力をチェックするという機能を放棄したも同然ではないか。

政権が交代し、一旦は開放に向かうかと思われた記者会見も
官報の抵抗により一部しか実現されず、
菅総理の誕生により、後退してしまった印象さえある。

しかし日頃、記者クラブメディアにしか接することのない者は、
その存在すら知らされないのだから事は深刻だ。

本書は、そんな強固な記者クラブという壁に阻まれながらも、
ツイッターやUSTといったネットでの武器を引提げ、
唯一点、記者会見の開放を目指し、
日々ゲリラ戦を続けるフリーライターの渾身のルポである。

280ページ超と、新書にしては分厚いが一気に読める。
決して中身が薄いということではなく、ユーモアあり、イラストありで
読み始めたらページをめくる手が止められなくなる一冊である。
コメント 44人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
世界の常識である「フリープレスの原則」(報道に携わる者は誰でも自由に取材ができる)が、日本では戦後65年間、「常識」ではなかったという。記者クラブという「カルテル」のもと、「大本営発表」とも言うべき情報統制は依然として行われており、知る権利という点で国民は、いまだ「戦中」に留め置かれている。

そうした情報格差の戦場である永田町に、消耗戦を挑んだのが筆者である。フリーランスの立場でなされる現地報告は、ときに悲哀に満ち、ときに笑いを誘いつつ、記者クラブというシステムの異常さを、読む者に実感させていく。たとえば、総務省や人事院の職員が、記者室の枕カバーを縫い付けている光景など、果たして誰が想像し得たであろう。税金により雇用されている職員に、枕カバーを縫わせて何の疑問も抱かず、平然としていられる神経の麻痺状態こそ、まさに仕分けの対象であろう。

来る日も来る日も、倦むことなく折れることなく、「記者会見のオープン化」をめざして粘り強く続けられる筆者の地道な活動を支えているのは、記者クラブが、「報じない権力」を行使し、情報をコントロールする事態への危機意識である。「報道の原点は言うまでもなく現場での取材である。一次情報をどれだけ集め、それをどう伝えていくか。それが報道の使命」(P.221)という信念に、ジャーナリストとしてのプロ意識を見る。
...続きを読む ›
コメント 29人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
twitterで@hatakezoの発言を聞いて興味をもった日に本屋で見つけたもんだから、買うのは仕方ない。

最初は内容にも期待していなかった。
ぱらぱらと取ってみれば、亀井静香や岡田克也の話が出てくる。

さてさて、記者クラブの問題を扱っているという話はわかっていたのだが、その内容は。。。

と読み始めたら圧倒的に面白い。

というのもその理由の一つは著者のやんちゃぶりなのだが、
それ以上に記者会見のオープン化は政治家を測る明確な物差しになりうるからだ。

記者会見のオープン化という物差しで見てみると
混沌とした政治家達を、これほどにすっきりと区別できるのかと驚く。

もちろん、記者会見をオープン化する政治家が全ての面で正しいと言う事ではない(ありえない)。
だが、正しくない事もあるから、オープン化する政治家は信用できるのだ。
追及し議論する場を提供する人とは、議論できるからだ。

本書を読んでいるとオープン化は政治家個人の資質にもよるが
それ以上にそれを阻んでいるのが誰であるか正体が見えない事に気付く。

それを大臣と呼んだり、官僚と呼んだり、マスコミと呼ぶが
...続きを読む ›
2 コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
偏見無しで一度は呼んでみると良い
果たして日本の新聞テレビが本当の事を伝えているか
フィルターを懸けて読むと腹が立つかもしれないが
一度フイルターを外してみたらどうでしょう
世界観が変わるかも…
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告