中古品
¥ 2
+ ¥ 256 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ■通常24時間以内に発送可能です。■午後4時までのご注文は通常当日出荷。■クリーニング済み。■中古品ではございますが、良好なコンディションです。■万が一品質に不備があった場合は返金対応。■防水梱包です。■決済は、クレジットカード、コンビニ決済・ATM・ネットバンキング・Edy払いがご利用可能です。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

記者クラブ崩壊 新聞・テレビとの200日戦争 (小学館101新書) 新書 – 2010/4/1

5つ星のうち 4.2 20件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
新書
¥ 3,412 ¥ 1
click to open popover


Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容紹介

官僚に操られる新聞・テレビは死んだ!

新聞・テレビが、国民から「知る権利」を奪っている。官僚による情報操作、各社横並びの報道談合、海外メディアの日本撤退、すべての根源は「記者クラブ」だった!
鳩山政権公約「記者会見オープン化」に抵抗する記者クラブと、筆者は戦ってきた。その200日間の軌跡を通じて、官僚と大マスコミが一体化した「官報複合体」の正体を明らかにし、世論を喚起する1冊。

内容(「BOOK」データベースより)

新聞・テレビが、国民から「知る権利」を奪っている。官僚による情報操作、各社横並びの報道談合、海外メディアの日本撤退、すべての根源は「記者クラブ」だった。鳩山政権公約「記者会見オープン化」に抵抗する記者クラブと、著者は戦ってきた。その200日間の軌跡を通じて、官僚と大マスコミが一体化した「官報複合体」の正体を明らかにし、世論を喚起する一冊。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 189ページ
  • 出版社: 小学館 (2010/4/1)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4098250764
  • ISBN-13: 978-4098250769
  • 発売日: 2010/4/1
  • 梱包サイズ: 16.8 x 11 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 20件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 273,306位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

ベスト500レビュアーVINEメンバー
2016年5月9日
Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2016年10月5日
Amazonで購入
2010年9月27日
Amazonで購入
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2011年3月10日
Amazonで購入
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2013年1月9日
7人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2010年5月25日
Amazonで購入
31人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告