この書籍はよりお買い得なバージョンをご購入いただけます
Kindle版を選ぶと、¥ 848 (49%) お買い得にご購入いただけます。
¥ 880
Kindle版
¥ 1,728
ハードカバー価格

Kindle版を選ぶと、<span class="a-color-price">¥ 848 (49%)</span> お買い得にご購入いただけます。 iOS, Android, Mac & パソコンで使えるKindle無料アプリで今すぐ読む
  • ポイント: 52pt (3%)
通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
記者たちは海に向かった 津波と放射能と福島民友新... がカートに入りました
+ ¥ 254 配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 BOOK BEAR
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 使用感は少なく概ね良好な状態です。■全品簡易クリーニング済み。 ■ビニール包装のうえ迅速発送しています。 ■通常はポスト投函なので、不在でも受け取れます(但し商品の大きさやポストの大きさによって一部例外あり)。 ■付属品がある場合には、その旨を明記しております。説明に無いものは付属しないものとお考えください。 ■シンプル梱包なのでゴミが少なく済みます。 ■Amazonの登録状況によってはカバーデザインが異なる場合があります。 ■不具合がありましたら対応いたしますのでご連絡ください。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

記者たちは海に向かった 津波と放射能と福島民友新聞 (ノンフィクション単行本) 単行本 – 2014/3/7

5つ星のうち 4.7 27件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版
単行本
¥ 1,728
¥ 1,728 ¥ 1
文庫 ¥ 950 ¥ 1

booksPMP

【KADOKAWA商品2冊以上で最大12%ポイント還元中】

KADOKAWA全商品の中から2冊以上同時購入で最大12%ポイント還元。今すぐチェック

click to open popover


よく一緒に購入されている商品

  • 記者たちは海に向かった  津波と放射能と福島民友新聞 (ノンフィクション単行本)
  • +
  • 死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日
  • +
  • 「吉田調書」を読み解く 朝日誤報事件と現場の真実
総額: ¥4,968
ポイントの合計: 151pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



無料で使えるAmazonオリジナルブックカバー
10種類のロゴ入りデザインから好みのデザインを印刷して取り付けよう。 詳しくはこちら。

商品の説明

内容紹介

2011年3月11日、一人の新聞記者が死んだ。

福島民友新聞記者、熊田由貴生、享年24。福島県南相馬市で津波の最前線で取材をしていた熊田記者は、自分の命と引きかえに地元の人間の命を救った。

その死は、仲間に衝撃を与えた。それは、ほかの記者たちも同じように津波を撮るべく海に向かい、そして、命の危機に陥っていたからである。なかには目の前で津波に呑まれる人を救うことができなかった記者もいた。

熊田が死んで、俺が生き残った――。熊田記者の「死」は、生き残った記者たちに哀しみと傷痕を残した。それは、「命」というものを深く考えさせ、その意味を問い直す重い課題をそれぞれに突きつけた。

創刊以来、100年を超える歴史を持つ福島民友新聞はこの時、記者を喪っただけでなく、激震とそれに伴う停電、さらには非常用発電機のトラブルで、新聞が発行できない崖っ淵に立たされた。創刊以来の「紙齢(しれい)を欠く」ことは新聞にとって「死」を意味する。ぎりぎりの状況で、凄まじい新聞人たちの闘いが展開された。

さらに地震、津波、放射能汚染という複合災害の現場となった福島県の「浜通り」では、この“三重苦"によって、「読者」も、「新聞記者」も、「販売店」も、すべてが被災者となり、そのエリアから去らざるを得なくなった。

それは、日本の新聞が初めて経験した「新聞エリアの欠落」にほかならなかった。考えられうる最悪の事態の中で、彼ら新聞人はどう闘ったのか。

「震災を、福島を報じなくては――」。取材の最前線でなぜ記者は、死んだのか。そして、その死は、なぜ仲間たちに負い目とトラウマを残したのか。ノンフィクション作家・門田隆将が当事者たちの実名証言で綴る『死の淵を見た男』に次ぐ福島第二弾。「命」とは何か、「新聞」とは何か、を問う魂が震える感動の実話とは――。

内容(「BOOK」データベースより)

大津波の最前線で取材していた24歳の地元紙記者は、なぜ死んだのか。そして、その死は、なぜ仲間たちに負い目とトラウマを残したのか。記者を喪っただけでなく、新聞発行そのものの危機に陥った「福島民友新聞」を舞台に繰り広げられた壮絶な執念と葛藤のドラマ。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 339ページ
  • 出版社: KADOKAWA/角川書店 (2014/3/7)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4041107342
  • ISBN-13: 978-4041107348
  • 発売日: 2014/3/7
  • 梱包サイズ: 18.6 x 13.4 x 3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 27件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 243,758位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

関連メディア


27件のカスタマーレビュー

5つ星のうち4.7

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

気になるトピックのレビューを読もう

27件中1 - 8件目のレビューを表示

2014年11月16日
形式: 単行本Amazonで購入
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2018年8月17日
形式: 単行本Amazonで購入
ベスト500レビュアー
2014年10月2日
形式: 単行本Amazonで購入
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2017年8月1日
形式: 単行本Amazonで購入
2014年7月5日
形式: 単行本Amazonで購入
2014年5月22日
形式: 単行本Amazonで購入
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2014年4月16日
形式: 単行本Amazonで購入
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2014年3月20日
形式: 単行本Amazonで購入
6人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告