通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
記憶はウソをつく (祥伝社新書 177) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 CARPE DIEM書店
コンディション: 中古品: 良い
コメント: カバーに使用感(ヨレ、スレ、傷等)あり。中身は書き込み、ヨレ、汚れない状態です。万が一購読等に支障をきたすようなことがありました場合、アマゾンの規定に従いカスタマーサポートを通して適宜誠実に対応させていただきます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

記憶はウソをつく (祥伝社新書 177) 新書 – 2009/9/29

5つ星のうち 4.7 6件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
新書
"もう一度試してください。"
¥ 821
¥ 821 ¥ 236
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 記憶はウソをつく (祥伝社新書 177)
  • +
  • 自白の心理学 (岩波新書)
総額: ¥1,599
ポイントの合計: 34pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

「記憶とは、本当に過去にあったもの」。普通は、そう信じて疑わない。けれど最近の研究では、記憶が必ずしも真実ではないことが明らかになってきている。
記憶は、後で入ってきた情報や、現在の心理状態の影響を受けて刻々と姿を変えてしまうことがある、というのだ。
そう、あなたの記憶は、後になって作られたものかもしれないのだ。自分の記憶が書き換え可能であるなら、記憶で思い出す過去が本当にあったものなのか、誰もが不安になるだろう。
裁判での自白や目撃証言も、人間の記憶が元になっている。記憶があてにならないとしたら、どう真実を見極めたらいいのだろうか。
本書は、そうした記憶のウソについて、最新の研究成果に基づき、さまざまな角度から検証したものである。

内容(「BOOK」データベースより)

思い出はなぜ美しくなるのか?目撃証言があてにならない理由とは?最新心理学が解き明かしたメカニズム「記憶はこうして捏造される!」。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 216ページ
  • 出版社: 祥伝社 (2009/9/29)
  • ISBN-10: 4396111770
  • ISBN-13: 978-4396111779
  • 発売日: 2009/9/29
  • 梱包サイズ: 17.2 x 10.8 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 33,957位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 新書 Amazonで購入
・全体像
「記憶とは、本当に過去にあったもの」普通は、そう信じて疑わない。

名城大学教授【榎本博明】が送る、脳を心理学で紐解いた新しい一冊。
多数の実例を元に、そのメカニズムを論理的に説明している。

・感想
題名通り、記憶の曖昧性に心理学の観点から踏み込んでいます。
話しているうちに本人自身も騙されていく、別の日の記憶が混入するなど、
一見冗談のような話ですが、実例を論理的に説明しているので
読み終えたころには間違いなく納得している自分がいると思います。

・抜粋文
記憶には今自分が置かれている状況に合わせて書き換えられる習慣がある。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
この本では主に、偽の記憶が作られてゆく、記憶の変容の過程が著述されています。人が真実ではない自白・証言をしてしまう過程、歪められた記憶によって被る可能性のある負の側面に、スポットが当てられています。
ですが、私は読んでいて正反対の事象を思っていました。
それは「イメージトレーニング」です。
記憶が後天的影響によって歪まされ、自分に不利な変容をきたしてしまうのなら、逆に有利な変容を起こすのもあり得るのでは、「逆もまた真なり」なのではないか? というわけです。
いわゆるアスリートと呼ばれる方々は、どうせ起こってしまう記憶の変容をもポジティブに活用して、自己の能力を高め、引き出すことに成功しているのではないか、と。
素人の浅知恵ですが、そんなことを考えながら読んでいました。

それにしても、記憶というものが実は「憶える時」と「思い出す時」の二段構造になっていたとは驚きでした。そして、「思い出す時」の意識や状況といった“フィルター”が、記憶の変容に重要な役割を持っていることも。
言われてみれば確かに、記憶が「憶える時」のみ働くのであれば、誰もがコンピューターのように正確に「思い出せる」はずですものね。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
まずは、文章が平易で読みやすかった。幼児虐待の記憶の植え付けについては、
海外のドラマのストーリーにも採用されており、内容的には既視感があるが、
丁寧に解かりやすく記されていた。一番面白かったのは、
第四章の「記憶はどこまで嘘をつくのか」だ。
また「どこまでが自分のオリジナルな記憶なのか」という小見出しの言葉は、
自分は何者なのかということにも関わることで、印象に残った。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告