中古品:
¥ 1,234
2000円以上国内配送料無料(一部例外あり)でお届けします。 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少のキズ・使用感がございます。デジタルコピー、ダウンロード等は使用できません。記載ない限り予約特典などは付属致しません。商品はアマゾン倉庫内にある為、商品に関する個別のお問合せにはお答えできません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせます)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

記憶の棘 オリジナル・バージョン [DVD]

5つ星のうち 3.6 23件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
新品の出品:4¥ 1,002より 中古品の出品:13¥ 711より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: ニコール・キッドマン, キャメロン・ブライト, ローレン・バコール, ダニー・ヒューストン, アン・ヘッシュ
  • 監督: ジョナサン・クレイザー
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: 英語, 日本語
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ハピネット・ピクチャーズ
  • 発売日 2007/03/23
  • 時間: 100 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.6 23件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B000I6AN44
  • JAN: 4907953020948
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 80,657位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

『めぐりあう時間たち』のニコール・キッドマン主演によるサスペンス。10年前に最愛の夫を失ったアナは、何年も自分との結婚を待ち続けてくれた男性との婚約を決意する。そんな折、彼女の前に夫の名を名乗る少年が現れ…。

内容(「Oricon」データベースより)

10年前に心臓発作で愛する夫・シェーンを失ったアナ。心の傷を癒すため、何年も待ち続けてくれた男性・ジョセフとの婚約を決意する。しかしそんなある日、見知らぬ少年が彼女の前に現れ、こう告げる…。「僕はシェーン。君の夫だ」。ニコール・キッドマン主演で贈る上級のサスペンスストーリー!

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 ROSE トップ500レビュアー 投稿日 2016/7/19
全体に流れるクラシカルミュージック、抑えたセリフ、ローレンバコール、キャメロンブライドが邪魔をしていません。
監督はジョナサン・クレイザー、ミュジックビデオの専門家らしいですが、中々の演出でした。
10年前、最愛の夫を亡くし、悪い記憶がやっと癒えて新しい人生を見つけたところで、突然、10歳の子供がその最愛の夫の生まれ変わりとして目の前に現れたら。
人間の深い情念の世界ですね。
最後まで、判らない展開ですが、ニコールキッドマンだからこそ挑戦できた役だと感心しました。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
エンディングをどうとるかによって、全く違う評価になる作品。
そのまま単純にとれば「なんだ?」になるだろうが、少年がアナを大切にするがゆえにの行動と考えれば、とても哀しい愛の物語となるはず。
「恋人になった」とされる女性の存在や言動が、重要な意味を持つのだろう。

ニコール・キッドマンの微妙な表情のアップを、じっくり観せるカットがある。
俳優の度量が試される場面だろうが、やはり・・・・・・・・・すごい。
静かに物語が進行していく分、その心情がとても繊細に描かれている。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
オープニングシーンを見た瞬間、アナと少年の行き着く先が楽しみになった。
もう片時も目は離せなくなった自分が居た。
アナと共に観る者も「輪廻」という言葉に酔いしれていた時、ショーンを名乗る少年の前に「愛人」が登場。観る者も夢から覚めて、フッと現実に引き戻されたような気分となった。

そして迎えた2人の結末。
共に身を切る思いで出した結論のように思う。

観終わって2人の心の中を、今一度覗きたくて2回3回と観てみた。

観る人によっていろいろな受け取り方が出ることは、製作者は計算に入れていただろう。
観る者達が自由な想像の世界に浸れる。
この作品の魅力の一つではないか。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
子役、もう少し、他にも、いたんじゃないのでしょうか?

初めの公園に埋めるところは、無で。。
回想シーンだけで、描いても良かったのでは?
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
 観終わった観客100人100様の印象が残るように、というジョナサン・グレイザー監督の目論見は成功している。
周到に練り上げられた脚本、そして結末は曖昧なまま終わる。

 少年の振舞いの原因が、ヒロイン、アナの友人(アナの亡き夫の恋人)から少年自身に示される。それは少年以外に語られることのない秘密、それはアナへの復讐でもある。
「ショーン少年、アナ、婚約者」「少年、亡き夫ショーン、その恋人」、少年を頂点として重なることのない別々のトライアングルが、この物語の行く末に袋小路のような閉塞感を与えている。
 10年前の夫の突然の死、その記憶を振り払う幸せなスタートであるべき再婚を捨て、おそらくアナはこの先少年への気持ちを引きずったまま暮らし続けるのだろう。
ショーン少年の一途で確信に満ちていた視線はアナにとっての抜くことができない二つ目の「棘」となり、そんな深い絶望を観客と共有して映画は終わる。

[蛇足]ニコール・キッドマンは、明るさを抑制した映像の中でヒロインの微妙な心のひだまで演技しつくしている。
「彼女の演技なくしてこの映画の成功はなかった。」とする監督のコメントも本音なのだろう。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
ミステリー仕立てに作っていますが「最愛の人を亡くすと、人はこんなにも脆く、愚かになるんだ。」
というのがこの映画の主題だと思います。
ニコールキッドマンの演技と、全編を流れる優しい音楽がそう教えてくれます。
最愛の人を亡くした心の傷は、一生癒えることはないのです。

しかし,ミステリーとして話を追いかけると、構成、結末ともに「おいおい、そりゃないだろ!」と思われがちな映画です。
ミステリーを期待させるような宣伝とDVDのパッケージが、「心の傷」という主題を判りづらくさせてます。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
作品としてはいまいちで、何となく暗さも目立った。往年の大女優、ローレン・バコールが出演しているのは魅力的。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー