通常配送無料 詳細
残り8点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
記憶のしくみ 上 (ブルーバックス) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ■書き込みやマーカー等の線引きはございません。■ページやカバーは、中古のため多少のスレ、ヨレ、ヤケ、折れ、細かな傷があることがありますが、全体的に良好です。■商品によってはAmazonの商品画像と異なる場合があり、発行年月日や翻訳者が違う場合がございますので事前にご連絡をください。また、帯は付帯していない場合がございますのであらかじめご了承ください。■ご注文確定後48時間以内に発送いたします。■発送は原則ゆうメールとなります(配送方法はAmazonの規定に沿って発送いたします)。※【返金返品について】商品の状態は確認しておりますが、万が一見落とし、配送時のトラブル等の不都合がございましたらAmazonの規定に準じて誠意を持って対応させていただきますのでご連絡ください。なお、コンディション、配送並びに返金返品につきましては事前にAmazonのヘルプページをご確認ください。【特記】ゆうメール(日本郵便)は日祝配送休み、追跡番号はありませんのでご了承ください。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

記憶のしくみ 上 (ブルーバックス) 新書 – 2013/11/21

5つ星のうち 5.0 9件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
新書
"もう一度試してください。"
¥ 1,728
¥ 1,728 ¥ 1,109

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 記憶のしくみ 上 (ブルーバックス)
  • +
  • 記憶のしくみ 下 (ブルーバックス)
  • +
  • 記憶と情動の脳科学―「忘れにくい記憶」の作られ方 (ブルーバックス)
総額: ¥4,514
ポイントの合計: 136pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



村上春樹の最新作が予約開始
新作長編「騎士団長殺し」が2月24日に発売。「第1部 顕れるイデア編」「第2部 遷ろうメタファー編」の全2冊で構成。 第1部を今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

記憶するとはどういうことなのか?
ノーベル賞学者が書いた新しい脳と記憶の教科書。カラー図解

上巻では、記憶は人の存在・個性(その人が誰であるか)を決定する基本的な生理機能であり、記憶には種類があり大きくは二つに分類されることを具体的な証拠をあげて説明していきます。その一つは、陳述記憶であり、これは言葉で説明できる出来事(エピソード)に関するもので、意識できる記憶です。もう一つは、運動技能や反射などの非陳述記憶であり、このグループに属する記憶は、説明することができないばかりではなく、意識することもできません。記憶には種類があることを決定的に裏付けた患者H・Mの症例についての記述は、上巻の中でも最もエキサイティングな部分です。つまり、難治性てんかん治療のため海馬を含む側頭葉の摘出手術を受けたH・Mは、術後にてんかんは軽快したものの、悲惨にも陳述記憶は失われ、非陳述記憶は健常人と同様に保存されていることが、ブレンダ・ミルナーらによって発見され、この事実はその後の記憶研究に大きな影響を与えました。軟体動物のような比較的単純な神経系の動物でも、非陳述記憶ははたらいていて、この種の記憶が神経細胞のつなぎ目(シナプス)でどのように作られるかの説明は、上巻のもう一つのクライマックスです。

内容(「BOOK」データベースより)

記憶はどのように組織化されるのか?記憶の種類、記憶を司る分子、学習とシナプス可塑性を中心に解説。ノーベル賞学者が書いた新しい脳と記憶の教科書。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 304ページ
  • 出版社: 講談社 (2013/11/21)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062578425
  • ISBN-13: 978-4062578424
  • 発売日: 2013/11/21
  • 商品パッケージの寸法: 17.4 x 11.4 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 9件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 28,320位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
9
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(9)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 新書
原著が2009年に刊行されたばかりの、記憶に関する最新研究を分かりやすくまとめた科学解説。分子生物学と認知神経科学の両方からのアプローチにより得られた、過去30年余りの研究の成果が一望に見渡せる。構成は2巻組で、上巻では記憶の種類の2つについて書かれ、「シナプス可塑性」を中心とした基本的な記憶メカニズムの説明をおこなう。ついで下巻では、陳述記憶における短期記憶と長期記憶の記憶貯蔵のメカニズムについて、分子生物学的ならびに認知神経科学の観点からの研究成果をもとに、詳しく解説している。

本書を読むには生物学や化学の知識も若干必要かもしれない。しかし一般読者や学生向けだからと適当に誤魔化さずきちんと、且つなるべく分かりやすく説明しようという態度には好感が持てる。高齢による記憶障害やアルツハイマー型認知症といった高次の機能障害について、執筆時の最新知見が触れられているのも好印象。翻訳書の場合は得てして日本人著者による本に比べると文章が読みにくいなどのハンディがあるが、こういった点は海外の科学解説書に共通した良い部分ではあるよね。(ちなみに著者のひとりエリック・R・カンデルは2000年のノーベル生理学・医学賞を受賞している人物。こういう人が一般向けの本を書くところがすごいよなあ。)

もっとも最近は日本でも第一線の研究者が一般向けの本を書いてくれるよ
...続きを読む ›
コメント 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 neurologistsk VINE メンバー 投稿日 2014/1/8
形式: 新書
一般向けの本として気軽に読み始めましたが、内容はかなり高度です.
カンデル博士の業績も当たり前ですが多数紹介されています.
記憶に関する神経科学の最先端を紹介している本です.
その内容は臨床から分子生物学まで及んでいますが、基礎から説き起こしており
再度勉強ができるようになっています.
生物学系、医学系の学生を対象にしているようにも思えますが、
一般の人が読んでも得るところの多いと思います.
ノーベル賞受賞科学者がこのような本を書いてくれる事に感謝しています.
記憶に興味のある方は是非ご一読を..
コメント 30人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
本書の著者であるスクワイアとカンデルは2人とも最先端の脳科学の研究者。
カンデルは記憶の研究で2000年にノーベル生理学・医学賞も受賞している。

この本は2人の研究成果を総合し、脳のシステムレベルから分子レベルに至るまで、記憶の仕組みについて今までに分かっている内容を詳細に説明したもの。
内容は他のブルーバックスと比べても高度であり、分量も非常に多い。
しかし、カラーの図やイラストが豊富なため、高校レベルの知識があれば最初から最後まで読み通せるようになっている。

上巻では、陳述記憶と非陳述記憶の2種類の記憶のうち、運動技能や反射などの非陳述記憶の仕組みを中心に説明されている。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
記憶のメカニズムについてアメフラシの馴れ(habituation)から始まって、長期増強(LTP)、長期抑圧(LTD)のメカニズムがシナプスレベルでわかりやすく説明されています。訳も正確で読みやすいです。誤訳と思えるところはごくわずかでした。原書を手許において読むともっとよいのですが、アベノミクスのお陰で洋書の値段が2倍近くなり、貧乏なヒトには買えなくなりました。まえなら5,000円強で原書が買えたのに、今は1万円近いです。テクニカルタームはときに日本語しか書いてないので、原語が知りたくなります。それで図書館で買ってもらいましたが、書き込みができないのがネックです。なお、この本は専門書ではなく、一般向けに(レベルが高いと思うが)書かれているせいか、原書にも引用文献リストはありません。カンデル(ノーベル賞受賞者)とスクワイアの共著ですが、スクワイアの担当分はほぼ心理学です。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
ノーベル賞受賞者による記憶のメカニズムの解説書です。
ここ最近の脳科学の進展はめざましいものがありますが
本書では記憶の仕組みを分子のレベルから説明しています。
おそらく読者としては入門者を想定していると思いますが
ミクロからマクロのスケールまで縦横に説明がなされるため
内容は非常に濃く、じっくりと読む必要があります。
(すらすらと読めるわけではありませんが得られるものは大きいです。)

読んでいて楽しいのはそのイラストがカラーできれいなのと
見てわかりやすい点です。実験結果の紹介がたくさんありますが
1つ1つは簡潔に書かれているのでもう少し詳しく知りたいと
思う箇所が何か所かありました。脳を非破壊で観測できる
fMRIは日本人の物理学者による発明なんですね。
今後この分野がますます発展することを予感させます。
大満足の1冊です。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

関連商品を探す


フィードバック