この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

言説分析の可能性―社会学的方法の迷宮から (シリーズ 社会学のアクチュアリティ:批判と創造) (日本語) 単行本 – 2006/4/1

5つ星のうち5.0 1個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥4,919
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

言説分析とは何か?社会学との関係は?その意義と方法をめぐって錯綜した論議が沸騰するなか、メディア論や知識社会学、計量分析、構築主義等との異同を解き明かし、社会科学の新たな武器としての可能性を追求する。現代のアクチュアリティに迫るシリーズ第3弾。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

佐藤/俊樹
1963年生まれ。東京大学大学院総合文化研究科助教授。東京大学大学院社会学研究科博士課程中退。博士(社会学)

友枝/敏雄
1951年生まれ。九州大学大学院人間環境学研究院・文学部教授。東京大学大学院社会学研究科博士課程中退(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

  • 出版社 : 東信堂 (2006/4/1)
  • 発売日 : 2006/4/1
  • 言語 : 日本語
  • 単行本 : 256ページ
  • ISBN-10 : 4887136544
  • ISBN-13 : 978-4887136540
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち5.0 1個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち5.0
星5つ中の5
1 件のグローバル評価
星5つ
100%
星4つ 0% (0%) 0%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

上位レビュー、対象国: 日本

2006年9月5日に日本でレビュー済み
33人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告