中古品
¥ 3,094
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少のキズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。商品はアマゾン倉庫内にある為、商品に関する個別のお問合せにはお答えできません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせます)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

言語設計者たちが考えること (THEORY/IN/PRACTICE) 大型本 – 2010/9/27

5つ星のうち 4.8 4件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
大型本, 2010/9/27
"もう一度試してください。"
¥ 22,024 ¥ 2,200
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

C++、Python、APL、FORTH、BASIC、AWK、Lua、Haskell、ML、SQL、Objective-C、Java、C#、UML、Perl、PostScript、Eiffel、そしてRuby。
本書は世界に多くの影響を与え、またソフトウェアの基盤を支えているさまざまなプログラム言語の設計者たちへのインタビュー集です。
彼らが何を考え、どんな考えに基づいて言語を設計したのか。伝説的かつ著名な言語設計者たちが登場し、背景、動機、哲学、信念、秘話、教訓、課題を語ります。
対話を通してパイオニアたちの飽くなき探究心と思考プロセス、情熱、そして底知れぬエネルギーが見えてくるはずです。
日本語版には、Rubyのまつもとゆきひろ氏へのインタビューを追加収録しています。

内容(「BOOK」データベースより)

影響を与えた18の言語設計者たちへのインタビュー集。日本語版オリジナル、まつもとゆきひろ氏のインタビューを収録。Jolt Award受賞。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 大型本: 536ページ
  • 出版社: オライリージャパン (2010/9/27)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4873114713
  • ISBN-13: 978-4873114712
  • 発売日: 2010/9/27
  • 商品パッケージの寸法: 2 x 19 x 24 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 559,552位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

プログラミング言語を考案・設計・実装した人たちへのインタビューです。それぞれ個性の強い人が作っているのだなぁと思いました。なぜこの言語が取り上げられているのか,基準があるのかどうかわからないのですが,それぞれ楽しめます。このようなインタビューが面白いかどうかは,インタビューする人が好い質問をして答えを引き出すことが必須ですが,満足いくものです。取り上げられているのは,
 C++(ビャーネ・ストラウストラップ)
 Python(グイド・ヴァンロッサム)
 APL(アディン・D・フォークオフ)
 Forth(チャールズ・H・ムーア)
 BASIC(トーマス・E・カーツ)
 AWK(アルフレッド・エイホ,ピーター・ワインバーガー,ブライアン・カーニハン)
 Lua(ルイス・エンリケ・デ・フィゲイレード,ロベルト・イエルサリムスキー)
 Haskell(サイモン・ペイトン・ジョーンズ,ポール・ヒューダック,フィリップ・ワドラー,ジョン・ヒューズ)
 ML(ロビン・ミルナー)
 SQL(ドン・チェンバレン)
 Objective-C(ブラッド・コックス,トム・ラブ)
 Java(ジェームズ・ゴスリン)
 C#(アンダース・ヘルスバーグ)
 UML(イヴァ
...続きを読む ›
1 コメント 46人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
ページ数以上のボリューム感があり、かなり読み応えがある本。

言語設計者は基本的にアカデミック出身の人が多く、対談という形式上、難解な理論が散文的な文脈で語られているので、難しさに拍車を掛けている感がある。自分が経験した言語についてもなんとか理解するのがやっと。知らない言語については「ほへー」というくらいしか感想が持てない(特にML言語の章はキツかった…)。といっても本に問題があるわけではなく自分自身の基礎知識不足と言語知識の不足に拠るところが大きいと思う。

しかしどの言語でも語られていて今後の課題として意識されているのが「並列性」の問題。これについては関数型言語でもオブジェクト指向型言語でも、もっとミニマルな言語でも共通して述べられていて、今後のシステム開発において重要な課題となっていくであろうことが理解できた。

読み終わった感想としては、もっと基礎的な計算機科学やいろんな言語(特にHaskellとScala、Ruby)に触れてみたいという好奇心も沸いてきたし、難解なりに読む価値のある本だと思った。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 まりも 投稿日 2011/10/16
ある程度メジャーになったプログラミング言語の設計者へのインタビューがたくさん載っているという、大変素敵な本。
プログラミング言語の設計者は、現実世界の何かを計算する方法を、コンピュータに伝える方法論を一つ設計しています。つまり現実に存在する事柄を、概念として表す方法全体を一つ設計しています。それは言語の種類によって、人間の感覚に近かったりコンピュータ側に近かったりしますが。いずれにせよ、人間の思考を浮き彫りにする方法が一つ出来上がります。
そのためには、言語設計者は現実世界について明確に論理的に把握していなければなりません。どのように明確で論理的かは人によって違いますが、何らかの意味では必ずそうなっていなくてはなりません。
そういう人たちのインタビューがたくさん載っています。これは、コンピュータに意思を伝えることを日常としている、プログラマーという職に就いているものなら、必ず読んでおくべき本といってもいいでしょう。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
C++,Objective-c,java,Basicなどなど、日頃目にするコンピューター言語がどのような経緯で、またどのような考えをもって作られ、その作者は他のコンピューター言語のことをどのように考えているか、などいろいろな質問にコンピューター言語設計者が答えます。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告