通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
言葉の力 -   「作家の視点」で国をつくる (中... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆非常にきれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

言葉の力 -   「作家の視点」で国をつくる (中公新書ラクレ) 新書 – 2011/6/9

5つ星のうち 3.8 15件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 799
¥ 799 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 言葉の力 -   「作家の視点」で国をつくる (中公新書ラクレ)
  • +
  • 突破する力 (青春新書インテリジェンス)
総額: ¥1,622
ポイントの合計: 16pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

官僚との闘いは「言葉の闘い」だ。副知事として進める言語力再生の要諦を解説。国難の今こそ、日本人は思想を鍛え、ヴィジョンを示せ

内容(「BOOK」データベースより)

国難の今こそ、政・官の言葉を検証し、自ら思想を鍛え、ヴィジョンを示せ。東京都が進める「言語力再生」の目的とメソッドを紹介。グローバル時代を生き抜くコミュニケーション力とは?グローバル基準の言語技術、俳句・短歌、ツイッター等のソーシャル・メディアを検証。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 214ページ
  • 出版社: 中央公論新社 (2011/6/9)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4121503899
  • ISBN-13: 978-4121503893
  • 発売日: 2011/6/9
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 11 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 15件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 409,510位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 grimona VINE メンバー 投稿日 2012/3/25
形式: 新書 Amazonで購入
本書は、言葉による日本の再生を目指したものである。

猪瀬氏の問題意識は、震災という国難を克服し新しい国づくりを目指すには、新たな公共性を抱え込んだ言葉、コミュニケーションの構築が必要という点だ。

もちろん、日本の再生には、ヒト、カネ、モノ、テクノロジーといった具体的なものも必要だが、猪瀬氏の視線はその前提ともいうべきところにあり、

・人を動かす言葉の力

の必要性、重要性を本書で語っているのだ。

言葉の力(=言語力)とは何かというと、

『情報を正確に理解したうえで、相手の表現の意図や背景を推論し、根拠を挙げて自分の意見を述べ、 話し合って与えられた課題を解決できる力』

ということだ。

言葉の力をつけるには、

・概要から詳細
・全体から部分へ
・大きな情報から小さな情報

という説明のルールともいうべき言語技術の習得が必要であり、実際、猪瀬氏が副知事を務める東京都では、つくば言語技術教育研究所所長の三森ゆりか氏による言語技術教育を行っているという。

しかし、それだけで言葉の力が文字通り「力」を持つかというとそうでもない。
...続きを読む ›
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
印象的な指摘があります。

「タテの人間関係を避け、ヨコの人間関係だけを求めるのは、自分の分身としてしか他者を認めていないからだ。その場合の友だちとは、自分に無限に同意してくれるサイクルの一環でしかない」(「はじめに」)

 メール、ツイッター、フェイスブックなど、私たちは望めばいつでも誰とでも繋がることができる環境にありますが、知らず知らず「自分の意見に好意的な人たち」の円環をつくっているような気がします。たとえばツイッター。些細な意見の相違が積み重なるうち、なんとなく億劫になって、或るフォロワーをブロックしたりアンフォローしたり、という経験が誰にでも一度くらいはあるのではないでしょうか。

 けれど自分と違う意見を遮断していては堂々巡りだと著者は指摘します。「相容れない考えを持つ相手であっても、正確に理解し、きちんと言葉で自分の考えを伝えることが大切です。世界で通用する共通のルールを知らなければ、対話は成り立ちません」(「<言葉の力>再生プロジェクト活動報告書」)。

 本書では「自分の考えを伝えるための世界で共通するルール」つまり「言語技術」についての具体的なノウハウが記されています。たとえば「この部屋の様子を一分間で説明せよ」と言われた場合、グローバルスタンダードの言語技術では必ず部屋の様子を時
...続きを読む ›
コメント 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
 「言葉の力」再生プロジェクトにかかわることになり、その理解のために、まずは猪瀬氏の著作を読んで考えを理解しようと、本書を購入した。猪瀬氏の文体は、「ペルソナ 三島由紀夫伝」から好きだった。マスコミに登場する彼のインタビューや対談を見ても、歯切れのよい分かりやすい言葉に好感をもっていた。

1.言語力=国民力。  2.言葉の力は、引用、検索する力。  3.引用するためには読書が必要。

 若者だけでなく、60歳代以上の高齢者の活字離れを示した資料等からは、猪瀬氏がプロジェクトを立ち上げるに至った背景がわかる。
 本書は、猪瀬氏の考えの概要であり、熱い思いは伝わるが、「言葉の力」再生プロジェクトの詳細を知るためには、東京都から平成22年11月に出された報告書をお読みになることをお勧めする。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
本書は、世界でも教育先進国として知られるフィンランドや欧米のサッカーにおける練習などの事例を紹介しながら、日本は今こそ言語技術の向上に力を入れるべきと提言している良書です。
東京都の副知事であり、作家でもある著者の提言やアイディアが豊富に詰まっていて、読み応えがあります。

ここ最近、総理大臣をはじめ政治家たちの「言葉の力」がいかに貧弱だったか、うんざりするほど私たちは思い知らされてしまいました。
それは逆に、「言葉の力」がいかに大切なものなのかを実感する好機となったと思います。

たまたま東京都は現在、知事も副知事も作家という状況ですので、これからどんな効果を発揮してくれるのか楽しみです。
少なくとも政府よりは頼もしい。むしろ、こうなったら首都東京として日本の政治をリードしていってほしいと期待してしまいます。

この夏、政治家はもちろん、これから社会に出ていく学生たちにこそ読んでもらいたい一冊です。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー